ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

Q&A Vol.1

   

今回のブログはドルフィンマインドのアンケートやワークショップ等でお客様から頂いたご質問の回答です。参考にしてみてください。

Q1. あまり夢を見ていないのか覚えていません。何か夢をクリアに見る方法があれば教えてください。

夢は誰しもが見ているものです。しかし、朝目覚め、この現実に体がフォーカスした瞬間に、忘れてしまったり、何も見ていなかったというような感覚になります。

夢をクリアにするコツとして、ワークの中で少しお話させていただきましたが夢日記をつける事が効果的です。たとえ、何も覚えていなくても、ただ観察として覚えていなかった旨を書いておきます。何か夢のフィーリングが残っていれば「なんか○○な感じの夢をみていたかもしれない」というように記載しておくとよいでしょう。

そして、寝る前にも今日の一日を夢として捉えてメモ程度でもかまいませんので、日記として記録してみます。これを習慣にすると、意識が夢の領域にフォーカスし始めるので、夢を見ることが意識に入り、夢を見始めることがよくあります。朝、起きるときも目覚めたら
体を少し動かさずに、そのままで夢を見ていたかどうかを探ってみるとよいです。

また、どんな夢を見たいのかを寝る前にリラックスして意図(心の中で見たい夢を宣言)してもよいと思います。
例えば・・
「私はこれから夢の中で○○へ行きます」とか
「私は朝目覚めたときに明晰に夢を覚えています」などです。

夢については、僕のツイッターでよくつぶやいていますので、参考にしていただければと思います。
https://twitter.com/#!/KazuhiroTomi

https://twitter.com/#!/DanceInDream

このブログでも記事を書いていますので、よかったら読んでみてくださいね。
http://www.enjoy-now.com/category/dream

Q2. 純粋な楽しさだけが必要でしょうか?例えば、歌を習っていて、歌うのは楽しいけど、発表会ではきちんとできるか心配がある・・・というのは違いますか?
※ドルフィンマインドVol.2のアンケートで質問いただきましたがお名前のご記入が無かったためこちらで回答させていただきました。

一つの出来事において、二つの相反する反応がある場合、そこには何らかの葛藤があります。例に出していただいた事もそうですし、「あの人の優しさは好きだけども、お酒を飲むのが嫌いだ」等も。
発表会等でうまくできるかどうか?という不安や心配はよくあるものだと思います。ちゃんとできるか?失敗するんじゃないか?緊張してうまく声が出なくなるんじゃないか?等の不安など・・・よくパフォーマンス不安と呼ばれるものですね。

「楽しさ」や「喜び」、そして「悲しみ」「つらさ」「不安」など、どれが必要でどれが不要かということは人それぞれの体験で異なるでしょう。人の中には悲しみを深く体験したいという人もいますし、辛い事が人生だというように捉えている人もいます。その価値観や信念は他者から無理やり変えさせることはできません。その人の人生の反応だからです。この意味で、純粋な楽しさだけが人生には必要だとは言えません。

しかし、どんな状況であれ、どんな反応をするかということは自由です。楽しく反応することもできますし、不安として反応することもできます。他者が悲しんでいた場合、その人に合わせる必要は本来はありません。その反応が他者を傷つけたり操作したりしていなければ、どんな反応をしようと自由です。

歌の例に戻りますと、「歌うのが楽しい」という気持ちがあれば、発表会であろうが練習であろうが「歌を楽しむ」という反応はできると思います。純粋に歌を歌って楽しめばOKです。しかし、そこにパフォーマンス不安や「他者から認められたい」という気持ちがある場合は、純粋に歌を楽しめなくなるかもしれませんね。まずは歌を楽しむという視点で歌を歌い続けて、歌=「私」というように、歌そのものが「私」という存在の一部に包み込む感じで歌えるようになれば、発表会でも心配は無くなって来ます。そのためにはやはり練習や工夫が必要になりますね。自分を信頼すること、自分で自分の道を認める事が、結局は「純粋な楽しさ」へと繋がっていくように感じています。僕が提案しているドルフィンマインドは、どんな状況でもイルカのような遊び心で反応をしていくことです。このドルフィンマインドでは、確かに悲しみや怒りや不安などはありますが、今までのように自分を傷つけたり裁いたりせず、単なる体験として体感することができるようになってきて、それを自分のビジョンに活かせるようになります。この意味で、全ての体験は純粋な体験になっていきます。

Q3. 「自分が欲しい物は全て入る」というのは分かりますが、例えばアフリカや東南アジアなど貧しい地域で生まれた人達もそれを望んでいるのでしょうか?

