ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

「 マイライフ 」 一覧

30代最後の日

  2015/08/27    マイライフ

個人的ですが、記録として今日は書きます。本日は30代最後の日。もう間のなく四十路が始まります(^^)   30代はあっという間に過ぎた感じがしますが、振り返ってみると毎年毎年大きなイベントが …

続きを読む

30代最後の年スタート

  2014/09/03    マイライフ

先日の8月28日は僕の30代最後の誕生日のサンキューイヤー(39)に突入しました。この日は遅ればせながらの娘っ子のお宮参りを人形町の水天宮で行いました。その前に、写真館で家族の記念写真撮影も行いました …

続きを読む

15000年の彼方へ

その時、光が差してきた。僕は青空を見上げている。寝ているのかまどろんでいるのか?それとも気を失っているだろうか?いずれにしても、ここは青い空と白い雲が浮かんでいる空間。   遠くから僕を呼ぶ …

続きを読む

至点分点にまつわるストーリー

至点とは冬至、夏至を表す言葉で、分点とは春分と秋分を指す言葉です。この日は、太陽の恩恵や恵みを祝い世界中で様々なイベントが行われています。イギリスのストーンヘンジやアイルランドのニューグレンジなどをは …

続きを読む

いよいよエリー出産へ

  2014/05/13    マイライフ

日付が変わったので、もう本日です。いよいよ妻エリーの出産の日です。長かったようであっという間な感じがするエリーのマタニティライフでは、女性の妊娠という生命の神秘を目の当たりにし、とても貴重な体験でした …

続きを読む

パートナーシップの意義

昨夜は「Love for パートナーシップ」と題したイブニングワークショップを行いました。ワークでは、僕の個人的な体験を踏まえつつ、パートナーシップの意義、パートナーと繋がるための3ステップ、愛をはぐ …

続きを読む
no image

ばあちゃんはいなかった

日常生活を送る中で、私達は日々様々な人達と、様々な方法を通して出会っています。家族、会社、お店、レストラン、電車の中、通り道、テレビ、インターネット、夢の中等・・・、いろんな場所で人々と出会います。 …

続きを読む

Wedding in Naples, Florida

  2011/11/07    マイライフ, よもやま話

今回はプライベートなご報告ですが、最愛の妻エリーとフロリダのネープルズ(Naples)で結婚式を挙げてきました。お互い式をするならば、家族だけで海外で行いたいという想いがあり、個人的に思い出があるフロ …

続きを読む
no image

発見した日記から

暑い日が続いていますが、皆さん調子はどうですか?実家の松本に帰省してきましたが、全然避暑地ではなくこんなに暑い松本は初めてでした。 実家で小学生と中学生の頃の日記を発見しました。当時の忘れていた記憶が …

続きを読む
no image

初めての現実化

最近小さい頃の出来事を思い出すことがあります。自分の信念や価値観というのは小さい頃の体験がキーになっていることがよくあるように思います。 最近、ふと初めて意識的に現実化を起こしたのは何時だったかな、な …

続きを読む
no image

隠されていること

本当の出来事を知ることはとても難しいものです。特に歴史について。学校で日本史や世界史を学んだり、歴史に関するテレビを見たり、本を読んだりしても、それはあくまでも紙やメディアを通した記録に過ぎず、それが …

続きを読む
no image

イメチェンの意図

自分の他のモード(意識、隠れた能力等)を発見したり知るためにはイメージチェンジが効果ありです。外見を変えることで、内面の何かが共鳴します。もしくは、内面の何かが外見に共鳴するとも言うことができますね。 …

続きを読む
no image

ダブルラッキーなシンクロニシティ体験in1998

この前の続きのストーリーになります。 前の記事は→http://www.enjoy-now.com/archives/50138876.html そして、僕は冨田先生の奥様が通っていたことがあるという …

続きを読む
no image

大学入学前のシンクロニシティ

18の時、地元の松本を離れ、福島市での一人暮らしが始まりました。大学入学式の前には大学近くのアパートへ無事引越しを済ませ、人生初の一人暮らしがスタートしました。初めて一人で暮らした日に、大学では新入生 …

続きを読む
no image

人生のプロセスとバックグラウンド

先日仙台に行きましたが、僕にとって大きな出来事を思い出しました。 その当時、大学四年だった僕は教師を目指していましたが、アメリカへの短期留学やインターネットとの出会いを通して、「教師になるなら社会に出 …

続きを読む