極端からバランスへ

今の大きなエネルギーの中、私たちの内面に存在している想いというものが浮上し、そして具現化・現実化しやすくなってきています。
それは、ずーっと望んできた事、やりたかった事でもあると同時に、ずっと抑圧してきたものだったり、今までの積み重ねてきたものが臨界点に達したものだったり、様々な形で現れてきています。

それらの想いは極端な形でこの世界に投影される傾向があります。例えば、自分の中で弱いと感じている部分だったり、怒りのエネルギーを抑圧していたとしたら、分かりやすい形でそのエネルギーが強調されて表現されます。
それは、隠してきたものがより強調された形で現れてくるようです。そうなると、他者をコントロールしてしまったり、自己中心的になってしまったり、傷つきやすくなったりしてしまうでしょう。

結局、抑圧していた感情というエネルギーが蓋だとしたら、その下には今まで活用してこなかった創造性(クリエイティビティ)があるサインです。なので、ある意味、自分を表現するためのチャンスだったりします。

自分の体に優しく、そして健やかに、創造性を表現していくことが大切です。一気にやろうとすると、極端になってしまう可能性があります。
体のケアをしたり、ゆっくりと瞑想をしたり、心身のバランスを保ちながら自分のペースで創造力を発揮していくことが今の時代のキーのように感じています。

イブニングワークショップ「クリスタライゼーション」
クリスタル・石達からサイコメトリーやスクライニングを通してクリスタルの中から情報やメッセージを受け取り、今をエンジョイするためのプレイショップです。

日程:7/27(金)
時間:19時~21時
料金:3,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening145.html

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください