ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

DreamScape

   

私たちの意識の中には様々な地球以外のシステムの情報も含まれています。夢のレベルでその感覚を味わっていたり、実際に「何か」が空間に見えたり、感じたり。

しかし、私たちの旅は、今この地球にいて、様々な体験を体(五感・感情・フィーリング)を使って体感することに意義があります。生きていくことで、私たちは本質と繋がりを深めていきます。強制的に他のシステムを理解する必要性はありません。今のこの時空に私たちが存在していることを味わい体験していくことが大きなビジョンと言う事ができるように感じています。

私たちの本質は時間に縛られていません。なので、「いつでも」地球以外の情報は今こうしている時にもあると言う事ができますし、実は「他のシステム」という概念さえも幻想的であり夢の一部であるという事にも気付いて来ます。

概念を手放していくことで、シンプルに展開していくこの世界と意識が見えてくるように感じています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 夢・OBE, 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

遊び心の中に在る輝き

大人になると子供の頃のように遊ぶことを忘れてしまったり、遠慮したりためらったりしてしまう傾向があります。 一般常識や社会意識の中で、大人は働いて遊んではいけない、一生懸命努力して頑張らなければ幸せにな …

no image
妖精君との遭遇!?

寝正月の影響+夜の寒さのせいもあり、夜あまり眠れませんでした。そんな時、突然幽体離脱をする前や金縛り時に体験するような体の痺れが体に走りました。しかし、痺れがあるだけで、幽体離脱状態でも金縛りでもない …

眠れないときは死の体験と似ている

眠れない時ってありますよね?明日早く起きなきゃならないのに寝つけなくて、ますます眠れないということにハマってしまうという体験や、日中昼寝をしてしまってなかなか寝付けない。   眠れない時って …

節分で自然を感じる

今日2月3日は節分ですね。節分とは季節の分かれ目の節で、特に立春の前の日。   つまりは、暦の上では春ということで、カレンダー上ではなくて季節上の大晦日的な日ということですね。今日は東京はと …

多次元的な遊び場を作るために

今、体験している私たちの世界は、一部分な体験で、言わば体という意識と一緒に体験をしている世界で、どんな行動をするにも体が必要になります。もちろん、私たちの本質的な意識が体験を望んで体験している体験です …

no image
個人的に捉えることを手放す

イベントも終わりひと段落という感じでしたが、今度の日曜日19日は初の単独講演会になりました。今からドキドキしておりますが、素晴らしい機会でありますし、多くの学びになると感じておりますので、思いっきり楽 …

no image
何かが起こるかな?

最近、何か体や心に何かを感じたり、変な夢を見たりする人が僕の周りに多いような感じです。地球のどこかで何かが起こるような・・・何か感じている方おりますか? 例えば地震や火山など自然の動き・・・あまり人騒 …

ニュートラル

  私たちの世界、それは内側の世界にも、外側の世界にも、様々な概念が存在しています。 どんな概念であっても、その根源はニュートラルですが、他者や社会・文化等の集合的な意見・考え方との比較や、 …

自分にとっての天国は相手にとっての地獄

自分自身が望む事を、必ずしも相手が望んでいるとは限りません。よかれと思ったり、いろいろな情報を教えてあげたいという気持ちから、そこからコントロールの問題が生じることがよくあります。   「自 …

no image
鏡の法則の先にあるもの

「相手は鏡だ」という、いわゆる「鏡の法則」と呼ばれているものがあります。私たちが出会う人々は、私たちの心の状態、内面を投影しているというのが基本的な鏡の法則です。 例えば、「嫌だなぁ」とか「苦手だなぁ …