ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

コンピュータ言語的な世界

   

目の前にいる人は本当に他者でしょうか?他人と言えるでしょうか?

自分と他者との境界線はどこにあるのでしょうか?

もし今いる部屋や空間に誰もいなければ、他者がいる事を認識できるでしょうか?

目を瞑ったり、瞑想をしている時はどうでしょうか?その時、他者がいると言えるでしょうか?

私達は成長の過程や文化を通して、他者という概念や時間・空間の共有を学び、それが当たり前のように捉えて生きてきています。それが事実として、当然の事として私達の人生に組み込まれています。

私達が五感や感情を使って認識している世界は実は概念の世界だったりします。

コンピュータの中の世界と同じで、画面に写真が映っていて「これは写真だ」という認識が学習した体験からできますが、それは実際は写真ではなくてコンピュータ言語で書かれた0と1だけの記号の集まりで、
実際に写真がある訳では無いです。

この世界は長年の集合意識によって作り上げられたリアルでありながら、蓋を開ければ抽象的な世界。
あるポイントまで私達はこのリアルな世界で行きながら、様々な事象を構成している要素、つまりはコンピュータプログラム言語の中に入っていきます。
その時、私は私でありながら、海の中の一滴のようで全てが融合した世界にいることに気付き、全ての概念が崩壊するでしょう。

そのためには、私達はいろんな人達と出会いながら生きる必要があります。その体験を通して私達は自分の正体に気付いていきます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  関連記事

自分を知るための感情

私たちは体を使って日々の日常を体験しています。皆がそれぞれのペースとアプローチで人生を進めていますが、私たちは「完全に己を知る」という旅をしています。 日々味わう感情・フィーリング。悲しみや喜び、不安 …

no image
地球からのメッセージ

地震起きましたね。「そろそろ大きめの地震が東北近辺で発生するのでは?」と今月の11日頃突然感じました。昨日の雲がそのサインだったと思います。 地震で被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。 しか …

心からオネスティ

「心からオネスティ」 これは稲垣潤一さんのヒットソングです。オネスティとは英語Honestyで「誠実:正直」というような意味合いがあります。このことはとても大切なことだと強く感じたことが先週の金曜日に …

ゆだねるだけでは人生のビジョンは展開しない

自然にゆだねることが大切だという考え方があります。考えすぎるよりもゆだねることが大切だということは確かに一理ありますが、ゆだねるだけでは人生のビジョンは展開していきません。   ポイントは、 …

罠から目覚めてワクワクする秘訣

結局のところ、今この瞬間に目の前に表れている現象は、自分自身が体験したいという何らかの意図・意義があり、現実化しています。自分自身で描いた脚本通りに現実は展開しています。この意味で、今の自分を生きるこ …

嫌いな人や怖いと感じる人と向き合う時の処方箋

仕事上やプライベートで嫌な人や怖いと感じてしまう人と向かい合わなければならない時ってあると思います。 そもそもの前提ですが、「嫌な人」とか「怖い人」というのは存在せず、だれもが同じ人間です。そのような …

no image
アメリカから帰国しました。

アメリカの旅から帰ってきました。とてもスピリチュアルな旅でたくさんの気付きがありました。自然の美しさや人間が持つ可能性を堪能してきました。詳細はまた後日お伝えしたいと思いますが、地元の新聞に掲載されま …

no image
現実化の一歩手前で・・・

あともう少しってところで諦めてしまい、続けていれば望んでいた事が現実になっていたのにって事がよくあります。これは、どのような場面でも当てはまります。あともう少しでってところで、私達の反応として、それを …

no image
元に戻る力

私たちの本質的な部分は、常に新しい事、それは本来の輝きとも言うべきこの世界で「なりたい自分になろう」としています。 それはどんな時でも放射されていて、その部分と常に繋がっていれば傷つくことも無くワクワ …

no image
「矛」「盾」

矛盾・・・それは文字通り、矛と盾の話が語源となっている言葉ですね。 どんな矛さえも通さない最高の盾と、最高の矛(剣状の武器ですね)はどんな盾も貫く武器。この2つが出会った場合、そこには辻褄が合わない現 …