情報を活用すること

今回の震災に関連して、様々な風評・噂が広がり、様々な被害が起こってしまっていることはとても残念なことです。現代は、情報社会。インターネットをはじめとする様々なメディアの発展もあり、様々な情報が検索ひとつで簡単に手に入り、本当に便利な社会になってきたなぁと感じますが、その反面、情報が溢れてしまい、情報によって不安や恐れ等が広が作り出されている現象もあります。年々、情報量が増え、一つの側面にたくさんの情報が付随してくるようになってきています。その勢いは、倍倍ゲーム的に増加してきます。

そうなってくると、何を信じてよいのか、誰を信じてよいのか、分からなくなってきます。そして、傷ついたり、不安を持ってしまったりというようにループしていきます。情報によって私たちは傷つく機会が増えてきていると言っても過言では無い様に感じています。

外側にある情報をただ信じるのではなく、自分自身を知ることにフォーカスしていくことがポイントだと感じています。大きな視点に立てば、私たちは全てを知っています。今まで起こってきたこと、これから起こること、起こる可能性のあること、全てを私たちは知っています。何を信じるか?それは自分自身を信じることだと感じています。

例えば、社会的にメディアで「事実」として報じられている出来事も、ある種のヒプノセラピー(催眠療法)的な側面もあり、集合的な考えをある一定の方向へと導く意図が込められているケースもありますが、外側の意図に参加せずに、自分自身が本来持っている本質に意図を合わせていれば、操作を受けにくくなってくるでしょうし、その情報の意図が見えてきます。

ワークショップで行っているリモートビューイングはまさに情報を活用するのに役立ちます。実際にリモートビューイングでその現場や未来に行って情報を確認してくることも可能ですし、直感的に「分かる」という状態にもなってきます。リモートビューイングはバイロケーションや体外離脱とも呼ばれ、ここに意識を持ちながら、行きたい時空に意識を持つという現象を作ります。より自分自身の本質にフォーカスしてくることで、外側にある様々な情報の意図にも気づきやすくなってきます。

5月は月末にリモートビューイングワークショップを予定しています。

▼5月のワークショップのお知らせ

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネルジャパン公認プログラム。
バイロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップです。意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱に興味ある方にもおすすめのプログラムです。

日程:5月28日(土)29日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation05.php

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください