ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

あるラマ僧の話~継続すること

   

そして、彼は目を覚ました。時間にしたら20分位だったかと思うが、彼が座禅をしていた周りの雪を溶かしてしまう程のエネルギーを体全身で味わい、まるで彼自身が熱湯そのものになったような感覚だった。その瞬間、彼は全てを知った。全ては繋がっているということを・・・・

今のチベットのラサの近くのラマ僧。彼は生まれてから人生について考え始め、様々な死別を垣間見る体験を通し、人間の生死について熟考する青年時代を過ごし、熱心な修行僧として、日々修行や瞑想を繰り返す日々を過ごしてきた。ラマ僧としての位も登り始め、彼の元には多くの僧や人々が訪れ彼の話を聞くようになっていった。若い頃の修行の日々から、人々に伝えるという役割を担う時間が多くなってきます。ちなみに、彼は純粋な意図「生と死を知ることから、自分を知る」というものを見付けていたため、彼の元に訪れる人々の中からも答えを見付けたいという想いがあったようで、相手と自分自身と対等に見ており、決して傲慢にはならなかった。純粋に自分自身の体験を表現として伝えていた。

50代の後半に近づいても彼は生きることと死ぬことへの答えを知りたいという飽くなき探求が続く一方で、ますます多くの人々が彼の元を訪れ、彼の時間は個人の時間から集合的な団体のための時間へと移行していくようでした。彼は自分の役目だと感じ、ためらいなく人々に自分の体験をシェアし続けました。ただ、自分が想うことを伝えるだけで、その人を変えようとは思っていません。ただ、ためらいなくシェアしている感じです。

しかし、彼は一環して自分の意図を貫きました。60代の後半になると、彼は今の役割を終えたような感覚を味わいます。ちょうど彼の立場も世代交代のようで、彼の役割は別の人へと彼の意思で引き継がれます。そして、彼は再び若い頃のような瞑想の日々が始まります。

ある冬の雪が降る朝に、彼は日課にもなっていた瞑想に入ります。深い瞑想状態になります。その瞬間、彼は自分を呼んでいるような声を聴きます。今まで聴いたことが無いような音の響きですが、「知っている」という感覚があります。「○○ちゃん」・・・目を覚ますと、ベッドに寝ている自分に気付き、近くに自分を呼んでいる女性がいます。瞬時に彼は自分の母親だと気付きます。しかし、まだ体が成長していないせいもあって、体が自由に動きません。

不思議な感覚。この瞬間、彼は日本で赤ちゃんとして生きている事に気付きます。その後、彼はそのまま女の子として成長し、すっかりとこの世界での生活が始まり、この時間軸での自分にフォーカスしておりチベットについては忘れています。大きくなると教育大学を出て、小学校の教師としての人生を歩みます。それと同時に、この世界の仕組みについての探求も始まり、瞑想や呼吸法などを日課として続けています。子供達との交流や教師として教えるということに彼女は誇りを持ち、自分自身の生き甲斐を十分に実感しています。

50代前半頃彼女は眠りに付き、夢を見始めます。彼女は様々な夢を今までも見てきましたが、今見ている夢は単なる光だったり幾何学だったり、ストーリー性が全くありません。単なる形だけの夢・・・というより、自分自身が見ている形の一部のような感覚です。そして、目覚めると彼女は「彼」に戻ります。たった20分の瞑想で別の時代の50年分の体験をしてきました。

彼はこの瞬間、生と死の繋がり。つまりは、生も死も存在せず、全てが繋がっているのが人生であるということを体感して知ったのです。彼の継続した探究心や様々な体験を人々とシェアしてきたことが、自ら答えを導き出しました。

————————————————————————–

文章としてタイムラインの繋がりを表現するのが難しく駄文になってしまいましたが、この方の人間体験から見える事は、まさに継続は力なりというような言葉でしょう。探求を続けていれば、自ずと答えは導かれるものです。また、時間とは上記のストーリーのように実はあって無いようなもの。人生とは一瞬だという言葉もありますが、大きな視点から見るとまさにその通りでしょう。自分の意図を継続させることができれば、必ず「知る」事ができるものです。

