ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

あるラマ僧の話~継続すること

   

そして、彼は目を覚ました。時間にしたら20分位だったかと思うが、彼が座禅をしていた周りの雪を溶かしてしまう程のエネルギーを体全身で味わい、まるで彼自身が熱湯そのものになったような感覚だった。その瞬間、彼は全てを知った。全ては繋がっているということを・・・・

今のチベットのラサの近くのラマ僧。彼は生まれてから人生について考え始め、様々な死別を垣間見る体験を通し、人間の生死について熟考する青年時代を過ごし、熱心な修行僧として、日々修行や瞑想を繰り返す日々を過ごしてきた。ラマ僧としての位も登り始め、彼の元には多くの僧や人々が訪れ彼の話を聞くようになっていった。若い頃の修行の日々から、人々に伝えるという役割を担う時間が多くなってきます。ちなみに、彼は純粋な意図「生と死を知ることから、自分を知る」というものを見付けていたため、彼の元に訪れる人々の中からも答えを見付けたいという想いがあったようで、相手と自分自身と対等に見ており、決して傲慢にはならなかった。純粋に自分自身の体験を表現として伝えていた。

50代の後半に近づいても彼は生きることと死ぬことへの答えを知りたいという飽くなき探求が続く一方で、ますます多くの人々が彼の元を訪れ、彼の時間は個人の時間から集合的な団体のための時間へと移行していくようでした。彼は自分の役目だと感じ、ためらいなく人々に自分の体験をシェアし続けました。ただ、自分が想うことを伝えるだけで、その人を変えようとは思っていません。ただ、ためらいなくシェアしている感じです。

しかし、彼は一環して自分の意図を貫きました。60代の後半になると、彼は今の役割を終えたような感覚を味わいます。ちょうど彼の立場も世代交代のようで、彼の役割は別の人へと彼の意思で引き継がれます。そして、彼は再び若い頃のような瞑想の日々が始まります。

ある冬の雪が降る朝に、彼は日課にもなっていた瞑想に入ります。深い瞑想状態になります。その瞬間、彼は自分を呼んでいるような声を聴きます。今まで聴いたことが無いような音の響きですが、「知っている」という感覚があります。「○○ちゃん」・・・目を覚ますと、ベッドに寝ている自分に気付き、近くに自分を呼んでいる女性がいます。瞬時に彼は自分の母親だと気付きます。しかし、まだ体が成長していないせいもあって、体が自由に動きません。

不思議な感覚。この瞬間、彼は日本で赤ちゃんとして生きている事に気付きます。その後、彼はそのまま女の子として成長し、すっかりとこの世界での生活が始まり、この時間軸での自分にフォーカスしておりチベットについては忘れています。大きくなると教育大学を出て、小学校の教師としての人生を歩みます。それと同時に、この世界の仕組みについての探求も始まり、瞑想や呼吸法などを日課として続けています。子供達との交流や教師として教えるということに彼女は誇りを持ち、自分自身の生き甲斐を十分に実感しています。

50代前半頃彼女は眠りに付き、夢を見始めます。彼女は様々な夢を今までも見てきましたが、今見ている夢は単なる光だったり幾何学だったり、ストーリー性が全くありません。単なる形だけの夢・・・というより、自分自身が見ている形の一部のような感覚です。そして、目覚めると彼女は「彼」に戻ります。たった20分の瞑想で別の時代の50年分の体験をしてきました。

彼はこの瞬間、生と死の繋がり。つまりは、生も死も存在せず、全てが繋がっているのが人生であるということを体感して知ったのです。彼の継続した探究心や様々な体験を人々とシェアしてきたことが、自ら答えを導き出しました。

————————————————————————–

文章としてタイムラインの繋がりを表現するのが難しく駄文になってしまいましたが、この方の人間体験から見える事は、まさに継続は力なりというような言葉でしょう。探求を続けていれば、自ずと答えは導かれるものです。また、時間とは上記のストーリーのように実はあって無いようなもの。人生とは一瞬だという言葉もありますが、大きな視点から見るとまさにその通りでしょう。自分の意図を継続させることができれば、必ず「知る」事ができるものです。

