ビジョンを今この瞬間に

私たちは誰しもがビジョンというものを持っています。ビジョンとは認識しているもの全てを指す言葉だと僕は感じています。つまり、五感、感情、フィーリングの全て。この現実もそうだし夢の領域もそうです。そして、そのビジョンは私達が持っている信念や価値観を投影しています。チベットの言葉で「ビジョンはマインドである」という言葉がありますが、まさに私たちの心で捉えている世界がビジョンとしてこの世界に投影されていると感じています。

しかし、ビジョンと言っても、それが本質から来ているものなのか、生き延びる意識や葛藤から来ているのか、この二つがあります。前者の場合は、ワクワクとして努力や頑張ることなくほしいものが手に入り、時間間隔もあっという間に過ぎるような拡大した意識状態で、後者は何か収縮するような気持ちであり、苦労を乗り越えて努力や頑張る必要がある意識状態。

無意識になると私たちは生き延びるための意識状態にはまります。それは集合的とも言うべきもので、スタンダードや常識、社会意識からの束縛です(もちろん社会意識は悪いものではありませんね。人々との約束を果たすためには必要な規範です。)しかし、本来の私たちが持っている本質のビジョンを体験するためには、無意識から意識的な生き方へと進む必要があるでしょう。小さい頃やれなかった事に挑戦してみたり、何か集中して行うクリエイティブな事にフォーカスすることで、徐々に本質のビジョンへと近づきます。結果的に、欲しいモノや状況が、絶妙なタイミングでやってくるようになります。

今の状態が本質からのワクワクではなく生き延びるための不安や心配がある場合、それは体が怖がっている状態で、昔からのパターンに縛られていたり、手放すのを怖がっている可能性があります。そんな時は、無理をせずにまずは体を安心させることがとても大切です。「健康第一」という言葉があるように、何事も体が大切。体の生き延びる意識は悪いものではありません。体を使わないと私たちはこの現実体験を味わう事ができません。焦る必要は本当にないんです。現実的に体のケアをゆっくりと行う事で、本質のビジョンが体験できるようになってくるでしょう。日々のエクササイズ、自分にあった食事、睡眠、遊び等を行う事が体と本質のバランスを取り戻してくれます。この意味で、スピリチュアルのみには答えがありません。今この体を持っていて生きることが、スピリチュアリティとリアリティを分離せずに生きることがとても大切だと僕は感じています。

自分の本質のビジョンを思い出すのにまさにリモートビューイングは役立ちます。
札幌、松本、仙台で11月12月は予定していますので、ご興味ある方は是非ご参加いただければと思います。

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 札幌
日程・時間:11月27日(土)28日(日)
ワーク:両日とも11時~18時
料金:52,500円(税込)
会場:札幌市内のセラピールームをお借りしています。
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/sapporo/bilocation.php

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 松本
日程・時間:12月4日(土)5日(日)
ワーク:両日とも10時~17時
料金:48,000円(税込)
会場:松本市内の講習室。
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/matsumoto/bilocation.php

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 仙台
日程・時間:12月18日(土)19日(日)
ワーク:両日とも10時~17時
料金:48,000円(税込)
会場:仙台市内の講習室。
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/sendai/bilocation.php

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください