ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

映画のフィルム

   

私達は一人で生まれ、一人で死んでいく・・・という見方がありますが、私達はどんな時も一人にはなれません。

私達の本質には元々全てのモノ・イベントが含まれています。

この世界では、その全てが、それぞれ「個別」として認識できるようになり、それぞれの個がどのように形・色・音になってきたのかを知ることができます。

だから、「私」「あなた」「動物」「時間」「机」「パソコン」・・・等、様々に個別化してラベルを付けて認識できます。元々、そのように人を人として、モノをモノとして見せている種・源があり、本質は全てを観察・目撃しようとしています。
この意味で、「一人」にはなれないということです。元々全体だからです。全体の中には既に他者の種があります。

様々な事象やモノを個別に見せている種・源は言わば映画のフィルムのようなものですね。全てが用意されている場面をカット毎に映写して日々の生活を写しているようなイメージです。

そして、その全体の姿が映画という作品になる、つまり私達の大きな人生の作品です。その映画には今の人生だけではなく、他の全ての転生も含んだ壮大な人生映画です。

最初から終わりまで映画は完成しています。

もし映画を映している映写機に気付いたら人生はどうなるでしょうか。人生はシンプルであることが分かります。様々な問題と思っている事も問題ではなくなり、他者は他者ではなく全体になります。

生まれる瞬間・死ぬ瞬間の間、呼吸の呼気と吸気の中間点、深い瞑想状態、ワクワクする事を集中している時等に映写機の存在を垣間見る事ができます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

子供に戻ってクリエイティブ

クリエイティビティ(創造力)は誰しもが持っているもの。それをどのように発揮していくかは興味やライフスタイルで様々ですが、誰しもが小さい頃から持っています。 例えば、小さいお子様にペンを渡せば、誰のマネ …

偶然とは?

偶然とは「たまたま何の関係性も無いのに思いがけないことが起こること」で たまたま起こった出来事のことですよね。 この言葉はよく様々な場面で使われると思います。 「たまたま行ったレストランで昔の友人と会 …

no image
外からの評価VS心の望み

自分のやりたい事をやろうと思ったとき、最初にためらいが起こることがあるでしょう。例えば、「これは私には無理だ」「きっと失敗する」「誰かに批判されるかもしれない」などなど。そして、実際やってみても、途中 …

no image
「矛」「盾」

矛盾・・・それは文字通り、矛と盾の話が語源となっている言葉ですね。 どんな矛さえも通さない最高の盾と、最高の矛(剣状の武器ですね)はどんな盾も貫く武器。この2つが出会った場合、そこには辻褄が合わない現 …

阿吽の呼吸

空間に存在している物体や環境・状況など私たちの心の在りようで見えてくるものが変わってきます。 不安な心でいると、認識される世界は不安な世界になるし、明るい心でいると世界は明るく認識されてきます。どんな …

no image
暗号化と複合化

私たちの住む世界。それは夢の世界も含めて、全て認識している時空間には何らかの情報があります。それは、いつでも利用可能であって、無意識的にも意識的にも日々その情報を私たちは使っています。 ふとしたヒラメ …

no image
あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。いよいよ2010年になりましたね。 今年はどんな年になるでしょうか。 今年はますます今までインプットしてきた体験がアウトプットしてくる時になるのではないかと感じています …

no image
現実化と内側を見る事

※最近ブログをお読みいただいた方から文章がドライだし、分かり難いとのご指摘がありました。もちろん僕が書く文章の癖というか質ではありますが、自分の話す際のキャラと異なる面もあるので、これからは「新しい事 …

内側に隠してある抑圧をリリースすると人は自然になる

私たちは幼少期からの過去の記憶で様々な行動パターンや思考パターン、つまりは生きるための術を身に着けます。今、目の前に起こっている大抵の問題や不安は、そこからやってきています。   その思考パ …

no image
隠されていること

本当の出来事を知ることはとても難しいものです。特に歴史について。学校で日本史や世界史を学んだり、歴史に関するテレビを見たり、本を読んだりしても、それはあくまでも紙やメディアを通した記録に過ぎず、それが …