ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

期待と意図

   

期待とは私達の意識に枠組を作るような作業になります。期待とはほとんどの場合、過去との比較、他者との比較から生み出されるもので、私たちの中に「こうあるべき」というような正しくあろうとすることを強化します。

そうなると、人生の流れがブロックしているように感じたり、スムーズに進んでいることに気付かなかったり、チャンスをピンチとして捉えがちになっちゃいます。

期待なのか、それとも意図なのか。期待は比較、意図は本質の私から溢れるビジョン。意図が人生を楽にシンプルにし、期待は人生を複雑にします。

先人の言葉にある「期待しないことを期待する」一見、矛盾するような言葉ですが、この言葉の中に私達の旅を満たすキーがあるように感じています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
方言

日常で当然のように使っている言葉が実は方言だったと判明することがあります。つまり、信州松本を離れてから通じていなかった言葉が結構あったということですよね。同じ日本語という言語を使っていても、通じない事 …

いつも在る

この地上に溢れている全てのモノに何一つ無駄なモノは無く、いつでも必要なタイミングで私たちの存在を見せてくれています。 もし目の前に美しい花があるとするならば、その「美しさ」は私たちの存在を象徴していま …

no image
コズミックランデブー

こうしている間にも、時間がこの瞬間も経過しています。そして、空間も時速約1700キロで移動しています。 さっきの瞬間は人生では二度と体験できない体験。例え、目の前にあるモノが同じように見えていたとして …

火の鳥 太陽編

手塚治のライフワークとも呼べる大作「火の鳥」。火の鳥は、宇宙の私達を作った存在や、宇宙エネルギーを象徴する鳥として描かれており、火の鳥はヤマト編や宇宙・生命編など、様々なタイトルがあります。その中でも …

多次元的に生きる

多次元的に生きるという言葉があります。 僕のワークショップでもこの言葉も一つのキーワードとしていますが、多次元的に生きるとは簡単に言えば「ここだけが自分の全てではないビジョンを持って、今この瞬間を味わ …

no image
答えは今この瞬間に

私たちが今認識している日常・現実は一つの可能性の世界として存在しています。私たちの本質的なコアな部分が、大きな視点から見ると「今この瞬間」にとって必要なイベントを体感するために「今」という瞬間に私たち …

ボーダーラインを超えるゲートウェイ

娘っ子がやってきてから、妻のエリーはいろんな神秘的な体験が以前より増えてきているようです。例えば、起きながらにして別の時空にいるような明晰夢的な体験や、質問と答えが無いすべてが融合している世界に統合さ …

no image
21日間

21日という数字は意味深い数字です。21については様々な解説がありますが、統合すると「成熟」「完成」「目標の達成」という象徴のようです。3という「創造」「維持」「破壊」という自然のプロセスが7回。7は …

ジャッジメント

例えば、次のようなモノがあるとします。ピンクの部分が新品同様で花のような香りがすると思ってください。そして、茶色い部分は古くてなんか臭い香りがするとしましょう。 もしこれを裁く(ジャッジする)見方で言 …

血液型の話

皆さんは血液型診断を信じますか?先日、ある飲み会で血液型の話題になったので、ブログに書いてみたいと思います。 僕は大学時代、人の心理と血液型との関係性について調べていた時期があります。調べたところによ …