ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

あるダンサーの話

      2012/01/25

16世紀頃の話。今のアラブ地方に住んでいたイザーヤは、母親を助けたいという思いで、苦渋の決断で家から離れてダンス小屋的な店でダンサー兼従業員として働くことに。
小さい頃から、彼女は母親からダンスを教えてもらって以来、好きな事として母親と一緒に楽しんでいました。

そのダンス小屋では奴隷のような扱いをされ、いじめを受けたり、家が貧しいという理由で不当な扱いを受けていました。ほとんど休みもありません。
唯一の救いは、母親とダンスの存在。母親のためであれば、何でもやってやろうという想い。そして、好きなダンスができるという思い。それが彼女を動かしていました。
そんな想いで、彼女は長年の働き続けました。

そんな中、母親が他界してしまいます。それを知った彼女は深い悲しみに陥り、彼女を突き動かしていた気力が失われてしまいます。
それが切欠で、長年の積もりに積もったストレスが彼女に襲い掛かります。

ある夜、彼女は死ぬ決意をして、ダンス小屋をうまくすり抜けて、何も持たず裸足のままとにかく遠くに逃げます。
どこにそんな力が残っているのかという程の力を使い、どこでもいいからという思いで走りに走ります。走っている間、今までの人生を振り返っていたようです。
母親の事や、ダンスの事など、様々な溜め込んでいた想いが浮上してきます。

どれくらい走り続けたかは分かりませんが、真夜中に絶壁の丘に辿り着きます。満月の灯で、ほのかに辺りの景色が見えています。
もう遠くに逃げたので、誰も探しに来ないだろうという思いもあったようです。
ここから思い切って飛び降りてしまおうという想いもありましたが、その前に大好きなダンスを月の灯の元で踊りたいという衝動が生まれます。
どうやら、今まで踊ってきたダンスの中に、月をテーマにしたダンスがあったようで、彼女のお気に入りだったようです。
今の景色は、彼女の中で思い描く、そのダンスの情景そのものでした。

彼女は無心に踊り続けました。自由に大胆に、華麗に踊り続けます。
どれ位踊り続けたかは分かりませんが、彼女はダンスそのものになっているような気持ちになってきました。ダンスとの一体感。周りと融合していくような感覚。
その瞬間、彼女は気付きました。母親への感謝の気持ち、ダンスへの感謝の気持ち。純粋にダンスを楽しむという気持ち。
それは、生命力を取り戻したような、体の動きを本質で理解して、ダンスそのものと一体になる。そんな気持ちでした。
ここで終わりにしたくない。ダンスをもっと踊り、生きていきたいという強い想いです。

それに気付いた彼女は、再び飛び出してしまったダンス小屋へ戻ります。逃げ出した責任を取られ、罰を受けるという体験もあったようですが、再びダンサーとして働き続けます。
しかし、もう彼女にはストレスを味わうということはありませんでした。ダンスそのものになり、心からダンスをエンジョイすることができています。ダンスにキレが入り、今までの動きとはまるで違い、ダンスを心から愛している感じです。
その気持ちが、ダンスを観に来たお客さんにも伝わり、その店のトップの踊り子になります。今まで彼女を見下していた人々も、彼女を認め始め、彼女もいろんなチャンスをくれた周りの全ての存在を認めることができました。

その後、彼女は自分でダンスチームを作ってダンスに専念したり、晩年はティーチャーとして活躍をし続けました。

・・・・・・・・・・・・
この出来事と彼女の反応から気付かされる事は、どんな状況であってもその環境や人々を裁いたり、自分を責めたりせず、ただ今行っている事を純粋に集中することで、その中にある自分の本質を知ることができるということです。
どんな環境であれ、必ずそこには自分のビジョンのエッセンスが入っているものです。彼女は当初は自分の境遇を哀れんだりしていましたが、本質にある「ダンスが好きだ」という気持ちに気付き、集中したことでそれを思い出したのでしょう。
走り続けるという体を動かしながら、過去の体験をリリースしつつ、ダンスをただ踊り続けるという体験をしたことでも心にあった葛藤をリリースしたのかもしれませんね。
いずれにせよ、ダンスと一体になりダンスそのものになる体験というのが、彼女を自由にし、周りの環境を誰かに作ってもらうのではなくて、自らの意図・ビジョンで展開させていくという点もポイントだと感じます。

この話の彼女のように、今何か迷っていたり自分自身を哀れんでしまったり、責めてしまったりしてしまう時こそ、ずっと心の中でやりたかったことや、好きで続けていることをただ集中してやり続けることで、自分のビジョンを明確にすることに繋がるように感じます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

Comment

  1. happyかこ より:

    今年初の新月も終わり、また新しいエネルギーを感じます。

    今回のお話。何故か涙が溢れだしました。

  2. とみ より:

    かこさん、
    コメントありがとうございます。
    流れに乗って楽しんでいきましょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
スピリチュアリティを手放す時

私達は「自分とは一体何者なのか?」を求め、様々な分野があるにせよ「スピリチュアル」な神秘的な領域、目に見えない世界、言葉では説明ができない所へと入っていく傾向があります。もちろん、人によって切欠は違い …

1+1=1

1+1=2 これは算数で習う正しい計算方法ですよね。 しかし、この計算方法は分離を前提にした計算方法になります。 分離とは、全てを孤立させて分けて考えることですが、 これはオールドパラダイム的な概念で …

フォトリーディング

フォトリーディングという本を写真のようにスキャンするユニークな速読を学び、日常で実践しています。一般的な速読として思い付くのが、本の一行一行を素早く目で追いつつ理解していくものですが、フォトリーディン …

2014年のありがとう

あと数時間で2014年も終わり、2015年になりますね。   今年は個人的には何と言っても娘のリモナが生まれ、家族が三人になったことが大きなイベントでした。娘ももうすぐ8ヶ月。あっという間の …

no image
視覚の幅が広がる

最近、僕の周りでは空間に様々なモノが見え始めている人が増えています。僕自身もふとした時に、「あれ?」と感じるものが見てたり。明らかに肉眼で捉える事ができます。僕は光子的なエネルギーの一種だと感じていま …

制限のある世界で自分を自由に創造していくポイント

もちろん、この世界は他者との共存で成立しているので、前提としてモラルや世の中の法律を破るという意図ではないのですが、そんな制限のある時空の中でも自由に自分らしい現実を作り出すことができます。 &nbs …

余計なお世話から自由になる秘訣

  今回は余計なお世話から自由になるということについてです。   自分にとっての天国は相手にとっての地獄 余計なお世話・お節介。それは、相手にとって親切心からよかれと思ってしたこと …

偏見や先入観を無くすために必要な新しいチャレンジ

トムソーヤの作者であるマークトゥエインの名言にこういうのがあります。 「旅は偏見、頑固さ、狭い心を無くさせる。(Travel is fatal to prejudice, bigotry, and n …

相手を変えたいと思う時は自分が変わる時

例え相手が理不尽だったり、相手が間違っていたとしても、相手を変えることはできません。 相手を変えようといろいろと戦略を立てたり、分析したり行動をすることは、正直時間の無駄です。相手は相手としてこの世界 …

鳥のシンボル-Boji Stone

最近、鳥のサインが来ています。 外でふと目を下にするとスズメ君達がいたり、事務所の外に見える屋根の上からカラスがこちらをずっと見ていたり、外に出たらどこからともなく白い鳥の羽が空から舞い降りてきたり。 …

PREV
Answer
NEXT
正夢