一言で回答すれば「はい」になります。私たちはどんな状況であれ、認識している体験や全て自分自身が望んでいる結果です。この意味で、例えば貧しい地域で生まれた人達も確かに世知辛い点はありますが、望んだ結果と言えます。大きな視点で観察すると、人間体験として「貧しさ」という体験も必要な場合もあり、貧しさを体験しに来ている魂存在もいます。

しかし、本当に心からそれを望んでいるのかと言えば、「いいえ」になるかもしれません。貧しい地域に生まれてしまった人だけではなく、どこに住んでいる人でも手に入れている現実は本当に心から望んでいることでは無いケースが多いものです。その原因は、家族・社会・文化・会社・団体などの、集合的な意識による影響です。つまり、多くの人が集まって団体・グループを形成した際に、ある種の考えや行動のパターンが形成され、そのパターンに属す事で、一定のパターンに従った思考したり行動したりするようになってしまいます。集合的に同じ結果を生み出すようなことになります。言葉を変えれば、集団で催眠に掛かっているようなイメージです。

なので、そのような集合意識によって操作を受け自動的に「環境がこうだから私が○○になるのは無理だ」「どうせ私はこれを受け取れない」というように妥協した人生を描いてしまい、それが様々な反応に現れ、結果として貧しさがやってきてしまうということがあります。これからの時代大切なのは、集合意識から離れて、自分自身のオリジナルの道を歩むことだと感じています。

貧しさに対して何らかの反対運動をしたりすることは、もちろん悪いことではありませんが、貧しさのパワーを増幅させていくことになります。これが自然の摂理です。僕は健やかさがキーだと感じています。まずは自分自身が健やかになり本来のビジョンで生きることができれば、自然と社会も自然の流れの中で広がっていることに気付きます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - Q&A, 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
集合の力

人が集まるところにはある種のハーモニクスがあり、集合的なエネルギー(集合意識)が作り出されます。家族、会社、地域、国等、大きい小さいは関係なく、人が集まるところにはグループの意図に沿ったダイナミクス( …

阿吽の呼吸

空間に存在している物体や環境・状況など私たちの心の在りようで見えてくるものが変わってきます。 不安な心でいると、認識される世界は不安な世界になるし、明るい心でいると世界は明るく認識されてきます。どんな …

本能的なメリットから本質的な衝動へ

周りから聞こえてくる色、香、音、味、感覚、そして感情の中には私たちが表れています。五感、感情は私たちそのものを表しています。   もし周りに不協和音が聞こえていたり、怖いと感じたり、不安を感 …

自分探しの時間から自分創造の時間へ

この世界には様々な「道」があります。それは、自分の答えを知るツール、教え、ルート、学問・・・など、自分の正体を知る瞬間へと導いている道です。   そして、その道というのは、この世界の概念を活 …

no image
鏡の法則の先にあるもの

「相手は鏡だ」という、いわゆる「鏡の法則」と呼ばれているものがあります。私たちが出会う人々は、私たちの心の状態、内面を投影しているというのが基本的な鏡の法則です。 例えば、「嫌だなぁ」とか「苦手だなぁ …

no image
シュールさの中に

僕はシュールな作品や映画、演劇が気に入ってほぼ毎日と言っていいほど見ているかもしれません。思いっきり笑えるものももちろんありますが、なんとなく心の中で残るものや何とも言えない驚きも与えられるようなそん …

no image
占いによる現実化の仕組み

占いは現在様々なメディア(テレビ、雑誌、インターネット等)で取り扱われており日常的な情報となっていますね。占いには様々なスタイルがあり、星座を活用する西洋占星術、インドではジョーティッシュというインド …

no image
ピンチ→チャンスへ

大きなチャンスの前には必ずそれと同等なピンチ的な出来事がやってくるもの。これは本当に面白い自然の流れです。この事を知っていれば、例えピンチ的な出来事が起こっても「チャンス」として捉えることができるよう …

no image
期待しないことを期待すると

以前書いたことの続きです。 期待しない事を期待すること。これが自分のビジョンや意識を拡大させるためのキーになりますが、ちょっと分かり難い概念なのでもう少し紐解いてみようと思います。 期待しない事とは、 …

写経とリモートビューイング

先日福岡に行った際に日本発の禅寺である聖福寺で写経をしてきました。写経は精神修行の一つの形式で、般若心経を一文字一文字ゆっくりと丁寧に書いていくことで、心がすっきりと晴れやかになったり、平穏になったり …