また、夢とタイムラインの繋がりも考えさせられます。実は寝ている時、私たちはある種の「死」を体験しています。朝目覚める場所は私たちの本質のガイドラインによって変化します。あなたは今も実は夢を見ています。そして、様々な世界で目覚めています。同じこのタイムラインで目覚める場合、このタイムラインで何かまだイベントが残っている証です。貴重でワクワクとしたイベントが待っています。それを体験し尽くしたら、あなたはどこで目覚めるのでしょうか?

上記のような体験を自分自身で味わい自分とは誰であるか?を知るためにアカシックレコードへの意識的なアクセスは役立ちます。次回は3月に仙台と東京で行います。

2Daysワークショップ「はじめてのアカシックレコード」 in 仙台
日程:3月17日(土)18日(日)
時間:10時~17時
料金:48,000円(税込)
会場:青葉区榴ヶ岡市民センター和室(宮城県仙台市)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1203.php
2Daysワークショップ「はじめてのアカシックレコード」 in 東京
日程:3月31日(土)4月1日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1204.php
The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - アカシックレコード, 夢・OBE, 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

恐怖が妨げる新しい挑戦

何をするにも体が恐怖を味わっていると、いくら頑張ったり、努力して勉強したりしても、なかなか身に付くことができなかったり、時間が掛かったり、また元通りに戻ってしまうということが起こります。   …

ボーダーラインを超えるゲートウェイ

娘っ子がやってきてから、妻のエリーはいろんな神秘的な体験が以前より増えてきているようです。例えば、起きながらにして別の時空にいるような明晰夢的な体験や、質問と答えが無いすべてが融合している世界に統合さ …

自分を知るための失敗

日々の日常の中で、いつも同じところに引っかかって傷付いたり、不安に思ったり、心配したり、嫉妬したり、葛藤したり・・・等、自分にある意味罰を与えてしまうような事ってありますよね。なんかいつも同じところに …

no image
となりのトトロ

言わずと知れた宮崎映画の傑作の「となりのトトロ」。テレビ等でも数回観た方も多いのではないでしょうか。この作品はいつ見ても何とも言えない懐かしい感じや、ファンタジーの世界、そして心温まる家族像、古き良き …

雲の動き

福岡地方で大きな地震が発生しました。被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます。 写真は昨日の午後に現れた雲の写真です。流れるような雲にモヤのような雲が重なっていました。その雲を見てからアカシック …

no image
Double Star

Double Star(二重星)とは肉眼で見ると一つの星なのに、詳しく調べてみると重なり合っていたり、接近している恒星のことです。いつも輝いて見えている一つの星が実は二つの星だったりするんです。僕が知 …

no image
夢の続き

朝目覚めて終わる夢の世界。終わったように思えますが、例え忘れていたとしても、実は今この瞬間にもその夢の世界は続いています。 その夢の世界は、様々なカタチで私たちの周りに実在しています。五感で感じている …

A Joyful New Year!!

新年あけましておめでとうございます。 いよいよ2006年になりましたね。僕の中ではいよいよという感じでワクワクしています。小さな頃から何故か2006年という年にはピンッと感じるものがありました。その答 …

no image
一歩を踏み出す

何か新しいことや、今まで体験していないことを行なう時、ためらいがあります。もしかしたら人を傷つけてしまうんじゃないかとか、どうせ自分には無理だとか思い込んでしまって。様々な情報や他の人の経験を自分のも …

グラウンディングなビート2

昨日書くのをすっかり忘れておりましたが、Govindaもおすすめですが、プレム・ジョシュアもグルーブ感があっておすすめです。プレム・ジョシュアはドイツ人で、人生の意味を探しにインドを訪れた際に前にいた …