ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

血液型の話

   

core

皆さんは血液型診断を信じますか?先日、ある飲み会で血液型の話題になったので、ブログに書いてみたいと思います。

僕は大学時代、人の心理と血液型との関係性について調べていた時期があります。調べたところによると、血液型を使った性格診断は日本とフランスで最も盛んなようです。O型、A型、B型、AB型の4つのタイプに分類して性格の傾向性を見るのは、コミュニケーション上、なかなか面白い話題になる一つですよね。

血液型の始まりはO型です。OriginalのOですね。神秘学によると、地球上にいた類人猿に介入をして魂存在が肉体に入りやすいようにした経緯があり、計4回の介入が今までありました。そして、その都度新しい血液型が生まれてきたという話です。O→A→B→ABというように。最新型がAB型のハイブリッドタイプですね。

血液型によって体質や免疫の違い、なりやすい病気というものがあります。私たちの行動や思考は体質によって変化していきます。つまり血液型によって行う行動パターンがあるということです。この意味で、人間の生物学的な学問である人類学的な視点に立つと血液型による性格の違いはあり得るということになると思います。例えば、O型は感染症に対する免疫が強いので、人類学的に人と出会う抵抗が少なく、社交的になりやすかったり、仲間意識が強くなったりする、等がその例です。

もし、誰しもが全く同じ文化の中にいて同じ親に育てられれば、血液型による傾向性というものはより顕著に現れるでしょう。しかし、私たちは皆ユニークな存在で、親や家族も違えば、文化や社会も違います。そして、成長の過程で生きていくために身に付ける行動パターンや思考パターンも違います。抑圧した感情や傷、葛藤なども人それぞれです。つまり、人の行動の傾向というものは、育ち方によって変化します。

また、本質的、魂的な視点で言えば、皆ユニークなビジョンというものを持ってこの世界に来ていますし、地球外のシステムでの傾向というものも持っています。例えば、プレアデスというシステムを通過してきている魂は芸術性に優れた傾向を持っていたりします。

総合的に私たちの性格や行動パターンというものは、肉体の性質、育ち方や葛藤、魂のビジョンのミックスによって変化します。この点から、血液型診断は、人類学的には当てはまる可能性はあるが、必ずしも全てが当てはまるとは限らず、育ち方や魂のビジョンによって変化するというように僕は感じています。

アカシックレコードリーディングを行ってきて気付いたのは、人は魂のビジョンの傾向性はどこにいても多かれ少なかれ必ず発揮しているということです。私たちの本質は永遠に同じ。血液型がこうだからという理由ではなく、より本質的な「私」の中にあるエッセンスを日常に活用していくことが豊かな人生を展開していくキーだと感じています。

でも、集まった人達の血液型を聞くのは何か楽しいですけどね。

▼新潟県上越市でのワークショップのご案内

4月に上越でのワークショップが決定しました。北陸・甲信越地方の皆様とお会いするのを楽しみにしております。

イブニングワークショップ「現実化しない理由」 in 上越
欲しいもの、なりたい自分になることを妨げている原因は何か?についてお話させていただきながら、実際にほしいものを手に入れる瞑想等を行います。

日程:2013年4月19日(金)
時間:19時~21時
料金:3,500円(税込)
会場:上越市民プラザ
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening186.html

アフタヌーンワークショップ「次元を超える旅」 -Beyond the space/time- in 上越
臨死的な体験から見るこの世界のシステムから多次元的な視点で今を生きるためのワークショップ。

日程:4月21日(日)
時間:13時~17時
料金:10,000円(税込)
会場:上越市民プラザ
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening187.html

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
インテグレーション

スピリチュアルに関する情報は今の時代、本当にたくさん世の中に溢れてきました。科学や物理学、量子力学等の学問でも明らかになってきた概念もありますし、古代文明の解明など考古学や文化人類学でもいろいろなスピ …

no image
感情を味わう

小さい頃の体験を通して、私たちは感情を抑圧することを覚えてきました。 例えば、「我慢しなさい」「こうしちゃいけない」等のコントロールを様々な場面で受けることで、悲しみや怒り等の感情を表現せずに無理に抑 …

ビジョンで生きる人生へ

日々の日常は意識していないとパターン化しやすいものです。昔からの慣れ親しんでいる思考パターンや行動パターンから日々の日常で起こる出来事に反応をしていると、自ずと結果もいつもと同じになるものです。 もし …

認識している世界は一つの箱の中にいるようなもの

  今認識している世界は一つの箱の中にいるようなものです。ある種の境界線を作り、その先には行けずに、この箱の中で完結しているようなイメージです。   意識を拡大させる、もしくは拡大 …

no image
緊張する話し合いの時は

会社、学校、サークル、家庭など、日常的に誰かと話し合いをする事は日常茶飯事ですよね。人間は人との関わりで成長していくものである以上、人とのコミュニケーションはとても大切。しかし、その話し合いの内容が苦 …

no image
ループから抜けるために

物事がうまく進まなかったり、何か邪魔や障害というものが起こった場合、例えそれが外側の出来事であったとしても、大きく見ると自分自身の中にある抵抗が作り出していると言えます。 私たちは、何かが起こったとき …

no image
バタフライエフェクト

「バタフライエフェクト」という言葉があります。これはカオス理論という予測が出来ないことを説明を試みる理論ですが、このカオス理論の中で言われているのがバタフライエフェクトです。バタフライエフェクトとは、 …

五感・感情が導く多次元へのゲート

娘が生まれて100日。昨日はお食い初めの儀式を行ってきました。健やかに丈夫に、豊かに生きるための儀式でしたが、日本には様々な子供のための儀式があって、それぞれが家族との絆を強めるためのものなんだなぁっ …

パーソナルリアリティ

私たちが認識している世界は個人個人の見方によって変わります。どのような価値感や新年じゃなくて信念を持っているかが、世界を見せています。 不安になったり心配になったりしている事は、他者にとってみるとシン …

no image
痛みの魅力

外食となるとエスニック料理になる傾向があります。オフィスの床工事が明日から入るため、オフィス内の荷物を移動するという大仕事があり、友人や税理士先生のヘルプがあり何とか終わり、その後はお疲れ様ということ …