ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

Dolphin Eye

   

あなたの目に映っている世界は、あなたしか見ることができない世界です。目に映る景色は、私たちが日々想っている思考やフィーリングがフィルターになって映っています。例えるなら、映画館の映写機。
もっと言えば、視覚だけではなく、全ての五感が映写機です。

世の中が不安や恐れで溢れているという想いがあれば、その世界が見えてきます。世の中が奇跡や楽しさで溢れているという想いがあれば、その世界が映ってきます。

世の中のネガティブ、ポジティブは私たちの想いが映写して世界が映し出されています。

もし、フィルターを通さずに世界を見ることができたら、どうなるでしょうか?

もしフィルターを通さなければ、そこには音や色、光だけが見えてくるでしょう。それは、空間を構成している要素とも言えます。まだ何も偏見が入っていない純粋な意識とも呼ぶべき要素。
全ての始まりであり終わりでもある瞬間のエネルギー。それは、いつでも存在しています。明晰(めいせき)になればなるほど、思い出されてきます。

そこに至るために私たちは生きていると言えるように僕は感じています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - イルカ・ドルフィン, 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Shining Sun

私たちという存在は、永遠に輝く光とも言うべき本質が放射しています。その輝き・エネルギーは常に全てのタイムラインと一緒に旅をし、様々な形でこの現実に現れています。 例えば、感情。怒りだったり悲しみだった …

no image
イルカとの出会い

いつからイルカが好きになったんですか?とよく聞かれることがあります。 しかし、いつからなのかはっきりと覚えていないのが正直なところ。 気付いたころには、何故かイルカという存在が気になりだしていました。 …

no image
イマジネーションの力

イマジネーションとは直接的な意志の力です。 しかし、イマジネーションとは想像されたもの、つまりは作り上げられたものだと私達は教えられてきました。つまり、現実とは別物であるということを。 全てのモノは人 …

no image
破壊から創造へ

那須の友人宅にはもうすぐ2歳のアオちゃんがいます。先週末那須に行って、一緒に遊んだ時の話です。アオちゃんは積木で家を作っていました。出来た瞬間、すぐに壊しました。そして、再び作り始めました。この光景を …

地球人からユニティへ

ドバイ&アブダビの旅では、1週間程の滞在の中で様々な国の人との交流がありました。こんなに短期間にいろんな国の人と交流があったのは初めての体験でした。 参考まで聞いた範囲ですが、どんな国の人々との交流が …

no image
体を動かす大切さ

私達は2つの意識で構成されています。一つは一般的に「魂」と呼ばれている完全な意識。もう一つは「体」と呼ばれている進化している肉体の意識です。魂の意識はそれだけで完全。何も付け足す事はできないし、取り去 …

no image
自分探しの旅

旅をすることで本当の自分を見つめることができると強く感じています。先日もブログに書きましたが、魂意識は世界中、もっと言えば地球外のシステムを自分を体験するために旅をしています。魂意識と同じように、肉体 …

no image
記憶喪失の約束

記憶喪失には様々なレベルがあるようですが、一般的には自分の記憶が無く誰だか分からないという症状です。自分も含めて自分の周りの人全員が記憶喪失状態としたらどうでしょう。全員が記憶喪失だったら、自分が記憶 …

no image
境界線の向こう側

ブログの読者の方から次のような質問をいただいておりましたので、今日はその質問の回答です。 「境界線を保ちながら、一体感を感じること」はできるのでしょうか? 「他者と自分の境界線がない状態」の時に、他者 …

情報を明晰に受け取る力の必要性

ブログでよく書いておりますが、現代は情報社会ですね。インターネットはもちろん、スマホなど情報端末の普及もあり、日々情報量は増えてきています。様々な情報を活用できるので、いろいろなチャンスがあり自分の可 …