ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

Shantih Mantra–平安のマントラ

   

久しぶりのブログになってしまいました。4月中旬は新潟上越市でリモートビューイングワークショップ、マントラ、曼荼羅のワークショップ等を開催してきました。季節は春。上越の高田公園は日本三大夜桜のひとつということで、4,000本の桜は圧巻でした。パートナーのエリーとの結婚も近づき、松本からは両親が上越に来て、両親の初顔合わせも行われました。いよいよという感じで、新しい流れを感じます。応援していただいている皆様いつもありがとうございます。

しかし、震災の影響は今もなお続いており、多くの方々が混乱の中にいます。一刻も早い復興を祈り、ワールドブルーとしても引き続きサポートをしていきたいと思います。

震災が起こってから、祈りを込めて新しい曲作りました。シンガーのAKO、パートナーのエリー、友人のハッシー、そしてチャリティーマントラワークにご参加いただいた皆様の協力もあり、ようやく新しいマントラソングが完成しました。タイトルは「Shantih Mantra(シャンティマントラ)」です。このマントラは平安を祈るマントラとして有名なマントラの一つで、世界中で今この瞬間もどこかで唱えられているマントラです。

映画「マトリックス」の三部作目「マトリックス レボリューションズ」のエンディングタイトルで使われているJuno ReacterのNAVRASという曲では、オペラ風にアレンジされた形で使われており、初めてこのマントラを聞いたときはパワフルなマントラなんだと実感しました。

このShantih Mantraを祈りの意図を込めて作りました。マントラは次の通りです。ぜひ、気に入っていただけたら、一緒に歌っていただけると嬉しいです。下記に公開します。

Asato maa sadgamaya
アサトー マー サッドゥガーマーヤー
Tamaso maa jyotirgamaya
タマソー マー ジョーティルガーマーヤー
Mṛityor maa amritam gamaya
ムリチョール マー アームリタム ガーマーヤー
Om shaantih shaantih shaantih
オーム シャンティッシュ シャンティッシュ シャンティヒー

【意味】
非現実から現実へ、闇から光へ、死から不滅へ 我を導きたまえ
オーム、平安あれ 平安あれ 平安あれ

[dewplayer:http://www.enjoy-now.com/wp-content/uploads/2011/04/Shantih.mp3]

ワールドブルーでは、4/29(祝・金)15:00-16:00の日程でチャリティーマントラワークショップを行います。下記にご案内させていただきます。

▼4月・5月のワークショップのお知らせ

チャリティーワークショップ「祈りのマントラ」 

 日時:4月29日(金)15時~16時
料金:1,000円※義援金に活用させていただきます。
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening89.html

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネルジャパン公認プログラム。
バイロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップです。意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱に興味ある方にもおすすめのプログラムです。

日程:5月28日(土)29日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation05.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 音楽 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
現実化の一歩手前で・・・

あともう少しってところで諦めてしまい、続けていれば望んでいた事が現実になっていたのにって事がよくあります。これは、どのような場面でも当てはまります。あともう少しでってところで、私達の反応として、それを …

no image
「疑い」から「質問」へ

「疑う事」がエネルギーの流れを止めるのに一番早い方法です。パフォーマンス不安や集中力の欠如にも関わるけど、「自分はちゃんとできているのだろうか?」という疑いや不安。これが、自分の進む方向にストップを掛 …

no image
雲の動き・・・

雲の動き、つまり地震を最近気にしている方が増えているようです。心配するエネルギーは心配しか生み出しません。確かに地震はいわゆる自然のサイクルと言うこともできますが、想念という概念によって操作することが …

情報に振り回されず自由に生きる

この世界には様々な情報が存在しています。毎度お馴染みのフレーズですが、現代は情報社会。多種多様な情報が簡単に入手できるようになりました。そして、真実を表す情報だけではなく、嘘・偽りの情報も多く出回って …

能力ではなく生き方

  誰しもがユニークであり貴重な存在としてこの世界で自分自身を表現しています。そして、その表現方法を通して自分自身を知るという体験をすることになります。   徐々に自分自身について …

遊び心

ドルフィンマインド(Dolphin Mind)は僕が作った造語ですが、「イルカのような遊び心を日常にクリエイトする」という意味の言葉で、3本の柱から成っています。それは、 ・遊び心(Playfulne …

no image
遊び心のパワー

子供は遊びの天才、と言われるように、幼少期の私たちは何でもオモチャになり、工夫をして遊びをクリエイトしてきました。 しかし、学校から社会へと出て、大人になってくると、いつしかその遊び心をどこかに置いて …

コントロールで再び眠りに落ちることも

最近の時代傾向として、自分自身の本質に目覚め始めやすい反面、元の眠った状態へと戻ろうとする傾向も同時に強くなってきているように感じています。相反する力が働くというようなイメージですね。   …

「分かる」感覚と繋がる

不安、悲しみ、心配、嫉妬、妬み、可哀想、恨み、傲慢さ・・・等々、日常には様々な感情的なストーリーがあります。このようなストーリーは、私たちの過去の体験や多次元的な記憶などによってリンクが作られた状態で …

Together Again

Together Againはジャネットジャクソンの1997年のアルバム「The Velvet Rope」に収められており全米No.1を獲得した曲です。初めて聞いたとき、体にジーンと染みたというか、感 …