過去と現在と未来

私たちの体はタイムラインを直線上に見て進化しています。つまりは、過去→現在→未来へという流れの中で生活しています。この視点が無ければ生きることはできませんし、他者とのコミュニケーションもできなくなってしまいます。あるポイントまでは。

しかし大きな視点、私たちの本質の視点から見ると、過去も未来も「今この瞬間」から始まっていることが見えてきます。私たちの知性は、集合的な時間と空間で合意されている「過去→現在→未来」の枠組みの中で解釈を試みるため、過去は既に終わった事と捉え、未来は解らないものとして捉えています。この視点でいる限り、分離した状態が続くことで、傷付いたり葛藤したりする体験をすることができます。これが、この世界を何度も体験したくなる所以でもありますね。なので、悪い事では無いんです。

しかし、傷付いたり葛藤したりしない体験を望む場合は、「過去→現在→未来」という分離された時空の中にいながら、「今この瞬間」に意識をフォーカスする必要があります。確かに、現実的には、あるポイントまでは直線的な時間の使い方は大切になりますが、そんな時間の使い方をしながらも、今この瞬間を味わう事が可能です。

過去も今この瞬間に生まれています。今持っている記憶はもしかしたら、実は昨日とは全く違うかもしれません。知性は直線上で理解するので、過去の記憶は変えられないと思っているため、昨日と今日は同じ連続の時間軸で生きていると思っているでしょうが、夢の内容が毎晩異なるように、昨日の現実の記憶と、今の現実の記憶には差がある可能性もあります。

時間の事を文字で表した時点でややこしくなるのが世知辛さですが、言いたいことは「過去」も「未来」も「今」の信念や価値観次第ということです。過去や未来という概念は置いておいて、今どのような気持ちになりたいか?どんな体験をしたいのか?という今の意図から過去も未来も創り出されます。よりよい人生体験は過去の後悔、未来の不安からではなく、今この瞬間の意図から始まります。

そして気付いたら、過去や未来という枠組みが無い空間に存在している自分に気付くかもしれません。

▼1月のワークショップのお知らせ

イブニングワークショップ「新春のマントラdeハッピーライフ」
日程・時間:1月19日(水)19時~21時
料金:3,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(品川区東中延)
http://www.w-blue.com/showroom.php
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening71.html

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネルジャパン公認プログラム。
バイロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップです。
意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱に興味ある方にもおすすめのプログラムです。
日程・時間:1月29日(土)30日(日)
ワーク:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ。
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation1.php

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください