ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

物質世界と精神世界のバランス

   

after_summer

物質世界と精神世界は合わせ鏡のように繋がっています。その中間にあるベールが崩壊してくると、その両方が統合した形でバランスを徐々に取り始めることになります。

最近は、そのベールが離れはじめ、境界線が曖昧になってきているように感じています。様々な形を構成していたエネルギーを肉眼で確認できてきたり、意識のエネルギーが拡大をし始めて多次元的な意識を感じ始めるということも起こってきています。

この意味でも、心身のバランスがとても大切です。肉体は単なる乗り物ではなくて、この世界で「私を知る」ためには欠かせないもの。体のバランスが崩れていると、意識との共鳴が合わず、疲れやすくなったり、気持ちが落ち込みやすくなったり、ケガをしやすくなったりなど、極端な形で体に響きます。

物質世界と精神世界のバランスを日常の中で取っていくことが、豊かな人生、自分らしい人生を歩むポイントだと感じています。

 

▼今週末はリモートビューイングのワークショップを開催します。

8/24(土)25(日) リモートビューイングワークショップin東京~イルカのようにクリアに生きるために
意識的なタイムトラベル体験。意識拡大を行い、思い込みや先入観、固定概念などをリリースし、本来の姿で生きるためのプログラム。ゲリーボーネル氏との共同開発プログラム。

日時:8/24(土)25(日) 11時~18時
料金: 48,000円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/remote_viewing1308.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
人に歴史あり

週末、ふと思い出したかのように昔のパソコンのデータ整理を行ないました。そのパソコンは以前はメインで使っていましたが、ノートパソコンが来てからはしばらく使っていなかったもの。久々に立ち上げたら、僕が東京 …

no image
バーチャルなリアリティ

全ての出来事は僕たちの意識で作られていると感じています。 例えば色があります。 色を見せてくれているのは「光」です。 光の波長の長さにより赤や青などの色を「視覚」を通して認識しています。 つまり、ある …

オリジナリティを輝かせるシンプルな方法

日々、情報が拡大している 様々な情報や概念が拡大している時代ですね。日々、インターネットやテレビ等のメディアの情報も拡大しており、欲しい情報をいつでも手に入れることが容易になってきています。その反面、 …

no image
夢で情報を取るポイント

夢を通して私たちは様々な情報を受信することが可能です。毎日見る夢を正夢として活用することが可能です。しかし、夢はシンボリック。象徴的なので、ストーリーそのままでは無く、夢で出てきた情報をいかに活用する …

no image
ジャッジを手放す

判断すること。英語だとジャッジすること。この「判断」することを手放すと本当に気持ちが楽になると感じています。判断とはこれが良いとか悪い、~により上だとか、~より良いなど全ての私達が個人個人受け取ること …

真の自分の姿は体感を通して知ることができる

私たちは体の体験を通して、本質から放射されている個性、ビジョン、色、音、形、模様を日々の生活の中で表現したり、体感したりしています。   本当の意味で自分を理解する、知るためには、体の体感が …

no image
緊張する話し合いの時は

会社、学校、サークル、家庭など、日常的に誰かと話し合いをする事は日常茶飯事ですよね。人間は人との関わりで成長していくものである以上、人とのコミュニケーションはとても大切。しかし、その話し合いの内容が苦 …

もし言葉がたった一つしか無い世界だったら

  日曜日、月曜日と実家の松本から両親が上京し、孫の顔を見て本日帰っていきました。松本のジジババの孫を抱っこしている姿に血筋や家系の歴史の一場面を見た感じがして何か不思議な感じがしました。こ …

多次元的な遊び場を作るために

今、体験している私たちの世界は、一部分な体験で、言わば体という意識と一緒に体験をしている世界で、どんな行動をするにも体が必要になります。もちろん、私たちの本質的な意識が体験を望んで体験している体験です …

no image
イメチェンの意図

自分の他のモード(意識、隠れた能力等)を発見したり知るためにはイメージチェンジが効果ありです。外見を変えることで、内面の何かが共鳴します。もしくは、内面の何かが外見に共鳴するとも言うことができますね。 …