ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

写経とリモートビューイング

   

1454685_10201695475621382_1191459529_n

先日福岡に行った際に日本発の禅寺である聖福寺で写経をしてきました。写経は精神修行の一つの形式で、般若心経を一文字一文字ゆっくりと丁寧に書いていくことで、心がすっきりと晴れやかになったり、平穏になったりと私たちの精神に影響を及ぼすような実践なんです。この時の写経の意図は「父になる自覚」としました。写経は「願文」、つまりは意図を「為」や「右為」というように記載をして祈りを込めて書く、一種の儀式的な要素もあります。

写経を行って気付くことは、リモートビューイングと同じ状態になるということです。リモートビューイングも写経と同じように、文字を書いていきます。写経は決められたお経を書きますが、リモートビューイングは意識が旅をしている時空の五感と感情などを特殊なフォーマットに従って書いていきます。なので、写経の応用的な方法が、リモートビューイングということになるように感じます。自分に正直に今の五感と感情をただ書きます。すると、写経と同じように心がすっきりとしたり、爽快感を味わえるんですね。脳波で言うとベータ波からシータ波へと移っていきます。

ただ、リモートビューイングの場合、自分自身と正直に向き合う程度が強いので、自分自身の中にあるブロックや抵抗が強烈に表れます。ここが、リモートビューイングと写経の違いですね。写経は穏やかにブロックがリリースされたりする反面、リモートビューイングは激しく表れます。

以前、密教の僧侶の方々がリモートビューイングを受講したのをサポートしたことがありますが、写経を行って、なるほどと思いました。写経的な修行とリモートビューイングは似ていますね。

11月30日(土)12月1日(日)はリモートビューイングワークショップin東京です。今年最後のリモートビューイング。2014年へ向けて2013年の垢落としを行いませんか?再受講もできます。

11/30(土)12/1(日) 2DAYSワークショップ 「 リモートビューイングワークショップin東京~イルカのようにクリアに生きるために 」

意識的なタイムトラベルを通して先入観、固定概念、自分らしくない思考パターン・行動パターンをリリースしていきます。ゲリーボーネル氏との共同開発プログラム。

日時:11/30(土)12/1(日) 11時~18時
料金:48,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/remote_viewing.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - リモートビューイング, 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大東縁

浅草のスピリチュアルな焼肉屋さん「大東縁」に打ち合わせに行ってきました。 この焼肉屋さんは、食材はもちろん、空調、机、椅子等に活性化セラミック等を 使い癒しの空間にしているんです。 そのため、料理はと …

no image
意味の怖さ

全ての環境は自分に対する鏡でありメッセージだと気づきました。弊社の近所に住むお客さんが石を購入していただき、近所ということで実際に会って手渡しさせていただきました。その方も石に囲まれている方で様々な物 …

時間旅行

私たちは時間を使って日常を生活しています。誰かと会うために、仕事を成し遂げるために、どこかに行くために、映画や音楽を楽しむために・・・私たちは時間を活用しています。寝ている時以外は、私たちは時間と常に …

no image
方言

日常で当然のように使っている言葉が実は方言だったと判明することがあります。つまり、信州松本を離れてから通じていなかった言葉が結構あったということですよね。同じ日本語という言語を使っていても、通じない事 …

no image
アメリカから帰国しました。

アメリカの旅から帰ってきました。とてもスピリチュアルな旅でたくさんの気付きがありました。自然の美しさや人間が持つ可能性を堪能してきました。詳細はまた後日お伝えしたいと思いますが、地元の新聞に掲載されま …

曼荼羅の夜

曼荼羅(マンダラ)とは仏教や密教の仏画的なイメージを思い起こす方もいるかと思いますが、マンダラとは私たちの本質・エッセンスを表現したシンボルやイラストです。ある意味、私たちが見ている世界はマンダラであ …

カラフルな再会♪

カラフルフードセラピストである成瀬さんのお宅にご招待いただき、スタッフ一同でご馳走になってきました。成瀬さんは食と色との関係性を探求していて、何よりも食の楽しみを心から表現されています。そんな成瀬さん …

no image
from WITHIN to WITHOUT

昨日あるドラマを見ていたら、ある場面の瞬間に「from WITHIN to WITHOUT」というメッセージが映りました。 この意味は「内から無へ」という意味合いになります。結局、あるポイントまでは、 …

一つの感情

私たちは様々な感情・フィーリングで日常を生きています。時には悲しんだり、怒ったり、喜んだり、嬉しくなったり。そして、その感情によって傷付いてしまったり、揺さぶられたり、思考や行動にパターンが生まれる傾 …

リラックスはゲートウェイ

何をするにしても、リラックスをすることはとても大切です。リラックスできていれば何が起こっても、その瞬間のフルの力を発揮することができますし、様々なインスピレーションを活性化させることができたり、全ては …