ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

感情を知る

   

私達は、日々様々な感情を味わいながら生活しています。時には嬉しかったり、悲しくなったり、怒りを感じたり・・・
嬉しい時はハッピーで、悲しい時は不幸せ。このような図式が私達の社会・文化にあるように感じています。

どんな感情でも、私達は自分自身を傷付ける事に活用することができます。悲しみや怒りは分かりやすいですが、ハッピーな気持ちもそのように作用してしまうことがあります。
それは、過去と比較をしてしまう時です。あの時は幸せだったなぁ、なんて思った瞬間に、そこには比較が発生し、今の自分を傷つけてしまうでしょう。
いわゆる、ポジティブとネガティブの波ですね。上下に浮き沈みを繰り返すサイクル。

何か感情に対象や意味を付けてしまうと簡単に傷付いてしまいます。その感情を十分に味わって体感することができればOKで、意味や対象は不要です。
あの人が怒っているから、悲しくならなきゃいけない。とか、怒らなきゃいけない。とか、感情にルールや固定概念を決め付けて、感情というエネルギーで自分自身に罰を与えてしまいます。

どんな感情を伴ったとしても、その感情に意味を付けず、感じているままをただ体感するだけでOKです。フルに味わうことができれば、その感情というエネルギーからビジョンが見えてきたり、次のステップが見えてくるでしょう。
もし悲しかったら、「あの人がこうだから・・・」という対象を見付ける事をストップして、ただ悲しみというエネルギーの質を味わってみます。

ある瞬間、今まで相手に意味を付けたり、外側の対象を探したりして様々な感情を味わっていた事が、今この瞬間に集約されるようになって、
「満足」「喜び」「至福」「それだけでOK」「あ~、なるほど!」
というような、まさに全てを「知っている」という体験をし、その状態が永遠と続き、「私」と「知っている」という状態が一致してくるようになるでしょう。
そのような状態になったとしても、悲しみや怒りという感情がありますが、それは単にエネルギーの質の違いとして味わっている状態になるでしょう。

その感情を味わいに私達の魂はこのシステムに来ているとも言えるので、何度も何度も味わいに来ています。この意味で、感情の誘惑はこの世界では強いんですね。

まずは、今味わっている感情を対象を決めず、固定概念に惑わされずに、フルに体感することがキーですね。

▼1月以降のワークショップのお知らせ

イブニングワーク「ビギニング2012」
2012年のスタート。2012年の意図とビジョンを明確にするためのイブニングワーク!

日程:1月26日(木)
時間:19時~21時
料金:2,012円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening117.html

2Daysワークショップ「はじめてのアカシックレコード」 in 東京
宇宙の図書館・ハードディクと呼ばれるアカシックレコードに意識的にアクセスするためのワークショップです。アカシックレコードの概要からアクセス方法、実際のセッションを行う体感型ワークショップ。ゲリーボーネルジャパン公認プログラム。

日程:1月28日(土)29日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1201.php

ワールドブルー10周年記念ワーク「ドルフィンマインド-イルカのような遊び心を日常に」
イルカのような遊び心を日常にをテーマにお話させていただくと同時に、イルカのような遊び心を日常に統合するために役立つリモートビューイングのミニワークを行います。参加費無料のプログラム。
日程:2月9日(木)
時間:19時00分~21時00分
料金:参加費無料
会場:五反田JMAスペース
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening116.html
イブニングワーク「LOVE for パートナーシップ」
恋愛をテーマに理想のパートナーシップを作る、現在の恋愛を豊かにするためのワークショップです。

日程:2月16日(木)
時間:19時~21時
料金:3,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening118.html

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネルジャパン公認プログラム。
バイロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップです。意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱や現実化に興味ある方にもおすすめのプログラムです。

日程:2月18日(土)19日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)

詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation1202.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

恐れからの行動から喜びの行動へ

私たちは日々の日常の中で様々な恐れや罪悪感、義務感が原動力となった行動を取る傾向があります。 「病気にならないように食事制限をする」 「お金が無くならないように働く」 「苦労しないように勉強する」 「 …

アトランティスと現代

アトランティスは哲学者のプラトンによって記述され、今までに様々な検証がされてきている文明です。スピリチュアル的な観点から見れば、アトランティスは実験の場であり、何度も何度も実験が繰り返された文明です。 …

no image
繰り返すこと

繰り返すことには大きなエネルギーを呼び起こす要素があるように感じます。小学生の頃にやった計算ドリルや漢字ドリルというのがありました。繰り返し書くことで、計算力や記憶力をアップさせる方法ですね。楽器の練 …

雲の動き

福岡地方で大きな地震が発生しました。被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます。 写真は昨日の午後に現れた雲の写真です。流れるような雲にモヤのような雲が重なっていました。その雲を見てからアカシック …

神秘的な黄金率で創られているシステム

自然界から発見されたマジカル比率。それが黄金率(Golden Ratio:Phi Ratio)と呼ばれる比率です。この比率は、1.6180339・・となる数値で表すことができます。四捨五入をして1.6 …

no image
遊び心のパワー

子供は遊びの天才、と言われるように、幼少期の私たちは何でもオモチャになり、工夫をして遊びをクリエイトしてきました。 しかし、学校から社会へと出て、大人になってくると、いつしかその遊び心をどこかに置いて …

夏至2016! 心身を休める必要性

本日6/21は夏至ですね。一年で最も日が長い1日であり、集合的に「神々の門」のピーク。明日から「先祖の門(肉体の門)」が開き、意識の流れは肉体よりになっていきます。   エネルギー的に夏至は …

地球人からユニティへ

ドバイ&アブダビの旅では、1週間程の滞在の中で様々な国の人との交流がありました。こんなに短期間にいろんな国の人と交流があったのは初めての体験でした。 参考まで聞いた範囲ですが、どんな国の人々との交流が …

no image
ワールドブルーチャンネルVol.6「2011年の予感+お葉書コーナー」

2011年初のワールドブルーチャンネル。今回で第6回目になります。今回は2011年の私たちの意識に関わるアカシックレコードからの情報と、恒例になっていて何気なく好評を頂いています「おはがきコーナー」を …

no image
あるダンサーの話

16世紀頃の話。今のアラブ地方に住んでいたイザーヤは、母親を助けたいという思いで、苦渋の決断で家から離れてダンス小屋的な店でダンサー兼従業員として働くことに。 小さい頃から、彼女は母親からダンスを教え …