ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

2012冬至を迎える

   

2012年の冬至が間もなくやってきます。今年の冬至は12月21日20:12です。いよいよ分離の時代よりだったのが、ユニティ(合一・統合)の時代へと入り、これから500年程掛けてユニティへと移行していきます。つまり、今年の冬至が移行の1000年の幅のピークに当たるということになります。この波は、500年前に起こったルネッサンスから始まっています。これからの時代、突然ユニティになるという訳ではなく、徐々に500年の時間を掛けて移行をしていきます。ちなみに、分離とは権力や争いをはじめとする主観と対象を完全に分離した考え方がベースの時代で、ユニティの時代とは、和と合一、主観と対象が消え融合した考え方がベースになる時代と言えます。努力をして頑張ってほしいモノを手に入れていく時代から、努力無く楽にほしいモノを手に入れていく時代になっていくとも言えるでしょう。

今までが分離よりだったことが、よりユニティよりで物事を捉えて時代が流れては行きますが、その反動として分離面も強調された形で表れてくるでしょう。抵抗のような形で表れたり、弱い面が極端な形になってきたり、誰かや社会を救いたいという気持ちや助けたいという気持ちも強調されてきてしまいます。つまり、内側で抱えていたブロックや先入観、生きていくための戦略、葛藤等の抵抗が現実に表れる傾向があるということです。恐怖や恐れで圧倒されてしまったり、過去の過ちや失敗、後悔が頭の中をループするという事もあり得ます。

冬至を迎え、2013年を自分の抵抗感、社会の抵抗感に巻き込まれずに進むために、自分が本当に心から体験したいビジョン(五感・感情)を明確にし、毎日の生活の中で少しでもよいので実践していくことがキーです。そして、穏やかに優しく、またどんな事が起ころうとも自分の気持ちを正直に表現することも大切ですね。先ほど書いたブロックや抵抗の話は、私たちの体の反応です。それが思考に表れてきます。この意味で、体を意識的に使うことも忘れずに。もし得体の知れない不安に襲われたり、壁があり途方にくれてしまっている場合、まずは体を意識的に使うことから始めてください。もしスピリチュアルな道に答えを求めすぎる傾向がある場合は特に。個人的な経験から、スピリチュアリティのみには答えはありませんし、リアリティのみにも答えはありません。答えは、その中間にあります。

穏やかさ、リラックス、一貫性、バランス、感謝・・・どんな事が起ころうとも、これらを意識化しておけば、これからの時代に自分のビジョンを簡単に、楽にこの世界で体感することができるようになると感じています。

12月13日(木)の新月の日に冬至と2013年を迎えるためのワークショップを行います。今年最後のイブニングワークショップになります。ご都合会いましたら、是非ご参加ください。

イブニングワークショップ「Shifting to 2013 – 2013年へのシフト」 in 東京
2012年の冬至を向かえ2013年へのシフトを迎えるために。2012年の締めくくりワークショップ。

日程:12月13日(木)
時間:19時~21時
料金:3,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening168.html

2Daysワークショップ「リモートビューイングワークショップ」 in 東京
バ イロケーションを体感し、意識を拡大すると共に、多次元的な自分を知ったり、思考パターンや葛藤のリリース、現実化などに役立つ体感型ワークショップで す。意識的なタイムトラベルを体感します。体外離脱や現実化に興味ある方にもおすすめのプログラムです。ゲリーボーネル氏と一緒に開発したゲリーボーネル ジャパン公認プログラム。

日程:12月15日(土)16日(日)
時間:11時~18時
料金:48,000円(税込)
会場:ワールドブルースタジオ(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/bilocation1212.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

態度が現実を創る

今見ている世界は、どんな状況であっても自分自身が意図して見たいと想い作り上げられた世界と言えます。もっと言えば、自分の意図が五感・感情として表現された世界です。 本当はこうなりたいと想っているはずなの …

One Vision

クィーンの代表曲に「One Vision」という曲があります。この歌詞は非常に的を得ていると感じています。 Visionという言葉には様々な意味があります。 「視力」「見通す力」「洞察力」「想像力」「 …

神田明神のイルカ

先日、東京での初詣で神田明神に行ってきました。神田明神はパワースポットで龍を象徴している神社のように感じていますが、なんとイルカが描かれている像を発見しました。 少彦名命(すくなひこなのみこと)と呼ば …

no image
Answer

ずっと探し求めていた答え。それを知った瞬間は府に落ちる感じや鳥肌が立つような感覚、そして「なるほど!」という快感を体感します。しかし、答えというものはずっと私達の本質的な部分に保存されていたもの。その …

no image
HERE, THERE and EVERYWHERE

どんな瞬間にも、自分が始まった瞬間が存在しています。始まりの瞬間は創造の瞬間で、それは喜びが放出された瞬間と言うことができると感じます。ちょっと複雑な言い回しになっちゃいましたが、全て目に見えているモ …

no image
現実化~忍耐から集中へ

この世界のシステムは「創造→維持→破壊」を繰り返しています。これは自然のサイクルで、この流れに任せることで自分が欲しいと望んでいるものや状況を入手できるものです。 そのために、古から様々な儀式や実践、 …

no image
英語の冠詞(a an the)から

日本人が英語を難しいと感じる要因の一つに冠詞があります。冠詞とはa an theで、簡単に説明すると名詞(モノの名前や名称など)に限定を与える語です。 僕も冠詞は苦手でいつも迷います。aが付くのかth …

言葉のキャンバス

この世界は全てに形があります。私たちが日々使っている「言葉」も形です。日々、些細な言葉であっても、何らかの形でこの世の中に姿を現します。この意味で、言葉はパワフルですね。 今この瞬間、目の前にある空間 …

第3の眼だけではアンバランスになる

スピリチュアルな世界や精神世界では霊性を高めたり、サイキック能力を活性化したり、明晰性を高めるために、第六チャクラの第3の眼を活性化することがポイントと言われています。僕自身もワークショップでは第3の …

no image
既に存在している

例えば、目の前に一枚の白い紙があるとします。これから、その紙に絵を描こうとしているところをイメージしてみてください。 頭の中では、何を描こうかと考えたり、構図を考えたり、「あの時、こうしたから今日はこ …