夢で柔軟性

夢の中では私たちは何でも体験することができます。夢から私たちは様々な情報を整理したり、自分のビジョンを明確にしたりするのに役立ちます。

しかし、夢を無意識に見てしまうと、日常生活の延長線上となって夢が日常的な内容に、つまりは日常にストレスがあると、夢の中もストレスになる傾向があります。そして、その循環で朝目覚めたときも、夢の延長線上で日常もストレスになってきます。その逆に夢が明晰になれば、日常も明晰になってくるし、日常が明晰になれば、夢も明晰になってきます。

夢を明晰になると日常での柔軟性を養う事ができます。夢が明晰になったら、一粒の雨として体験したら日常がどうなるでしょうか?
もし日常的に人見知りだったり人と会うのが苦手だったら、夢の中で社交的になったら日常はどうなってくるでしょうか?

寝る前にリラックスして、意図して夢の中で夢に気付こうとする気持ちからスタート。夢が明晰になったら、飛行機を用意してどこかへ出掛けずに、瞬間移動をしてみましょう。もし、何かから追いかけられたら、自分の体をすごーく大きくして、逆に追いかけてみたら?

柔軟性を得ることができれば、様々な想像力を豊かに使う事ができます。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください