ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

プリン

   

プリンを分解すれば、牛乳と卵に分けられます。しかし、プリンとして成り立たせるためには、その二つが見事に融合していないと美味しいプリンにはなりません。

美味しいプリンは牛乳と卵の絶妙なバランスが大切でしょう。

私たち人間も同じです。私たちは様々なものを分離して考えて、自らバランスを崩して傷付いてしまうということがよく起こります。

「あの人がこうだから、私はこうなんだ」というような他者との比較や、「あの時こうだったから、きっとこうなる」というような時間との比較。

また、スピリチュアルを探求されている場合も、スピリチュアリティとリアリティを分離してしまうケースもあります。

しかし、私たちはそもそも分離できない存在です。様々な融合を繰り返しオリジナルの存在となっていき、最終的には「全て」と融合していきます。

「私」という存在は全体の一部でもありながら、「私」の中にも全体が統合されています。プリンは分解したらプリンではなくなります。

私と他者、私と地球、私と社会・文化・・・一見分離をして見える全ての中に必ずバランスが存在しています。そのバランスを見付けることができれば、唯一無二の見事なプリンが完成します(^.^)

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
暗号化と複合化

私たちの住む世界。それは夢の世界も含めて、全て認識している時空間には何らかの情報があります。それは、いつでも利用可能であって、無意識的にも意識的にも日々その情報を私たちは使っています。 ふとしたヒラメ …

no image
あくびのように

あくびが伝染するってことよくありますよね。それは人間の心理的な繋がり、つまりは共感能力の一つだと言われています。無意識に他人との繋がりを求める現象のようです。 あくびで説明できるように、私たちは肉体的 …

no image
雲の動き・・・

雲の動き、つまり地震を最近気にしている方が増えているようです。心配するエネルギーは心配しか生み出しません。確かに地震はいわゆる自然のサイクルと言うこともできますが、想念という概念によって操作することが …

no image
矛盾なく進む道

なぜ自分は地球に生まれてきたのか? この疑問は生きている根本にあるようなものだと思います。その答えのベースは実はシンプルで、知ってしまうと「な~んだ」というもの。 でもその答えを知るだけではなくて、そ …

no image
いつもと違う事を

自分の中に眠っている力を目覚めさせたり、日常のマンネリ化した状態から脱したり、自分が目指している夢や現実を求めるのであれば、いつもとは違う事(反応)をする必要があります。今までなかなか上手く行かないこ …

no image
期待と意図

期待とは私達の意識に枠組を作るような作業になります。期待とはほとんどの場合、過去との比較、他者との比較から生み出されるもので、私たちの中に「こうあるべき」というような正しくあろうとすることを強化します …

情報に振り回されず自由に生きる

この世界には様々な情報が存在しています。毎度お馴染みのフレーズですが、現代は情報社会。多種多様な情報が簡単に入手できるようになりました。そして、真実を表す情報だけではなく、嘘・偽りの情報も多く出回って …

no image
情報のある不安な生き方

世の中の情報が日々増えてきています。情報が社会の意識に影響を与えているとも言えるでしょう。情報は情報であって、「正しい」か「間違っている」かは関係なく、いかに活用するかがキーだと感じています。 世界を …

no image
方言

日常で当然のように使っている言葉が実は方言だったと判明することがあります。つまり、信州松本を離れてから通じていなかった言葉が結構あったということですよね。同じ日本語という言語を使っていても、通じない事 …

現実のスイッチ

今見ている世界は、それがどんな世界として認識していても、私たちが持っている信念や価値観が作り出していると言う事ができます。 簡単に言えば、「何を信じているか?」「どこに価値を置いているか?」ということ …