ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

あるラマ僧の話~継続すること

   

そして、彼は目を覚ました。時間にしたら20分位だったかと思うが、彼が座禅をしていた周りの雪を溶かしてしまう程のエネルギーを体全身で味わい、まるで彼自身が熱湯そのものになったような感覚だった。その瞬間、彼は全てを知った。全ては繋がっているということを・・・・

今のチベットのラサの近くのラマ僧。彼は生まれてから人生について考え始め、様々な死別を垣間見る体験を通し、人間の生死について熟考する青年時代を過ごし、熱心な修行僧として、日々修行や瞑想を繰り返す日々を過ごしてきた。ラマ僧としての位も登り始め、彼の元には多くの僧や人々が訪れ彼の話を聞くようになっていった。若い頃の修行の日々から、人々に伝えるという役割を担う時間が多くなってきます。ちなみに、彼は純粋な意図「生と死を知ることから、自分を知る」というものを見付けていたため、彼の元に訪れる人々の中からも答えを見付けたいという想いがあったようで、相手と自分自身と対等に見ており、決して傲慢にはならなかった。純粋に自分自身の体験を表現として伝えていた。

50代の後半に近づいても彼は生きることと死ぬことへの答えを知りたいという飽くなき探求が続く一方で、ますます多くの人々が彼の元を訪れ、彼の時間は個人の時間から集合的な団体のための時間へと移行していくようでした。彼は自分の役目だと感じ、ためらいなく人々に自分の体験をシェアし続けました。ただ、自分が想うことを伝えるだけで、その人を変えようとは思っていません。ただ、ためらいなくシェアしている感じです。

しかし、彼は一環して自分の意図を貫きました。60代の後半になると、彼は今の役割を終えたような感覚を味わいます。ちょうど彼の立場も世代交代のようで、彼の役割は別の人へと彼の意思で引き継がれます。そして、彼は再び若い頃のような瞑想の日々が始まります。

ある冬の雪が降る朝に、彼は日課にもなっていた瞑想に入ります。深い瞑想状態になります。その瞬間、彼は自分を呼んでいるような声を聴きます。今まで聴いたことが無いような音の響きですが、「知っている」という感覚があります。「○○ちゃん」・・・目を覚ますと、ベッドに寝ている自分に気付き、近くに自分を呼んでいる女性がいます。瞬時に彼は自分の母親だと気付きます。しかし、まだ体が成長していないせいもあって、体が自由に動きません。

不思議な感覚。この瞬間、彼は日本で赤ちゃんとして生きている事に気付きます。その後、彼はそのまま女の子として成長し、すっかりとこの世界での生活が始まり、この時間軸での自分にフォーカスしておりチベットについては忘れています。大きくなると教育大学を出て、小学校の教師としての人生を歩みます。それと同時に、この世界の仕組みについての探求も始まり、瞑想や呼吸法などを日課として続けています。子供達との交流や教師として教えるということに彼女は誇りを持ち、自分自身の生き甲斐を十分に実感しています。

50代前半頃彼女は眠りに付き、夢を見始めます。彼女は様々な夢を今までも見てきましたが、今見ている夢は単なる光だったり幾何学だったり、ストーリー性が全くありません。単なる形だけの夢・・・というより、自分自身が見ている形の一部のような感覚です。そして、目覚めると彼女は「彼」に戻ります。たった20分の瞑想で別の時代の50年分の体験をしてきました。

彼はこの瞬間、生と死の繋がり。つまりは、生も死も存在せず、全てが繋がっているのが人生であるということを体感して知ったのです。彼の継続した探究心や様々な体験を人々とシェアしてきたことが、自ら答えを導き出しました。

————————————————————————–

文章としてタイムラインの繋がりを表現するのが難しく駄文になってしまいましたが、この方の人間体験から見える事は、まさに継続は力なりというような言葉でしょう。探求を続けていれば、自ずと答えは導かれるものです。また、時間とは上記のストーリーのように実はあって無いようなもの。人生とは一瞬だという言葉もありますが、大きな視点から見るとまさにその通りでしょう。自分の意図を継続させることができれば、必ず「知る」事ができるものです。

