ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

コンピュータ言語的な世界

   

目の前にいる人は本当に他者でしょうか?他人と言えるでしょうか?

自分と他者との境界線はどこにあるのでしょうか?

もし今いる部屋や空間に誰もいなければ、他者がいる事を認識できるでしょうか?

目を瞑ったり、瞑想をしている時はどうでしょうか?その時、他者がいると言えるでしょうか?

私達は成長の過程や文化を通して、他者という概念や時間・空間の共有を学び、それが当たり前のように捉えて生きてきています。それが事実として、当然の事として私達の人生に組み込まれています。

私達が五感や感情を使って認識している世界は実は概念の世界だったりします。

コンピュータの中の世界と同じで、画面に写真が映っていて「これは写真だ」という認識が学習した体験からできますが、それは実際は写真ではなくてコンピュータ言語で書かれた0と1だけの記号の集まりで、
実際に写真がある訳では無いです。

この世界は長年の集合意識によって作り上げられたリアルでありながら、蓋を開ければ抽象的な世界。
あるポイントまで私達はこのリアルな世界で行きながら、様々な事象を構成している要素、つまりはコンピュータプログラム言語の中に入っていきます。
その時、私は私でありながら、海の中の一滴のようで全てが融合した世界にいることに気付き、全ての概念が崩壊するでしょう。

そのためには、私達はいろんな人達と出会いながら生きる必要があります。その体験を通して私達は自分の正体に気付いていきます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
五感について

思い込みは人を困惑させてしまう、ということにハッとしました。ある仕事で打ち合わせにいきましたが、私は当然のように知っていることを相手に伝えましたが完璧に伝えることができませんでした。やはり相手の視点に …

no image
諦めるとは

本日は、翡翠のブレスレットを大量に作りました。近日中にミャンマー直輸入の翡翠コーナーがオープンしますのでお楽しみに。それと、チベットから直輸入のアクセサリーのサイトも準備中です。こちらもお楽しみに。 …

no image
自分のやり方で

世の中には様々な情報があります。例えば人生哲学、成功法則、自己啓発など。でも、それは他の人が書いたものであって、必ずしも全ての人に当てはまるとは限りません。このブログでも僕個人の感じた事を発信していま …

世界が見せている「私」の世界

今、目の前に表れている世界はリアルな世界として存在していますが、シャーマニズムの世界から見ると、例えるならば、バーチャルリアリティ的であり、ある種のプログラミングによって見せられている世界とも言えます …

動と静のバランスに響く自分の正体

自分らしさ、自分の本質を生きるためには動と静のバランスが大切です。   動というのは、運動をする、表現をするなどの体を動的に動かすこと。現実を生きるために必要なのが動です。 静とは、リラック …

3年B組金八先生シリーズ5

最近ふと気になり昔録画しておいた3年B組金八先生のシリーズ5を観ました。毎回金八先生は教育問題や社会問題を大きく取り上げていますが、第5シリーズは主に家庭についての問題も取り上げています。引きこもりの …

忍耐は辛いものではない!忍耐は遊ぶこと♪

忍耐と聞くと、ほしいものをガマンしたり、一生懸命に努力を重ねていくようなことをイメージする方が多いかもしれません。しかし、結論から言うと、忍耐とはそういうことじゃないんですね。   忍耐とは …

シンプルライフは遊び心から

私たちは自らが創り出した世界に暮らしていて、日々様々な出来事や事象を五感と感情、またそれを超えた第六感的な部分を使って観察しています。   様々な出来事は層のようになっていて、その層が厚けれ …

複雑からシンプルへ

この世の中には複雑な事や困難で入り組んだ事などがあります。そこに私たちはどっぷり浸ると、心配や不安、嫉妬や傲慢、苦労など自分自身の可能性を抑圧してしまう要素が生まれてきます。 しかし、どんな物事もよく …

砂漠の知恵

大野百合子さんのブログで紹介していたいだいた「砂漠の知恵」を早速読んでみました。この作品は古代エジプトの砂漠で生活していたキリスト教の師父母たちの言行録で、日本風な墨絵のイラストと共にメッセージが書か …