ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

「 意識・心・気付き 」 一覧

シャーマニックな視点からのアカシックレコード

  週末はワークショップ「アカシックレコード セルフディスカバリー」を開催させていただきました。シャーマニズムの視点からアカシックレコードを捉えて、日々の「私」を知るということをテーマに行わ …

続きを読む

破壊は始まりのターニングポイント

先日のブログで書いた「創造・維持・破壊の自然のサイクルを味わう」で書かせていただいた内容で、破壊についてもう少し掘り下げて書いてみたいと思います。   自然のサイクルは創造・維持・破壊のサイ …

続きを読む

創造・維持・破壊の自然のサイクルを味わう

  この世界は創造・維持・破壊のサイクルで成り立っています。森羅万象は創造され、維持され、そして崩壊を迎え、更に始まっていきます。種をまき、芽が息吹き、実がなり、枯れ、更に種子から芽がでてい …

続きを読む

今を生きるために必要な3つの鍵

2018年が始まりました。みなさま、あけましておめでとうございます。今年もワールドブルー、そしてEnjoy-Nowをよろしくお願いいたします。 さて、今年はいったいどんな年になるでしょうか。みなさまに …

続きを読む

2017年のベスト5記事&よいお年を!!

2017年も間も無く終わり、2018年のゲートが開きますね。今年も大変お世話になりありがとうございました。 今年はアウェイクニングプログラム4期と5期、そして前メンバーの再度のシャーマニックリチュアル …

続きを読む

嫌いな人や怖いと感じる人と向き合う時の処方箋

仕事上やプライベートで嫌な人や怖いと感じてしまう人と向かい合わなければならない時ってあると思います。 そもそもの前提ですが、「嫌な人」とか「怖い人」というのは存在せず、だれもが同じ人間です。そのような …

続きを読む

自信を高めると運命・義務から自由になる

私たちは誰もが自分の価値をこの世界で表現することができます。その価値は自尊心、自信、創造力の表現、行動などの中にいつでも響いていて、現実に投影されています。   様々な情報や概念の影響を受け …

続きを読む

マントラとマンダラの繋がり

マントラとマンダラ。マントラは音であり、マントラは色・形・模様。   どちらも私たちの意識と深い繋がりがある表現です。マントラもマンダラもこの世界に表現された創造の源、森羅万象のエッセンスや …

続きを読む

この世界を五感・感情を意識的に活用するだけで十分な価値がある

私たちの意識がフォーカスしているこの世界では意味・概念があり、成立しています。例えば、目の前に「机」があるとします。これはアカシャと呼ばれる人類の集合意識、ネットワークの中で机という意味・概念・機能を …

続きを読む

豊かさのゲートウェイはどんな状況でも意識的に個性を表現すること

私たちを豊かにしてくれるもの。それは一人一人が生まれながらに持っている個性、創造力です。   それはお金で買えないものですし、誰もがいつでも発揮、表現できるもの。唯一無二のオリジナルのエッセ …

続きを読む

大きな木のような根を創り現実化を加速する

大きな木のような状態になると私たちは体と心が一致し、そしてこの世界で体験すべきビジョンを輝かせることができます。   その状態とは、しっかりと根を大地にはり、滋養を得ることで、自分らしい実を …

続きを読む

呼吸と呼吸の間に響く自分自身の真実

私たちはいつでも自分自身の本質と繋がって生きています。それは、楽しいときでも不安な時であっても、どんな状況であっても、いつでも何も変わらず繋がっています。 本質とは、個性、自分らしさ、自分の正体、イン …

続きを読む

2008年に起こった臨死体験で確信した人生の意義

2014年は僕にとって本当に大きな年でした。それは、娘のリモナが生まれた年です。長年の僕のビジョンとして育児を行うということがありました。 2008年に海外にて個人的に実践していたシャーマニズムの儀式 …

続きを読む

思考の中に心を入れて世界を創造する

私たちは日々の生活の中で思考しながら生きています。生きている以上、考えることは避けられない人間体験です。   考えることは生きる上でとても大切ですが、ワクワクで考えるのか、ビクビクで考えるの …

続きを読む

息吹と共に創造されるパーソナルリアリティ

この世界は個人的現実の世界。パーソナルリアリティとも言えますが、一人一人がこの世界に存在し、日々の生きる中でも個性の意図を創造しています。   その意図が世界に創造されるとき、私たちは意識的 …

続きを読む