明らめる

今までとは「違う」側面が突然現れ、戸惑いや混乱を体感している人が多くなってきたように感じます。突然、今まで興味無かった事に興味を持ち始めたり、価値観が変わってきたり、聞こえなかった音が突然聞こえ始めたり、見えていなかったものが見え始めたり等・・・

様々な体験を通して私たちは抑圧していた感情やずっと深い部分にあった想いや葛藤などをもち、あるポイントまでくると「どうでもいいや」とか「飽きた」というようなフィーリングが来て手放していきます。体験としては十分味わったような、完了したような気持ちですね。

そうすると、ブロックの下にあった本質とも言うべきモノが表現されはじめてきます。それは体にとっては新鮮なもので、ある意味、恐怖を感じてしまうようなものかもしれません。なぜならば、今まで体験したことが無い新鮮な事だから。

衝動によって突き動かされているような感じがある場合、抵抗せずにあきらめることがポイントになります。あきらめるとは、「諦める」ではなくて「明らめる」です。英語で言うと、ギブアップ(give up)、ではなくてサレンダー(surrender)という言葉になります。どうせ無理だから止めるというのが諦めるで、順調に進んでいるからこのまま自然に委ねていこう、という抵抗感が無く風に吹かれて進んでいるようなのが明らめるです。

明らめたのであれば、後は体のケアを大切にしたいものです。体は慣れ親しんだパターンに戻ろうと抵抗します。体に安心感を与えてあげるためにも、運動や食事は大切になってきます。体があってこそ、私たちは様々な体験ができます。

▼ワークショップのお知らせ
☆━━━━【 7/30(金) イブニングワークColorful Life Vol.6 】━━━━━☆
          ~自分と繋がるマンダラの夜~

カラフルフードコーディネーターの成瀬紀子さんとトミでの第6弾。今回のテーマも「自分と繋がるマンダラの夜」。お持ちいただく「気になる」ポストカードから情報を入手したり、
実際にマンダラを描いて自分に「今」必要な情報を入手します。ワーク後は、成瀬さんによるスペシャル料理をお楽しみいただけます。

日程・時間:7月30日(金)
  ワーク:19時~22時 
   料金:ワーク:7,000円(税込)
   会場:カラーパワーズデザイン・キッチンスタジオ(代々木)
   定員:7名 
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/colorful/vol6.php

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください