「私を呼んでいる?」

私達がコミュニケーションで使っている言語・言葉は、私たちの過去が影響を与えています。なぜならば、私たちの知性というのは、様々な情報を解釈可能な形で置き換えようとします。そのため、いろいろな体験をして感じている事を他者に伝えたり、何らかの形で表現を試みる際には、過去の体験と比較する傾向があり、情報に歪みが生じる可能性が出てきます。伝える際のボキャブラリーや表現方法には限界があるんですね。

例えば、「この石が私と会いたがっていた」とか「山が私を呼んでいる」というような表現があります。しかし、自然界は私たちとは異なるため、「会いたい」という意思や、「呼ぶ」というような行動はありません。自然界には人間のような抑圧した感情や、葛藤は存在しないので、自然界は調和しています。

でも、石が会いたがっていたり、山が呼んでいるように感じたりするような体験ってあるように思います。でも、実際、その思いは石や山ではなくて、私たちの感じ方や捉え方なんです。表現方法としては「会う」とか「呼ぶ」としか言いようが無いようなフィーリングを味わった体験、受け取った情報を変換した結果でしょう。別の言い方で言えば、「縁」「絆」になるかもしれませんね。

この意味で、今味わっている五感や感情・フィーリングに注意を向け、過去との比較ではなく今この瞬間に注意を払うことで、新鮮な情報や繊細な感覚を言葉で表すことで、豊かなコミュニケーションが可能になってくるように感じています。日本語には、多言語には無いような微細な表現がたくさん存在しています。例えば、「明るさ」を表す言葉だけでも、単に「明るい」「暗い」だけではなく、眩しい、薄暗い、まばゆい、漆黒、薄暗い、目がくらむ、真っ暗等など、微妙な明るさの違いを表す言葉があり、集合的に私たちは知っています。受け取った情報やインスピレーションを他者に伝えたり、表現をする際に、使う言葉によって情報がより豊かに、柔軟になるでしょう。

▼2月3月のワークショップのお知らせ

イブニングワークショップ「ビジョンクエスト」・・・私たちの本質が知っているビジョンを探ります。
日程・時間:2月18日(金)19時~21時
料金:3,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(品川区東中延)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening75.html

1Dayワークショップ「明晰夢を見る」・・・意識的に夢をコントロールする実践と日常への活用方法をお伝えします。満員御礼
日程・時間:2月29日(土)10時~17時30分
料金:20,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(品川区東中延)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/luid.php

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネルジャパン公認プログラム。
バイロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップです。
意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱に興味ある方にもおすすめのプログラムです。
日程・時間:3月12日(土)13日(日)
ワーク:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ。
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation.php

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください