ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

ばあちゃんはいなかった

   

日常生活を送る中で、私達は日々様々な人達と、様々な方法を通して出会っています。家族、会社、お店、レストラン、電車の中、通り道、テレビ、インターネット、夢の中等・・・、いろんな場所で人々と出会います。

今、世界の人口は約70億とも言われています。一生で、出会う人には限りがあり、全ての人々と実際に出会う事はできないでしょう。
そして、出会う人々は、それぞれがユニークな特質を持っていて、誰一人自分と同じ人はいません。みんなオリジナリティを持って暮らしていて、一切の無駄というものはありません。

例え全く知らない人であったとしても、出会っているというのは偶然的に感じられながらも、実は私達の中のある側面を表しています。それを縁と呼べるように想います。
大きな見方をすれば、全ての人々は私達のフィルターを通して創造され、「見たい」と想っている姿で現れています。この意味で、全ての人々は「私」であるとも言えるように感じられてきます。

僕の個人的な体験。僕はばあちゃん子でした。2002年に他界しましたが、その後も何かある時には、枕元に現れてはメッセージやこの世界のシステムを伝えてきてくれます。
様々なシャーマニズムの探求の中で、ある時の意図が「ばあちゃんに出会う」という設定をして、この世界のシステムから意識を「あちら側」へ移動させて、ばあちゃんを探しに行きました。

しかし、驚いたことに「ばあちゃん」という存在はいませんでした。その代わりに「自分」がいました。この瞬間、ばあちゃんは僕の意識が創造した存在であるということに気付きました。
全く時間と空間が無い領域で言葉で表すのが困難ですが、そちらに行くと「個」や「私」という概念がありませんが、強いて言えば、祖母という存在は僕の意識の一部が投影して祖母という存在・概念を見せていたのです。
このフィーリングは、かくれんぼをしていた友人をやっと探した瞬間や、難しい問題の答えを知った答え合わせのような感覚でした。

様々な人間関係で、楽しいこともあれば、辛いことや悲しい事もありますが、結局のところ、このシステムを生きるために、自らの意図で人間関係を構築していると上記の体験から感じました。
自分自身という存在を知るためにも、いろんな人々と交流することが「生きる」キーのように感じています。

 

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - マイライフ, 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

奇跡であって奇跡じゃない

奇跡、この言葉は予想を超えて起こった素晴らしい出来事、神様が起こした超自然な出来事、あり得ないことが起こった時などに使われますよね。「これは奇跡的なことだ」というように。科学や一般常識では考えられない …

この世界を生きるために必要な個性

この世界の誰もが個性・オリジナリティを日々の中で表現して生きています。この世界では皆違って当たり前、と言うか違わないと成立しない世界。個性・オリジナリティは簡単に言えば、この世界を生きるためにあるとし …

no image
冬眠

冬眠とは、動物が冬の間に体温を下げ代謝を低い状態にし、一種の仮死状態にして過ごす事です。しかし、冬眠は動物だけではなく、人間も冬眠の状態になることは可能です。最近のニュースで、確か山で遭難した人が一種 …

音の中にあるモノ

この世界は音で出来ていると言えます。私たちが日々使う言葉という音が目の前のモノや状況を作り出しています。また、逆に日々の中に溢れている音が私たちの意識に影響を与えています。ある種の音を聴くと意識が拡大 …

恐れはパワフルに私たちの想いを増幅させる

ビクビクすることや怖いと感じることに対して、過敏に反応したり戦ったりすることで、更に対象となるものに力を与えることになります。   例えば、寺院にある仁王像などちょっと怖い顔をしている仏像。 …

時間旅行

私たちは時間を使って日常を生活しています。誰かと会うために、仕事を成し遂げるために、どこかに行くために、映画や音楽を楽しむために・・・私たちは時間を活用しています。寝ている時以外は、私たちは時間と常に …

no image
スカスカの世界と意識の力

私たちの生活の中には目に見えていないけど、その存在を認めているものがたくさんあります。その中でも分かりやすいのが電気の存在です。コンセントに電源を繋いで機械が動き出せば電気があるということが分かります …

概念から自由になり世界がシンプルになる方法とは?

現実的にこの世界で生きていくためには様々な概念に属していきていく必要性があるポイントまであります。概念とは、様々な人々とのコミュニケーション上必要なもの。コミュニケーションを通して私たちは自分を知って …

アトランティスの叡智

2/27にアイユニティ主催のワークショップに参加してきました。 大野百合子さんの誘導瞑想に従ってアトランティスの過去世やテクノロジーにアクセスしたり、クリスタルの中に保存されているメッセージや叡智にア …

no image
別れも必要なエネルギー

「与えること=受け取ること」これは、「宇宙の法則」と言えることで、全ての出来事や出会いは私たちの意識の鏡であり、私たち自身で作り出しているということです。最近、思うことは人と人との繋がりですね。ちょっ …