ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

インドでの出来事の後に・・・【パートナーと繋がる】

   

インド南部のチェンナイに近い街。別々の貴族の子供として生まれた女の子のラクシュミと男の子のシュリーが暮らしていました。

幼馴染として育ち、家族通しが密接に親しい間柄だったこともあり、いつも一緒に幼少期を過ごし仲良く遊んでいました。

思春期を迎えて、お互いに心が惹かれ合うようになります。しかし、シュリーは彼女に気持ちを伝えられません。伝えなくても分かるだろうという期待と不安が入り混じっているようなそんな気持ち。
ラクシュミも実は同じ気持ちでいましたが、家族の権力や他の家族との関係性についても知り始めていました。
インドでは政略結婚が主流。恋愛で結婚ということは非常に稀な時代。決して、家族間で争いがあった訳ではなかったのですが、ラクシュミの家族は他の親戚との繋がりを付けて家族の結びつきをもっと強くしたいと思っていたようです。

そして、ラクシュミが16か17位になった時、彼女の家にお迎えがやってきます。たくさんの像や馬車を引き連れた大きなお迎え。
彼女は別の家族の長男の元へと嫁いでいきます。
シュリーはラクシュミが嫁いでいく話をもちろん事前に知っていたのですが、家族間の結びつきや政治について理解をしていたため納得せざるを得ない状況でした。

ラクシュミを見送る時、シュリーはその光景を見詰めるしかできませんでした。。。お互いに気持ちを心の隅に残して生きていくことを決めていました。

・・・と、その時、突然、闇討ちのようなイメージですが、別の家族グループが攻撃をしてきます。どうやら権力間の争いに巻き込まれ、ラクシュミとシュリーの家族は襲撃にあってしまったようです。
怒涛のような悲鳴や叫び声、勇ましい争いの中、ラクシュミは槍のような鋭い武器で刺されて殺されてしまいます。
争いに巻き込まれたシュリーも胸を切られたのが切欠で命を落としてしまいます。結婚に関して裏で取引があったようで、それを妬んだ者たち(他の家族グループ)が引き起こした事件でした。

それから、約700年後の日本。二人の魂は日本に転生していて、2004年に二人は東京で再会を果たします。
それまでの二人には様々なブロックや感情的な抑圧を持っていましたが、再会を切欠にそれぞれが自分のペースでそれらに立ち向かいリリースをしました。
あの時のバランスを取るために、また豊かな関係性を作るために、二人はその5年後に交際しはじめ、結婚をしました。争いの無いバランスの取れ喜びに溢れた家族を築くために。

——————————————————————————-

結婚には様々な関係性があるものです。全てが他のタイムラインからの関係性という訳ではありませんが、上記のようなドラマチックな展開もあります。
いずれにしても、私たちは同じ事を繰り返し行うパターンがあり、それが人間関係にも投影されがちです。
過去こうだったからまた同じ事を繰り返そうという関係性も。

もし上記のような関係性があった場合、同じ事を繰り返して、何らかの争いに巻き込まれたり、自分の気持ちを塞いで妥協する事も可能ですが、
自分の中の古いパターンや反応をリリースし、本来の繋がり、本来の人間関係の真の意図をすることができれば、私たちは意識を拡大して、深い繋がりを体験することができます。

まずは自分自身のバランスを取り戻すことからスタートです。そうすることで、自分自身と同じペースのパートナーと自然と繋がっていくでしょう。

イブニングワークショップ「マントラナイト」
マントラとは音です。音を使ってリラックス&エナジャイズ!自分自身のビジョンを現実化させましょう。
日程:3月8日(木)
時間:19時~21時
料金:3,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening124.html
The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - アカシックレコード, 恋愛・パートナーシップ, 意識・心・気付き , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
バーチャルリアリティ

この世界はバーチャルリアリティー(仮想空間)な世界だと個人的な体験から感じています。 例えるなら、テーマパーク等にあるバーチャルリアリティを映し出す装置や3Dのマシン。それは、どんな体験でも始めに自由 …

no image
「疑い」から「質問」へ

「疑う事」がエネルギーの流れを止めるのに一番早い方法です。パフォーマンス不安や集中力の欠如にも関わるけど、「自分はちゃんとできているのだろうか?」という疑いや不安。これが、自分の進む方向にストップを掛 …

no image
パフォーマンス不安

パフォーマンス不安とは「ちゃんとできるかな」とか「問題なくできているかな」等と何かを行う前や最中に考えてしまう事を指す言葉。その度合いは個人差はありますが、パフォーマンス不安には葛藤、セルフジャッジメ …

no image
2009年のスタート

2009年が始まりました。あるポイントに向かって、年々自分の内側に隠されていた想念が顕在化してきているように感じています。この意味で、今年もどんなことであれ自分自身の事はもちろん、外側も自分自身とリン …

no image
コンピュータ言語的な世界

目の前にいる人は本当に他者でしょうか?他人と言えるでしょうか? 自分と他者との境界線はどこにあるのでしょうか? もし今いる部屋や空間に誰もいなければ、他者がいる事を認識できるでしょうか? 目を瞑ったり …

no image
ワールドブルーチャンネルVol.6「2011年の予感+お葉書コーナー」

2011年初のワールドブルーチャンネル。今回で第6回目になります。今回は2011年の私たちの意識に関わるアカシックレコードからの情報と、恒例になっていて何気なく好評を頂いています「おはがきコーナー」を …

偏見の無い意図

私たちの想いはどんな形であれ現実に投影されています。目の前に表れている現実は、私たちの意図の結果です。 自分の意図と結果が一致していれば満足しますが、ずれていると不満な状態になります。でも、満足しよう …

no image
Q&A 意図について

今回は意図に関してご質問を頂いたので、その回答を掲載したいと思います。参考にしてみてください。 Q. 意図を明確にするのが苦手で、自分の意図したことが本当に結果になっているのか自信がありません。どの瞬 …

時間旅行

私たちは時間というツールに基づいて日々生活しています。時間とはとても便利で大切なもので、時間があるからこそ旅が出来たり、人とコミュニケーションを通して同じ場所で会うことができたり、様々なアート作品を作 …

ダンスのように

久しぶりにヒップホップのダンスクラスに参加してきました。昨年末からバタバタしていてなかなか参加できなくようやく参加。やっぱりダンスは楽しいですね。音に合わせて無心にリズムをとるだけで、心が無の状態。様 …