ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

現実化~忍耐から集中へ

   

この世界のシステムは「創造→維持→破壊」を繰り返しています。これは自然のサイクルで、この流れに任せることで自分が欲しいと望んでいるものや状況を入手できるものです。

そのために、古から様々な儀式や実践、祈り、テクニックなどが存在しています。どれも自分の意図と一致しているものであれば効果的に作用します。新月の祈りや言霊、おまじない的なものまで様々な方法があります。

しかし、私たち人間は時間を持っています。自然は、「種」→「芽」→「実」というように、進化のサイクルを持っています。つまり、種を蒔いてから実を収穫するまでには多かれ少なかれ時間が掛かるということです。

種を蒔いてからすぐには実を収穫することはできません。これをこの現実に照らし合わせると、「忍耐」や「我慢」という言葉で表せる状態になりますね。収穫を待つ間、私たちは「焦り」や「不安・心配」などが出やすくなります。
我慢している間、この焦りや不安に取り付かれると、自分自身を傷つけてしまったり、せっかくもう少しで収穫というときに、諦めてしまったり、そんな現象が起こりがち。

我慢や忍耐は苦しいような言葉として捉えがちですが、待っている間、傷つかないためには焦る事や期待することを止めて、なんでもよいので集中することがポイントです。なぜならば、集中することで時間が折りたたまれるからです。すると、あっという間に欲しいものが入ったり、気付いたら手元にあった、なんて事が起こり始めます。

集中していると時間が消えて、「本来の自分」の中に入ります。つまり、常に集中している状態が保たれれば、「忍耐」や「我慢」という状態を味わうことなく、欲しいものが手に入っている状態になるということになります。

日々、リラックス。まず、これが現実化のポイントですね。リラックス=集中状態、と僕は感じています。

▼8月以降のワークショップのお知らせ

イブニングワーク「曼荼羅の夜」
曼荼羅(マンダラ)にフォーカスします。マンダラとは私たちの本質をシンボルや絵に表したもので、言葉になる前の私たちの心の情景やメッセージを受け取れるツールです。マンダラを描き自分自身へのメッセージを受け取るためのワークです。

日程:8月25日(木)
時間:19時~21時
料金:3,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening100.html

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネルジャパン公認プログラム。
バイロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップです。意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱や現実化に興味ある方にもおすすめのプログラムです。

日程:9月3日(土)4日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation09.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Signs(サイン)

ナイトシャラマン監督作品のサインはとても分かりやすい形でシンクロニシティ(共時性:意味のある偶然的な出来事)を描いた作品だと感じています。 日本語タイトルは「サイン」ですが、英語タイトルは「Signs …

no image
瞬間と瞬間の間の瞬間

なんだか、瞬間続きのタイトルになりましたが、「瞬間」という言葉は、言葉としては分かるのですが、実際の体験となると時間がある世界にいる限り「瞬間」を見たり触ったりすることはできません。この瞬間、と思った …

no image
全ては心の投影

ちょいと久しぶりの日記になってしまいました。皆さんお元気ですか? 弊社には12月から妹の旦那の「もんちゃん」が来ました。イベントや週に少し手伝ってもらっておりましたが、正式にスピストに来ました。内部ス …

no image
時間というツール

この地球上では直線状に「時間」が流れています。時間とは便利な道具のようなもので、時間を使って私たちは体を使っていろんなものを作ることができたり、考えたり、移動したり・・・時間があるからこそ、「生きる」 …

no image
音で現実化

私たちは今こうしている時も「音」に浸っています。無音だとしても、私たちの心臓や血液の流れなども音を出していますしね。音って微細に私達の意識に影響を及ぼします。 アップテンポの曲を聴くと気分がハイになっ …

伝染

伝染と聞くと病気等の感染が思い浮かぶかもしれませんが、 意識が伝染(感染)するということがあります。 それは日本映画の「感染」や、鈴木光司さんの「リング」や「らせん」等でも ちょっとホラーチックに表現 …

no image
アカシックレコードvsリモートビューイング

本日、リモートビューイングワークショップの1日目が終了しました。1日目はリモートビューイングとは何か?なぜそれが可能なのか?できない理由は何か?どうやったらできるのか?という内容を概念から説明させてい …

2012冬至を迎える

2012年の冬至が間もなくやってきます。今年の冬至は12月21日20:12です。いよいよ分離の時代よりだったのが、ユニティ(合一・統合)の時代へと入り、これから500年程掛けてユニティへと移行していき …

no image
記憶喪失の約束

記憶喪失には様々なレベルがあるようですが、一般的には自分の記憶が無く誰だか分からないという症状です。自分も含めて自分の周りの人全員が記憶喪失状態としたらどうでしょう。全員が記憶喪失だったら、自分が記憶 …

真の声

真の声とは、私たちの本質のハーモニーと繋がった時に奏でられる声。多くのアーティストだけでなく、自分自身を知る事を探求している人々が日々探している「これだっ!」という感覚。それは、真の声を知った時に体全 …