また、夢とタイムラインの繋がりも考えさせられます。実は寝ている時、私たちはある種の「死」を体験しています。朝目覚める場所は私たちの本質のガイドラインによって変化します。あなたは今も実は夢を見ています。そして、様々な世界で目覚めています。同じこのタイムラインで目覚める場合、このタイムラインで何かまだイベントが残っている証です。貴重でワクワクとしたイベントが待っています。それを体験し尽くしたら、あなたはどこで目覚めるのでしょうか?

上記のような体験を自分自身で味わい自分とは誰であるか?を知るためにアカシックレコードへの意識的なアクセスは役立ちます。次回は3月に仙台と東京で行います。

2Daysワークショップ「はじめてのアカシックレコード」 in 仙台
日程:3月17日(土)18日(日)
時間:10時~17時
料金:48,000円(税込)
会場:青葉区榴ヶ岡市民センター和室(宮城県仙台市)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1203.php
2Daysワークショップ「はじめてのアカシックレコード」 in 東京
日程:3月31日(土)4月1日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1204.php
The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - アカシックレコード, 夢・OBE, 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『5次元世界はこうなる』

ゲリーと高橋克彦さんとの対談本「5次元世界はこうなるが徳間から出ています。 様々な面白い情報が対話形式で展開するので、とても分かりやすく、また読みやすいと思います。 葛藤をリリースすることがキーですね …

no image
意図のままに

私達の人生は私達の意図に基づいて進んでいます。しかし、意図は意図であって、どのような出来事が起こるかは、その時に起こる事象にどのように反応するかで結果は変わってきます。例えば、「創造性を発揮する」とい …

no image
「疑い」から「質問」へ

「疑う事」がエネルギーの流れを止めるのに一番早い方法です。パフォーマンス不安や集中力の欠如にも関わるけど、「自分はちゃんとできているのだろうか?」という疑いや不安。これが、自分の進む方向にストップを掛 …

no image
正夢の見方その2~願望を実現化させる方法~

正夢の見方 その2~願望を実現化させる方法~ 1.今持っている願いを叶えたい願望・夢に関わる情報を枕の下に入れる。これは、現実化させたい夢を書いた紙を枕の下に置いたり、新しいマンションに引っ越したい場 …

罠にはまると世界が複雑になってしまう

  上記の図はチベット文字の「あ」という字を使った特殊なシンボルです。この白抜きをただ見詰めてる実践をZineと呼びます。これはドリームヨガでは基本の実践で、明晰夢を見たり体外離脱するための …

no image
矛盾なく進む道

なぜ自分は地球に生まれてきたのか? この疑問は生きている根本にあるようなものだと思います。その答えのベースは実はシンプルで、知ってしまうと「な~んだ」というもの。 でもその答えを知るだけではなくて、そ …

no image
実をつけるために・・・

この世界のシステムのユニークな点は「時間」という道具があるということです。 そのため、種を蒔いて、芽が出て、実を結ぶには、時間が多かれ少なかれ掛かります。 もしこの「時間」にフォーカスをしてしまうと、 …

no image
「矛」「盾」

矛盾・・・それは文字通り、矛と盾の話が語源となっている言葉ですね。 どんな矛さえも通さない最高の盾と、最高の矛(剣状の武器ですね)はどんな盾も貫く武器。この2つが出会った場合、そこには辻褄が合わない現 …

no image
Remember

土曜日に5年ぶりの再会。以前勤めていた一緒だった仲間と沖縄料理に行き、いろんな話をしてきました。面白い縁で集まったメンバーで、僕と同じように既に辞めている人、最近新しく勤めた人、まだ働いている人など、 …

no image
一期一会

大学時代に全国で5名様というホームページ作成ソフトが雑誌の懸賞で当選し、それを切欠にホームページを作りました。 国際交流について興味があったので、世界中に友達が作れるホームページ を作りました。今は残 …