ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

ジャッジメント

   

例えば、次のようなモノがあるとします。ピンクの部分が新品同様で花のような香りがすると思ってください。そして、茶色い部分は古くてなんか臭い香りがするとしましょう。

もしこれを裁く(ジャッジする)見方で言えば、ピンクの方のみをを見て「これは良い」と言うかも知れませんし、茶色い方のみを見て「これは悪い」と言うかもしれません。
どのように判断するかは、個人個人の生き方やモノの捉え方によります。そのモノの本質を見るのではなくて、主観的な判断というフィルターが掛かっているような感じです。モノで例えましたが、これは日常の様々な場面に当てはめることができます。ある人と出会った時、その人の一側面だけで「この人は悪い人だ」と言うかもしれませんし、何か失敗した時に、「自分はダメだ」というように自分自身を裁いてしまったりします。私たちを構成している意識の一部は、過去→現在→未来というように時間を一直線に捉えています。そのため、何が起こったときに、過去のデータと比較をして判断をする傾向があります。こうなると、自分自身に制限を与えて、傷を負ってしまいます。

しかし、上記の図を全体として見た時は、「良い」とか「悪い」とか言えるでしょうか?全体的なビジョンとして捉えると、物事を客観的に観察することができてきます。もはやそこにはジャッジメントが無く、単なる認識になり、物事の本質が見えてきます。フィルターが無くなり、ぶれない本質が見えてきます。結果として、自分自身も明らかに本質のビジョンが活性化してきます。この見方を全体性とも呼ばれています。陰陽マークの中間を見ているようなイメージですね。

日常の中に何か府に落ちなかったりスッキリとスムーズに物事が進んでいない場合、偏見や固定概念がある可能性があります。

なかなか長年のパターンを止めるということは大変です。今まで生きてきた指針や価値から離れてしまうことは怖いものです。

でも、日常の中で少しづつ裁くことをストップしていくことで、徐々に自分自身のビジョンが活性化してくるでしょう。自分自身を裁く事を止める価値は十分にあります。

▼8月以降のワークショップのお知らせ

イブニングワーク「曼荼羅の夜」
曼荼羅(マンダラ)にフォーカスします。マンダラとは私たちの本質をシンボルや絵に表したもので、言葉になる前の私たちの心の情景やメッセージを受け取れるツールです。マンダラを描き自分自身へのメッセージを受け取るためのワークです。

日程:8月25日(木)
時間:19時~21時
料金:3,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening100.html

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネルジャパン公認プログラム。
バイロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップです。意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱や現実化に興味ある方にもおすすめのプログラムです。

日程:9月3日(土)4日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation09.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

物質世界と精神世界のバランス

物質世界と精神世界は合わせ鏡のように繋がっています。その中間にあるベールが崩壊してくると、その両方が統合した形でバランスを徐々に取り始めることになります。 最近は、そのベールが離れはじめ、境界線が曖昧 …

no image
繰り返すこと

繰り返すことには大きなエネルギーを呼び起こす要素があるように感じます。小学生の頃にやった計算ドリルや漢字ドリルというのがありました。繰り返し書くことで、計算力や記憶力をアップさせる方法ですね。楽器の練 …

シンボルに包まれて

私たちはたくさんのシンボルに囲まれています。例えば、文字。文字自体はある意味単なるシンボルです。文字と文字の組み合わせが文章となり、そこに書いた人の意図が入ります。そして、読み手側の知性や感情などによ …

no image
臨界点を待つ

水が氷になる瞬間、突然氷になります。呼吸でも、吸う息が吐く息に変わるポイントも、突然吸うから吐くに変わります。そのような臨界点は様々な出来事にも当てはまると感じます。 一歩踏み出したことが、なかなか達 …

冬至の日の祈りを込めてビジョンを明確に

いよいよ2013年の冬至を迎えます。今年の冬至ポイントは12/22 2:11になります。   冬至は最も夜が長い日ですが、冬至から徐々に太陽の日照時間が長くなっていきます。様々な伝統や文化で …

自分を知るための感情

私たちは体を使って日々の日常を体験しています。皆がそれぞれのペースとアプローチで人生を進めていますが、私たちは「完全に己を知る」という旅をしています。 日々味わう感情・フィーリング。悲しみや喜び、不安 …

no image
目標や欲は必要か?

「期待しない事を期待すると」のコメント欄で頂いたご質問の回答を記事として掲載します。 「目標」は持たないほうがいいか?「目標」や「欲」があったほうがいいのでは?というご質問です。僕なりに想う事を書いて …

no image
人生のプロセスとバックグラウンド

先日仙台に行きましたが、僕にとって大きな出来事を思い出しました。 その当時、大学四年だった僕は教師を目指していましたが、アメリカへの短期留学やインターネットとの出会いを通して、「教師になるなら社会に出 …

no image
習慣から離れるコツ

人間には習慣というものがあって、例えば、ある原因があり体が緊張してしまう環境に長い間いるとします。そして、あるタイミングでその環境がガラリと変わって、緊張の原因となることが消えた状態になっても、習慣で …

no image
不安を感じたとき

身の回りで様々な不安やトラブルなど存在していますが、これは私たちの心が作り出していると私は感じています。しかし、不安が訪れたとき、地球的、宇宙的規模で物事を捉えてみてください。宇宙は無限で、数えられな …