また、夢とタイムラインの繋がりも考えさせられます。実は寝ている時、私たちはある種の「死」を体験しています。朝目覚める場所は私たちの本質のガイドラインによって変化します。あなたは今も実は夢を見ています。そして、様々な世界で目覚めています。同じこのタイムラインで目覚める場合、このタイムラインで何かまだイベントが残っている証です。貴重でワクワクとしたイベントが待っています。それを体験し尽くしたら、あなたはどこで目覚めるのでしょうか?

上記のような体験を自分自身で味わい自分とは誰であるか?を知るためにアカシックレコードへの意識的なアクセスは役立ちます。次回は3月に仙台と東京で行います。

2Daysワークショップ「はじめてのアカシックレコード」 in 仙台
日程:3月17日(土)18日(日)
時間:10時~17時
料金:48,000円(税込)
会場:青葉区榴ヶ岡市民センター和室(宮城県仙台市)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1203.php
2Daysワークショップ「はじめてのアカシックレコード」 in 東京
日程:3月31日(土)4月1日(日)
時間:両日とも11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic1204.php
The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - アカシックレコード, 夢・OBE, 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

恐れはパワフルに私たちの想いを増幅させる

ビクビクすることや怖いと感じることに対して、過敏に反応したり戦ったりすることで、更に対象となるものに力を与えることになります。   例えば、寺院にある仁王像などちょっと怖い顔をしている仏像。 …

豊かさのゲートウェイはどんな状況でも意識的に個性を表現すること

私たちを豊かにしてくれるもの。それは一人一人が生まれながらに持っている個性、創造力です。   それはお金で買えないものですし、誰もがいつでも発揮、表現できるもの。唯一無二のオリジナルのエッセ …

no image
ペルーリマ上空のUFO

ペルー上空に現れた群れをなすUFOの映像です。いろいろなミステリーが解明されつつある時代になってきたなぁと感じます。これも人々の集合意識の許可が起こした現象じゃないかなと思います。スペイン語ですが。 …

no image
夢のフィーリング

私たちが寝ている間に見る夢。夢の内容というものは、私たちがどれだけのストレスやブロック、思考パターン、行動パターン、葛藤などに支配されているかによって変化していきます。前提として、夢とはニュートラルで …

Balancing

母なる地球と父なる宇宙。女性性と男性性。マイナスとプラス。ネガティブとポジティブ。陰と陽。善と悪。 様々な2極の概念がありますが、その片側には答えはありません。例えば、世の中はポジティブが善で、ネガテ …

自分を知るための感情

私たちは体を使って日々の日常を体験しています。皆がそれぞれのペースとアプローチで人生を進めていますが、私たちは「完全に己を知る」という旅をしています。 日々味わう感情・フィーリング。悲しみや喜び、不安 …

no image
痛みの魅力

外食となるとエスニック料理になる傾向があります。オフィスの床工事が明日から入るため、オフィス内の荷物を移動するという大仕事があり、友人や税理士先生のヘルプがあり何とか終わり、その後はお疲れ様ということ …

no image
イメチェンの意図

自分の他のモード(意識、隠れた能力等)を発見したり知るためにはイメージチェンジが効果ありです。外見を変えることで、内面の何かが共鳴します。もしくは、内面の何かが外見に共鳴するとも言うことができますね。 …

no image
瞑想のススメ

瞑想と聞くとちょっと宗教的な概念で嫌悪を感じたり、難しそうだと想ったり、日常で実行するのは困難だと感じる人も少なからずいると思います。という僕もそうでした。僕は高校や大学時代はバリバリの科学派で、物事 …

no image
Spread Joy

この世界に自らの意思で私たちは来る事を始まりの瞬間から選んでいます。選ぶというか、そこには衝動があり、それにより突き動かされ、ここに存在しているという表現が合っているかもしれませんね。 この世界に自分 …