ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

あるダンサーの話

      2012/01/25

16世紀頃の話。今のアラブ地方に住んでいたイザーヤは、母親を助けたいという思いで、苦渋の決断で家から離れてダンス小屋的な店でダンサー兼従業員として働くことに。
小さい頃から、彼女は母親からダンスを教えてもらって以来、好きな事として母親と一緒に楽しんでいました。

そのダンス小屋では奴隷のような扱いをされ、いじめを受けたり、家が貧しいという理由で不当な扱いを受けていました。ほとんど休みもありません。
唯一の救いは、母親とダンスの存在。母親のためであれば、何でもやってやろうという想い。そして、好きなダンスができるという思い。それが彼女を動かしていました。
そんな想いで、彼女は長年の働き続けました。

そんな中、母親が他界してしまいます。それを知った彼女は深い悲しみに陥り、彼女を突き動かしていた気力が失われてしまいます。
それが切欠で、長年の積もりに積もったストレスが彼女に襲い掛かります。

ある夜、彼女は死ぬ決意をして、ダンス小屋をうまくすり抜けて、何も持たず裸足のままとにかく遠くに逃げます。
どこにそんな力が残っているのかという程の力を使い、どこでもいいからという思いで走りに走ります。走っている間、今までの人生を振り返っていたようです。
母親の事や、ダンスの事など、様々な溜め込んでいた想いが浮上してきます。

どれくらい走り続けたかは分かりませんが、真夜中に絶壁の丘に辿り着きます。満月の灯で、ほのかに辺りの景色が見えています。
もう遠くに逃げたので、誰も探しに来ないだろうという思いもあったようです。
ここから思い切って飛び降りてしまおうという想いもありましたが、その前に大好きなダンスを月の灯の元で踊りたいという衝動が生まれます。
どうやら、今まで踊ってきたダンスの中に、月をテーマにしたダンスがあったようで、彼女のお気に入りだったようです。
今の景色は、彼女の中で思い描く、そのダンスの情景そのものでした。

彼女は無心に踊り続けました。自由に大胆に、華麗に踊り続けます。
どれ位踊り続けたかは分かりませんが、彼女はダンスそのものになっているような気持ちになってきました。ダンスとの一体感。周りと融合していくような感覚。
その瞬間、彼女は気付きました。母親への感謝の気持ち、ダンスへの感謝の気持ち。純粋にダンスを楽しむという気持ち。
それは、生命力を取り戻したような、体の動きを本質で理解して、ダンスそのものと一体になる。そんな気持ちでした。
ここで終わりにしたくない。ダンスをもっと踊り、生きていきたいという強い想いです。

それに気付いた彼女は、再び飛び出してしまったダンス小屋へ戻ります。逃げ出した責任を取られ、罰を受けるという体験もあったようですが、再びダンサーとして働き続けます。
しかし、もう彼女にはストレスを味わうということはありませんでした。ダンスそのものになり、心からダンスをエンジョイすることができています。ダンスにキレが入り、今までの動きとはまるで違い、ダンスを心から愛している感じです。
その気持ちが、ダンスを観に来たお客さんにも伝わり、その店のトップの踊り子になります。今まで彼女を見下していた人々も、彼女を認め始め、彼女もいろんなチャンスをくれた周りの全ての存在を認めることができました。

その後、彼女は自分でダンスチームを作ってダンスに専念したり、晩年はティーチャーとして活躍をし続けました。

・・・・・・・・・・・・
この出来事と彼女の反応から気付かされる事は、どんな状況であってもその環境や人々を裁いたり、自分を責めたりせず、ただ今行っている事を純粋に集中することで、その中にある自分の本質を知ることができるということです。
どんな環境であれ、必ずそこには自分のビジョンのエッセンスが入っているものです。彼女は当初は自分の境遇を哀れんだりしていましたが、本質にある「ダンスが好きだ」という気持ちに気付き、集中したことでそれを思い出したのでしょう。
走り続けるという体を動かしながら、過去の体験をリリースしつつ、ダンスをただ踊り続けるという体験をしたことでも心にあった葛藤をリリースしたのかもしれませんね。
いずれにせよ、ダンスと一体になりダンスそのものになる体験というのが、彼女を自由にし、周りの環境を誰かに作ってもらうのではなくて、自らの意図・ビジョンで展開させていくという点もポイントだと感じます。

この話の彼女のように、今何か迷っていたり自分自身を哀れんでしまったり、責めてしまったりしてしまう時こそ、ずっと心の中でやりたかったことや、好きで続けていることをただ集中してやり続けることで、自分のビジョンを明確にすることに繋がるように感じます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

Comment

  1. happyかこ より:

    今年初の新月も終わり、また新しいエネルギーを感じます。

    今回のお話。何故か涙が溢れだしました。

  2. とみ より:

    かこさん、
    コメントありがとうございます。
    流れに乗って楽しんでいきましょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

過去を生きないために

久しぶりの更新になってしまいましたが、皆さんお元気ですか?僕はエリーの妊娠のケアも始まり、福岡ワークショップ&熊本リトリート等もあり、新し流れを感じている日々です。熊本リトリートについては改めて記事に …

no image
漁火

漁火(いさりび)とは海に灯して魚を集めるための明かり。闇の海に転々と灯る明かりはとても幻想的で、また神秘的。その光は私たちのユニークな光を象徴しているようにも感じます。 この世界はほとんどが空。しかし …

夢で知るパーソナルリアリティ

寝ている間、(だけではなく今こうしている時も実はそうですが)私たちは「意識の源」「本質」に帰還をしていています。そこでは、私たちの全てのタイムラインや意識の領域が映し出されているモニタールームのような …

no image
記憶喪失と時間

日々の生活の中、家族や学校・会社、社会の中を過ごす事で、私たちは社会的な合意された現実にフォーカスをしてしまうパターンを身につけていて、自分自身の本質的な心にフォーカスをせず、「他者のため」「社会のた …

全ては仮説

最近、有限会社B.E.の龍治さんに「99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方」という本を借りました。まさに、今の世の中の現象を説明しているとても面白い本です。今の「常識」や「説明」は科学とい …

Policeの曲で意識拡大♪

イギリス出身のバンドThe Police。ボーカルはハスキーな声が魅力的なスティング。彼の声を聞くと非常に意識を揺さぶられます。3人編成のバンドなのに、音の厚みというか音の振動の奥深さを感じ、不思議な …

自分を知るための失敗

日々の日常の中で、いつも同じところに引っかかって傷付いたり、不安に思ったり、心配したり、嫉妬したり、葛藤したり・・・等、自分にある意味罰を与えてしまうような事ってありますよね。なんかいつも同じところに …

no image
パフォーマンス不安

パフォーマンス不安とは「ちゃんとできるかな」とか「問題なくできているかな」等と何かを行う前や最中に考えてしまう事を指す言葉。その度合いは個人差はありますが、パフォーマンス不安には葛藤、セルフジャッジメ …

no image
新しい1年へ

今日は記念すべき誕生日でした。多くの皆様から誕生日メッセージをいただきました。本当にありがとうございます。しかし、一年なんてあっという間ですね。 誕生日は今のカレンダーで定義されていて、違う時代や文化 …

no image
情報の探し方

自分を知るために必要な情報やメッセージはどこにでも存在しています。それは、家の中、街中、電車の中、映画の中、音楽の中、レストラン、職場、学校、本屋さん等いわゆる外側の世界に。そして、夢、感情、アカシッ …

PREV
Answer
NEXT
正夢