ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

答え合わせの時

   

2011年も終わりに近づき、明日は冬至を迎えます。今の時期は分離からユニティ(統合)へのサイクルのピークと言われ、大きな波の変化のちょうど真ん中に当たる時ですね。これから先、ユニティへは500年掛けてジワジワと移行していきます。

分離とは、別名「二元性」とも言えますが、物事を比較したり区別したりして、分けている概念。私達の文化や社会が合意して、集合的に選択している物事の捉え方ですね。

「あっちよりもこっちがよい」とか「あの人がこうだから、私はこうだ」とか「過去こうだったから、未来はこうなるだろう」というような何かの比較や対象を視点として、物事を捉えるのが分離の視点です。

ユニティ(統合)とは、この対象や比較が無い物事の捉え方になります。過去や未来、私や他者というように時間や空間を分離せずに、包み込むように全体から捉える。これがユニティという見方です。

分離からユニティへの移行は500年前から始まりました。ちょうど人間復興のルネッサンスの頃からですね。この移行の波というものは約1000年の幅を持っています。そして、明日の冬至から2012年の冬至までが1000年の幅からみると、ちょうどピーク・頂点に当たります。

ピークということは、波のエネルギー量が1000年の幅の中でも特にパワフルになるということです。具体的にどうなるかは個人個人の価値観・信念、今までの体験によって異なると思いますが、僕自身の個人的な体験や捉え方としては、

「答え合わせの時」
「かくれんぼしていたのが終に見つかる」

ような体験が来るように感じています。今まで蓋をしていた部分が、突然外れて中身が突然飛び出すような感じです。ここでの、蓋とは「葛藤・固定概念・思考パターン・先入観・ブロック・ストレス・後悔」等を象徴し、中身とは「ビジョン・本質・純粋な喜び・永遠性」を表します。

この時期に、この蓋の部分にフォーカスを当てていれば、葛藤や思考パターンが強調され、混乱がますます増したり、グルグルと頭の中を様々な想念が駆け巡り混乱してしまうかもしれません。つまりは、何も変わらない、答えが見つからないというような状態になる可能性があります。

逆に中身にフォーカスをしていれば、今まで体験できなかった事が突然できるようになったり、ずっとほしかったものが手に入ったり等、自分の本質が持っている輝きがどんどんと加速的に増していくでしょう。

大切な事は、「意図」です。意図とは、暗闇の中を進む船を照らす灯台の灯に例えられます。意図さえあれば、どこに進んでよいのかが分かります。そして、意図は何度もせずに一度だけ明確にしておけばOKです。

スピリチュアルだけにも、リアリティのみにも答えは見付からないでしょう。自分自身が探している答えは、その両者が重なる部分、まさにユニティの部分にあります。今この瞬間にある生命に、意識に呼吸を合わせれば、そこには永遠に変わらない音・輝きを発見できるでしょう。

イルカのような遊び心や無邪気さ-どんな波が来ても柔軟に遊びに変えてしまう工夫心。これがこれからの時代、とても大切になると個人的に感じています。

来年の2月と4月に、ドルフィンマインドと題した参加費無料のイベントを用意しています。イルカのような遊び心を日常に統合することについてのお話とミニワークを行うワークショップです。詳細は下記をご参照ください。

▼12月以降のワークショップのお知らせ

ワールドブルー10周年記念ワーク「マントラヒーリング」
マントラを唱え続けて、マントラの価値を体感します。参加費無料です。

日程:12月28日(水)
時間:13時30分~16時00分
料金:参加費無料
会場:五反田文化センター 第3スタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening114.html

2Daysワークショップ「はじめてのアカシックレコード」 in 東京
宇宙の図書館・ハードディクと呼ばれるアカシックレコードに意識的にアクセスするためのワークショップです。アカシックレコードの概要からアクセス方法、実際のセッションを行う体感型ワークショップ。ゲリーボーネルジャパン公認プログラム。

日程:1月28日(土)29日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1201.php

ワールドブルー10周年記念ワーク「ドルフィンマインド-イルカのような遊び心を日常に」
イルカのような遊び心を日常にをテーマにお話させていただくと同時に、イルカのような遊び心を日常に統合するために役立つリモートビューイングのミニワークを行います。参加費無料のプログラム。
日程:2月9日(木)
時間:19時00分~21時00分
料金:参加費無料
会場:五反田JMAスペース
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/dolphinmind.php

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネルジャパン公認プログラム。
バイロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップです。意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱や現実化に興味ある方にもおすすめのプログラムです。

日程:2月18日(土)19日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)

詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation1202.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
繰り返すこと

繰り返すことには大きなエネルギーを呼び起こす要素があるように感じます。小学生の頃にやった計算ドリルや漢字ドリルというのがありました。繰り返し書くことで、計算力や記憶力をアップさせる方法ですね。楽器の練 …

意識が見せてくれるリアルな世界

私達の意識のパワーは本当にパワフルです。今、体験しているこの世界も私達の意識が作り出している一つの可能性の現実でもあります。   五感・感情で味わっているこの世界はリアルな体験です。全ては私 …

第3の眼だけではアンバランスになる

スピリチュアルな世界や精神世界では霊性を高めたり、サイキック能力を活性化したり、明晰性を高めるために、第六チャクラの第3の眼を活性化することがポイントと言われています。僕自身もワークショップでは第3の …

認識している世界は一つの箱の中にいるようなもの

  今認識している世界は一つの箱の中にいるようなものです。ある種の境界線を作り、その先には行けずに、この箱の中で完結しているようなイメージです。   意識を拡大させる、もしくは拡大 …

no image
ジャイアンツコーズウェイ【帰国後の感想】

アイルランドの初めの目的地はジャイアントコーズウェイ。ここは世界七不思議の1つとも言われる場所で、火山噴火の溶岩の影響で出来たと言われる六角柱の石群が見られるパワースポットです。ジャイアントコーズウェ …

no image
太陽の光

ヨーロッパの旅から戻ってきて約1週間程経ちます。が、時差ぼけがまだ続いています。僕の体質として行くときはテンションも上がっていて大丈夫なのですが、戻ってきてからの時差ボケがしんどい。昨夜も夜中目が冴え …

概念をリリースしてオリジナリティを発揮する

世の中には何かを身に着けたり、行ったり、到達するための手法・アプローチは本当に様々あります。そのアプローチによって、様々な概念が生まれシンプルなものが複雑になっていくことがあります。そして、自分の中に …

no image
矛盾の世界

日常の中の矛盾点に目を向けること。これが、今この瞬間をエンジョイヒントになっている場合が多いものです。矛盾とは、「あなたはあなただけど、私である」や「ああでもなければ、こうでもない」ということなど。つ …

no image
瞬間と瞬間の間の瞬間

なんだか、瞬間続きのタイトルになりましたが、「瞬間」という言葉は、言葉としては分かるのですが、実際の体験となると時間がある世界にいる限り「瞬間」を見たり触ったりすることはできません。この瞬間、と思った …

no image
龍門の鯉

中国の古い言い伝えで「鯉は滝を登ると龍に変わる」という「龍門の鯉」の話があります。中国の黄河上流にある龍門という急流についての伝説。その急流はどんな魚も登ることができないけど、そこを登ることのできる鯉 …