ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

明らめる

   

今までとは「違う」側面が突然現れ、戸惑いや混乱を体感している人が多くなってきたように感じます。突然、今まで興味無かった事に興味を持ち始めたり、価値観が変わってきたり、聞こえなかった音が突然聞こえ始めたり、見えていなかったものが見え始めたり等・・・

様々な体験を通して私たちは抑圧していた感情やずっと深い部分にあった想いや葛藤などをもち、あるポイントまでくると「どうでもいいや」とか「飽きた」というようなフィーリングが来て手放していきます。体験としては十分味わったような、完了したような気持ちですね。

そうすると、ブロックの下にあった本質とも言うべきモノが表現されはじめてきます。それは体にとっては新鮮なもので、ある意味、恐怖を感じてしまうようなものかもしれません。なぜならば、今まで体験したことが無い新鮮な事だから。

衝動によって突き動かされているような感じがある場合、抵抗せずにあきらめることがポイントになります。あきらめるとは、「諦める」ではなくて「明らめる」です。英語で言うと、ギブアップ(give up)、ではなくてサレンダー(surrender)という言葉になります。どうせ無理だから止めるというのが諦めるで、順調に進んでいるからこのまま自然に委ねていこう、という抵抗感が無く風に吹かれて進んでいるようなのが明らめるです。

明らめたのであれば、後は体のケアを大切にしたいものです。体は慣れ親しんだパターンに戻ろうと抵抗します。体に安心感を与えてあげるためにも、運動や食事は大切になってきます。体があってこそ、私たちは様々な体験ができます。

▼ワークショップのお知らせ
☆━━━━【 7/30(金) イブニングワークColorful Life Vol.6 】━━━━━☆
          ~自分と繋がるマンダラの夜~

カラフルフードコーディネーターの成瀬紀子さんとトミでの第6弾。今回のテーマも「自分と繋がるマンダラの夜」。お持ちいただく「気になる」ポストカードから情報を入手したり、
実際にマンダラを描いて自分に「今」必要な情報を入手します。ワーク後は、成瀬さんによるスペシャル料理をお楽しみいただけます。

日程・時間:7月30日(金)
  ワーク:19時~22時 
   料金:ワーク:7,000円(税込)
   会場:カラーパワーズデザイン・キッチンスタジオ(代々木)
   定員:7名 
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/colorful/vol6.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
不安は「過去→未来」のリハーサルから

不安や恐怖という感情から様々な問題を体験することになります。不安や恐怖とはどのように生まれるかですが、「過去の体験」を分析・比較した上での、「見えない未来」を予測すると生まれます。この「過去の体験」を …

曼荼羅の夜

曼荼羅(マンダラ)とは仏教や密教の仏画的なイメージを思い起こす方もいるかと思いますが、マンダラとは私たちの本質・エッセンスを表現したシンボルやイラストです。ある意味、私たちが見ている世界はマンダラであ …

ループ

一年前に小笠原で作家の鈴木光司さんと遭遇するという面白い出来事がありました。鈴木さんは日本のスティーブンキングとも言われており、有名な作品では「リング」「らせん」「ループ」がありますね。小笠原からの帰 …

傲慢さから感謝へ

私たちのブロックの中でも砦的なものは傲慢さやコントロールの問題ですね。人生の展開が進み、欲しいものも手に入り、なりたい自分になって来た時が特に注意が必要です。   その状態で、外側の世界を見 …

no image
ONE

リチャードバック著の「ONE(ワン)」は、まさにパラレルワールド(平行次元)、そしてオーバーソウルについてうまく表現している作品です。 ストーリーとして描き、分かりやすく多次元的な「私」について説明し …

no image
何かが起こるかな?

最近、何か体や心に何かを感じたり、変な夢を見たりする人が僕の周りに多いような感じです。地球のどこかで何かが起こるような・・・何か感じている方おりますか? 例えば地震や火山など自然の動き・・・あまり人騒 …

オリジナルの方法

何かを作ったり、成し遂げたり、なりたい自分になるためには様々なアプローチがあるものです。 しかし、他者との比較や過去や未来との比較が入ってくると、「こうしなければだめだ」とか「これが絶対的な方法だ」と …

no image
元に戻る力

私たちの本質的な部分は、常に新しい事、それは本来の輝きとも言うべきこの世界で「なりたい自分になろう」としています。 それはどんな時でも放射されていて、その部分と常に繋がっていれば傷つくことも無くワクワ …

偶然とは?

偶然とは「たまたま何の関係性も無いのに思いがけないことが起こること」で たまたま起こった出来事のことですよね。 この言葉はよく様々な場面で使われると思います。 「たまたま行ったレストランで昔の友人と会 …

ダンス

私たちが住むこのシステムには「ダンス」があります。それぞれの文化において、様々なダンスのスタイルがあります。 フラメンコ、ベリーダンス、インド舞踊、ラテン、ヒップホップ、ジャズ、サルサ、ハウス、日本舞 …