ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

心ためらわずに

   

ためらう気持ちが人生の流れをストップさせてしまいます。ためらいとは、過去との比較や他者との比較の中で生まれた自分自身に罰を与える行為と言う事ができるように感じます。

そのパターンが生きるための戦略となり、「どうせ自分は○○だから」とか「あの人は○○だから私は■■だ」というような概念を作り出し、本当にほしい物や状況などを得るのではなく、自分自身に傷を与える事、つまりは欲しくない物や状況を得る事を得ようとしたり、ほしいモノが手に入らなくても生きていく事ができるという証拠を外側に作ります。

ためらわずに生きるとは、我侭や傲慢になったり、大きな声を荒げたりするということではありません。ワガママは、相手の事を傷つけたり、コントロールしたりして、ほしい物を要求することですが、ためらわない事は自らの気持ちに正直になり、自分自身を認める事です。結果的に、自分を認めることができれば、相手も認めることができるものです。ちなみに、ワガママで思い出すのは、ベルギーのアントワープで見付けた日本料理屋の店名。海外の日本料理屋はインパクトがありますが、このレストランは我侭な感じはせず、ひっそりとしていました。もし本当にワガママだったら、「寿司を食え」と言わんばかりに無理やり自慢の寿司を渡してくるでしょう。。。

自分自身に正直に生きる事がためらわない生き方のファーストステップ。自分自身の興味やワクワクすることを自らの力で認めて、ただそれをできる範囲で行う事がためらわない人生、つまりはほしいものがいつでも手に入っている人生へと繋げてくれます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

壁は必ず乗り越えられる

私たちは意識的であろうと無かろうと、どんな状況であろうと、自分自身らしい道を歩んでいます。個人的に臨死体験をしたとき、全ての過去も未来も今という瞬間に繋がっていて、実はシンプルな世界だということに気付 …

フォーカスポイント

五感と感情(ビジョン)、そして五感を超えたところにある感性を使って日々私達は生活をしています。どんな状況であっても、そこには五感・感情がありますし、意識をすれば五感以上の感覚も使えるものです。 どこに …

加東和さん

昨日、加東和さんという龍・鳳凰の絵をメインに描くアーティストの個展に行きました。加東さんはライブペイントも行い、それはイキイキとした龍や鳳凰等の絵を描きます。その絵は生きています。見るだけで、クンダリ …

no image
ロズリン礼拝堂の音の暗号

先日イギリスのトーマスミッチェル氏(Thomas Mitchell)とその息子で作曲家・ピアニストのトーマススチュアート氏(Thomas Stuart)がスコットランドにあるロズリン礼拝堂の壁面に隠さ …

「波動がいい」vs「波動がわるい」

「いい波動」「わるい波動」という話があります。例えば、この場所は「波動がいい」とか「波動が悪い」という概念ですね。「いい波動」とは「元気になったり、パワーがあがり、楽しい気持ちになるエネルギー」で、「 …

no image
必ず現れる

数年前から続いている現象ですが、弊社と取引のある会社の担当者Kさんがいます。Kさんが会社に遊びに来る、もしくは連絡がある時はすぐに分かります。 そのタイミングは、 ・Kさんの商品の問い合わせがある時 …

過去を生きないために

久しぶりの更新になってしまいましたが、皆さんお元気ですか?僕はエリーの妊娠のケアも始まり、福岡ワークショップ&熊本リトリート等もあり、新し流れを感じている日々です。熊本リトリートについては改めて記事に …

Cycle

今まで様々な儀式を体験・体感してきましたが、いつも同じ領域に行き、日常的にいつも同じ領域にいることに気付かされます。それを例えると上記のイラストで示しているような領域です。 上記のイラストを全体的に見 …

no image
人それぞれの時間

私たちは時間の中で生活をしています。時間があるからこそ、いろいろなことを楽しむことができるし、いろんな体験ができる。もし時間が無かったら、ある一点に集約されてしまい、そこはまさに「空」間であり、肉体や …

no image
斬新さ

私たちは日々様々な意味・概念の中で生活をしています。 ある体験をした際に、「こうするとこうなる」「こうした方が良い・悪い」「どうせこれはこうだから」「こうしなければならない」・・・etc の意味づけや …