Gate Gate Paragate Parasamgate Bodhi Svaha

20日の春分の日は仙台にて「春分の日の祈りの集い」を開催しましたが、その中でハートスートラをみんなで唱えました。ハートスートラは

Gate Gate Paragate Parasamgate Bodhi Svaha

というサンスクリット語のマントラ。日本でも有名な般若心経の最後の一説。般若心経のメインのオチの部分でもあり、最もパワフルな部分でもあります。

僕の臨死体験的な体験ではまさにこのハートスートラな体験をしました。Gate(ガーテー)とは、英語で言うとGoneになります。日本語だと、「行った」という解釈になりますが、個人的な体験としては
過去も現在も未来も「行っている(行った、行く」という状態。つまり、過去も今も未来に渡って永遠と「行っている」というような状態と解釈しています。時間の無い領域へ行っている状態です。

ParagateのParaはBeyond。 つまりは、「あちら側へ行った」「今の領域を越えて行った」というような意味合いになります。
Parasamgateと、上記にSamという音が入ると「一緒に」というニュアンスが入ります。つまりは、「あちら側へ一緒に行っているよ」というような意味合いです。

Bodhiは、「情報・叡智・知っている状態」を意味しています。Svahaは感嘆の言葉。「あー」とか「そうだったのか」とか「なるほど」というような言葉に置き換えられるように感じています。

『行ったよ(行っている)、行ったよ、あちら側へ行ったよ、一緒に行ったよ。そしたら、知っている状態になって、「あー、そうだったのかぁ」と気付いたよ。』

全体の個人的な解釈としては上記のような感じで捉えています。特に「一緒に行った」という点がキーだと感じています。

僕の体験では、今の領域から「向こう側」へ行った際に、それまで一人かと思っていたんですが、そうではなかったんです。今まで出会った事がある人々もこれから会う人々も、姿が現実では見えない存在達も全てが自分自身に気付いていました。
決して孤独ではなく、「みんな」と一緒でした。そして、全てが分かっている状態でした。

この時に気付いた事は、Bodhi「知っている状態」にどのようになっていくのかということを体験したいという事です。それを体験することを止めて、あちら側に行ってもすぐにこちらに戻りたいという気持ちになります。
なぜならば、知っているという状態にどのようになっていくのかというプロセスを体験したいという意図があるからです。なので、あちら側に例えば強制的に行ったとしても、また戻りたくなります。
今の世界でBodhi(知っている事や叡智)という状態になっていくことを観察しながら生きていく事。それが人生のキーだと感じています。

ハートスートラというマントラに「ハート」という言葉が付いている点もポイントです。ハートは包み込む意図があるエネルギーセンター。あちら側もこちら側のバランスを取るという意図ですね。

と個人的な解釈を書きましたが、解釈は人によって様々です。結局マントラの大切なところは音の響きです。このマントラの音にはバランスの意図が込められています。
このマントラの音と共鳴することで、バランスが取れますし、例えば急に他界された方が迷わずに次のステップにスムーズに移行するような意図で唱え祈ることにも有効だと感じています。

音って本当にパワフルです。下記は昨年の3月に行った祈りのマントラで唱えたハートスートラを使ったサウンドになります。参考までに聞いてみてくださいね。

[dewplayer:http://www.enjoy-now.com/wp-content/uploads/2011/04/HeartSutra331.mp3]

 


ワークショップのご案内

2018/9/1(日) アクティブアカシックレコードリーディング
~アカシックレコードを活用してビジョンを現実化させる
シャーマニズムの視点からアカシックレコードを活用してビジョンを豊かに現実化させるためのワークショップ。よりよい人生を創造するための情報をアカシックで知ります。

ウェビナー

体外離脱オンライントレーニング
~人生が何倍にも楽しくなる♪
8つのシンプルなテクニックで体外離脱を行うためのオンラインライブトレーニング
体外離脱ウェビナートレーニングでは、意識的な体外離脱を目指すためのコースです。私達は毎晩体外離脱(OBE【Out of Body Experience】)・幽体離脱(Astral Projection)を体験しています。その間、ここの世界の概念や制限を越えて、様々な別の領域へと私達は意識を拡大しています。 このコースは、長年のトミの個人的な体験や実践を元に、体外離脱への旅をテーマに、体外離脱の概念やメカニズム、体外離脱の体質作りや、日常に応用できる体外離脱のためのテクニックをご紹介し、体外離脱を体験するためのトレーニングです。
シャーマニックジャーニーオンライン受講
~シャーマニズムの概念、体験談、実践までをトータルにご説明。無料セミナー
シャーマニックジャーニーでは、シャーマニズムについてや、私や体験者が体験した創造の源の体験や、その視点から見るこの世界のシステムをお話させていただきます。また、この体験を最終ポイントとしているスクール「アウェイクニングプログラム~創造の源への旅」の内容についてもお話させていただきます。
心を躍らせる意識の3層の使い方
~シャーマニズムの世界から分かる意識の3つの層。心を躍らせる意識の使い方を解説!無料セミナー
シャーマニズムの世界から分かる意識の3つの層。今を動かしている意識を知り、今をワクワク生きるためのウェビナー。今この瞬間に実在している現実は何が見せているのでしょうか。意識の3つの層を理解すると、今が分かります。ワクワク生きる秘訣をお伝えします。

アウェイニングプログラム7期2018年8月25日スタート

シャーマニズムに基づき、約半年で準備を行い海外にてシャーマニックリチュアルを体験し、森羅万象が始まる瞬間である「創造の源」や多次元的な世界を体感し完全に腑に落とすためのクイックプログラム「アウェイクニングプログラム」の第7期は2018年8月25日にスタートを予定しております。本当の自分の正体を知りたい方、この世界の仕組みを腑に落としたい方、そろそろ能力の人生から「どう生きるか?」の人生にしたい方、自分探しの旅をそろそろ止めて本当の人生を生きたい方のご参加お待ちしています。通学、セミ通信、自己認識のみに特化したセルフディスカバリーコースの3コースご用意しております。

第7期(予定):2018年8月25日〜2019年5月11日(海外リトリート 4/12~)
詳細:http://www.awakening-program.com

アウェイクニングプログラム

動画コーナー

アウェイクニングプログラム

ワールドブルーアウェイクニングプログラムに関する動画です。参加メンバーのシャーマニックリチュアル体験談やプログラムガイダンス等の動画を紹介しています。

ワールドブルーチャンネル

ワールドブルーチャンネルは毎回様々なロケーションやテーマでワールドブルーのトミーやエリーがお送りするシュールな動画ニュースです。 毎回お馴染みのお葉書コーナーもあります。

ワールドブルー公式ライン

ワールドブルーのLINEアカウントでは、トミーによる「ワクワクする人生をゲットするためのワンポイントトレーニング」動画を限定配信+オリジナルマンダラをお送りしております。下記のQRコードやバナーボタンからご登録ください。IDは@worldblueになります。登録時にも、オリジナルマンダラ待受画像をお送りしております。是非お友達になりませんか?ラインからもお問合わせや質問などお気軽に。 友だち追加数
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

メールマガジン

ENJOY NOWでは「ワクワクした人生をゲットするための情報」をテーマにしたメールマガジンを発行します。購読は無料。お気軽にご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください