ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

明らめる

   

今までとは「違う」側面が突然現れ、戸惑いや混乱を体感している人が多くなってきたように感じます。突然、今まで興味無かった事に興味を持ち始めたり、価値観が変わってきたり、聞こえなかった音が突然聞こえ始めたり、見えていなかったものが見え始めたり等・・・

様々な体験を通して私たちは抑圧していた感情やずっと深い部分にあった想いや葛藤などをもち、あるポイントまでくると「どうでもいいや」とか「飽きた」というようなフィーリングが来て手放していきます。体験としては十分味わったような、完了したような気持ちですね。

そうすると、ブロックの下にあった本質とも言うべきモノが表現されはじめてきます。それは体にとっては新鮮なもので、ある意味、恐怖を感じてしまうようなものかもしれません。なぜならば、今まで体験したことが無い新鮮な事だから。

衝動によって突き動かされているような感じがある場合、抵抗せずにあきらめることがポイントになります。あきらめるとは、「諦める」ではなくて「明らめる」です。英語で言うと、ギブアップ(give up)、ではなくてサレンダー(surrender)という言葉になります。どうせ無理だから止めるというのが諦めるで、順調に進んでいるからこのまま自然に委ねていこう、という抵抗感が無く風に吹かれて進んでいるようなのが明らめるです。

明らめたのであれば、後は体のケアを大切にしたいものです。体は慣れ親しんだパターンに戻ろうと抵抗します。体に安心感を与えてあげるためにも、運動や食事は大切になってきます。体があってこそ、私たちは様々な体験ができます。

▼ワークショップのお知らせ
☆━━━━【 7/30(金) イブニングワークColorful Life Vol.6 】━━━━━☆
          ~自分と繋がるマンダラの夜~

カラフルフードコーディネーターの成瀬紀子さんとトミでの第6弾。今回のテーマも「自分と繋がるマンダラの夜」。お持ちいただく「気になる」ポストカードから情報を入手したり、
実際にマンダラを描いて自分に「今」必要な情報を入手します。ワーク後は、成瀬さんによるスペシャル料理をお楽しみいただけます。

日程・時間:7月30日(金)
  ワーク:19時~22時 
   料金:ワーク:7,000円(税込)
   会場:カラーパワーズデザイン・キッチンスタジオ(代々木)
   定員:7名 
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/colorful/vol6.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
立て続けの出来事

立て続けに何かが続いた時。 例えば、立て続けに・・・ ・落し物をしてしまったり、 ・モノが壊れてしまったり、 ・カラスが暴れているのを見たり、 ・数字のぞろ目222を見たり、 ・妊婦さんと出会ったり・ …

no image
違うけど同じ

この世界の人々はみんなユニークさを持っていて、みんな特別な存在です。 一人一人が素晴らしくて、今ここに存在し行動しています。 一人一人がユニークであり、異なる環境で生活しています。自分と同じ人なんて存 …

no image
言葉のニュアンス

世界には様々な言語が存在していますが、それぞれの言葉はその国や地域の文化を投影していると感じます。英語と日本語を見ても、単に訳しただけではニュアンスが伝わらないことが多いものです。那須に行った時仲間達 …

no image
Game within Game

僕は小学生の頃のファミコンブームに乗り、幼少期からよくファミコンに代表されるTVゲームをよくやってました。特に好きだったのがサッカー等のスポーツ系やドラゴンクエスト等のRPG系です。特にRPG系の世界 …

no image
別れも必要なエネルギー

「与えること=受け取ること」これは、「宇宙の法則」と言えることで、全ての出来事や出会いは私たちの意識の鏡であり、私たち自身で作り出しているということです。最近、思うことは人と人との繋がりですね。ちょっ …

no image
2010

2010年まで後2年ちょっとですね。その次の年は遂に2011年に・・・この世界では時間って本当に貴重だなと思います。時間があるからこそ、悲しみだけでなく、日々楽しさや喜びを感じられますし、展開していく …

no image
前世と時空

前世と言った場合、この次元から見ると2通りの見方(方向)が。それは、魂意識の旅と、肉体意識の進化。更に時空間にフォーカスすると、複数のタイムラインが存在し同時に今の自分が無数に存在する。更に更に時間と …

世界は音と形で出来ている証

上記はヤントラと呼ばれるヴェーダの伝統的な銅版です。ヤントラとはこの世界のシステムを描いていたり宇宙の真理を描いている幾何学的な模様で、ヴェーダでは瞑想や儀式に活用されてきました。これだとよく意味が分 …

no image
矛盾なく進む道

なぜ自分は地球に生まれてきたのか? この疑問は生きている根本にあるようなものだと思います。その答えのベースは実はシンプルで、知ってしまうと「な~んだ」というもの。 でもその答えを知るだけではなくて、そ …

no image
出来事=反応

人は生まれた瞬間、みんな同じ状態。身体的な特徴は違っても、誰しもが裸で生まれます。その後、文化、親、社会、学校等の外的な影響により性格や考え方に人それぞれ差が生まれます。この世の中に自分と同じ人間は誰 …