ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

「 意識・心・気付き 」 一覧

あなたが存在しなければ他者は存在できない

この世界は多様的であり、本当にたくさんの概念が存在し、様々なことを体験をすることができます。でも、それはあまりにもたくさんありすぎて、あなた一人で全部の体験をすることができません。でも、私たちはなるべ …

続きを読む

罠から目覚めてワクワクする秘訣

  2017/01/30    意識・心・気付き

結局のところ、今この瞬間に目の前に表れている現象は、自分自身が体験したいという何らかの意図・意義があり、現実化しています。自分自身で描いた脚本通りに現実は展開しています。この意味で、今の自分を生きるこ …

続きを読む

全てはあなたを愛している

この世界の森羅万象は全てあなたのエッセンスの表れと表現することができるように感じています。目の前に表れているモノ、人、出来事、全ては「あなた」です。そして、全てのベースにあるのは感謝であり喜びそのもの …

続きを読む

本当に知る覚悟が人生を動かす

遅ればせながらあけましておめでとうございます。本年もブログ「ENJOY NOW」をよろしくお願いいたします。 人はなかなか変わらない・・・と言うか、本当の元の自然な姿に戻ろうとしないという言い方が適切 …

続きを読む

意図が明確になると後悔や失敗が消える理由

「あの時こうしたらどうなったんだろうか?」「あの時こうした方がよかったかな?」   このような後悔に時間を割くことは時間の無駄と言えます。なぜならば、全ての出来事は完璧だからです。パズルのピ …

続きを読む

「~してから○○する」では現実化が遅くなる

「~してから○○する」   この考え方は人生の流れにブレーキを掛けてしまい、いろんなことが後回しになりがちで、人生に対して消極的になっていきます。 「この能力を身に着けてから・・・」「お金が …

続きを読む

はっきりとしたコミュニケーションが楽を創る

  大抵の不安や問題の源は、コミュニケーション不足、そしてそこから派生した「期待のズレ」から発生します。他者や自分との正直なコミュニケーションが現実化を加速させるし、現実がとても楽になります …

続きを読む

この世界は金太郎飴のようなマトリックスな世界

今日は少々ややこしい話。個人的なシャーマニズムの体験を言葉に表してみたいと思います。   この世界のシステムは金太郎飴のようです。金太郎飴を輪切りにすると様々な顔が現れます。実際の金太郎飴は …

続きを読む

シンプルに遊びの中にあなたの真実が表れる

この世界には様々な考え方や概念、社会的通念などがあります。生まれてからすぐに親や家族の中で育ち、その後に学校をはじめ、社会に出て私たちは成長をしていきます。そのプロセスの中で、私たちは自らの安全や正し …

続きを読む

傲慢と哀れみの罠から離れるために個性が必要なワケ

この世界には様々な景色・風景があります。自然によって作られた景色は、土地それぞれに独特でユニークです。また、人間が作る文化もその土地その土地で様々あります。地球の歴史、人類の歴史という長年の歳月を掛け …

続きを読む

他者と比較すればするほど現実化が遅くなる理由

私たちは本当の自分の姿を知る旅をしています。そして、本当の自分の姿を知るために必要になるのが他者の存在。他者は必要であるし、あなたは他者にとって大切な存在です。   しかし、不満や葛藤、抑圧 …

続きを読む

この世界を生きるために必要な個性

この世界の誰もが個性・オリジナリティを日々の中で表現して生きています。この世界では皆違って当たり前、と言うか違わないと成立しない世界。個性・オリジナリティは簡単に言えば、この世界を生きるためにあるとし …

続きを読む

ネイリストの妹との自信についての対話から

ワールドブルー内でネイルサロン925を行っているネイリストの妹が先日ふとこんな質問をしました。 「自分が上手いと思い込めば、本当にうまくなるのかなぁ」と。その裏には、妹は他のネイリストと比べると遅咲き …

続きを読む

瞑想が導く間の世界

私たちは起きている時間と寝ている時間の二つの領域だけではなく、第三の領域を味わうことができます。それが間(ま)という概念になります。   何でもそうですが、間はとても大切ですね。例えば、映画 …

続きを読む

ワクワクする人生とビクビクする人生の分岐点

この世界では、一人一人が例えるならば、自らが創造したプログラムに従って日々の生活を送っています。そして、日々、私たちは他者との関わりの中で、自分という存在を知り生きていきます。この意味で、どんな不安や …

続きを読む