ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

柔軟な感覚

   

Zemanta Related Posts Thumbnail

先日の続きの話です。エリーが出産する田中ウィメンズクリニックの両親教室での話では、田中医院長からいろいろと興味深い話を聞きました。

その中で、母親のお腹の中にいるときの記憶や五感の発達についての話がありました。様々な研究で、赤ちゃんは生まれて間もないときでも、様々な五感を活用してこの世界を認識し始めているとのことです。

生まれてすぐは視覚も発達していないので目がほとんど見えておらず、ましてや母親の胎内にいる時は全く見えていないというのが一般的な話なんですが、実はどうやらそうではないらしいんですね。ある実験では、生まれてすぐの新生児の前で、耳を触るしぐさをすると、胎児も同じような行動をしたり、ディスプレイに2匹の似ているサルの顔を映すと、大人だと同じ顔として認識するのに対して、赤ちゃんは2匹の顔を区別して認識することができるんです。

さらに田中先生のお産の話で、胎内に管を入れた処置をした事があるそうですが、生まれた子供の記憶で全く話をしていないのに、母親のお腹の中にいたときに棒が入ってきて怖かったというような話をしたそうです。一般的には目が見えていないはずなのに、認識をしているようなんですね。僕の甥っ子も、プールの中にいて水が溢れて僕が出てきたんだよ、と小さい頃話をしていました。

これは、赤ちゃんは視覚=見るという目の感覚だけに頼らず、触覚や嗅覚など、他の感覚から視覚を使っているのではないかという話です。

私たちはこの世界に合意をすれば、それぞれの感覚を区別して捉えていますが、本来の姿は、赤ちゃんのように様々な五感を柔軟に活用できる力を誰しもが持っていると言えます。その能力を思い出すためには、まずは日々の日常の中で、五感や感情を味わう事がキーだと感じます。あるポイントになると、まさに子供のように五感・感情が純粋なエネルギーに統合し、時間が崩壊したり、今まで感じられなかった事を味わえるようになってきます。

 

今週末は「はじめてのアカシックレコード」ワークショップです。まだ残席ありますので、2013年内に受講をされたい方はお早めにお申込ください♪

12/14(土)15(日) 2DAYSワークショップ 「 はじめてのアカシックレコードin東京~イルカのようにチャンネルを開く 」】
イルカのようにチャンネルを開き、アカシックレコードからの情報を日常に活かしましょう。

日時:12/14(土)15(日) 11時~18時
料金:3,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
なぜ惹き付けられるか?

日常様々な出来事がありますよね。いろんな人との出会いや会話、テレビや映画を見たり、音楽を聴いたり、ゴハンを食べたり、お香やアロマの香りを感じたり・・・ふとしたことで悲しくなったり嬉しくなったり。なんと …

自分を知るための失敗

日々の日常の中で、いつも同じところに引っかかって傷付いたり、不安に思ったり、心配したり、嫉妬したり、葛藤したり・・・等、自分にある意味罰を与えてしまうような事ってありますよね。なんかいつも同じところに …

映画のフィルム

私達は一人で生まれ、一人で死んでいく・・・という見方がありますが、私達はどんな時も一人にはなれません。 私達の本質には元々全てのモノ・イベントが含まれています。 この世界では、その全てが、それぞれ「個 …

オリジナリティ発揮のチャンス

一人ひとりがオリジナルの表現方法や創造力を持っていて、ある意味人類を代表して日々のリアリティの中で体験をしています。   現実的な世界では、誰も他者にはなれないし、他者に自分になってもらうこ …

no image
ロズリン礼拝堂の音の暗号

先日イギリスのトーマスミッチェル氏(Thomas Mitchell)とその息子で作曲家・ピアニストのトーマススチュアート氏(Thomas Stuart)がスコットランドにあるロズリン礼拝堂の壁面に隠さ …

no image
人を怒らすためのDVD?

私たちは人と人との間で生きている以上、他人とのコミュニケーションは避けては通れませんし、生きていく上で自分を知るため、自分の夢を現実化するため等、どんな状況であればとても大切な要素であると思います。そ …

伝染

伝染と聞くと病気等の感染が思い浮かぶかもしれませんが、 意識が伝染(感染)するということがあります。 それは日本映画の「感染」や、鈴木光司さんの「リング」や「らせん」等でも ちょっとホラーチックに表現 …

no image
正夢

私達が寝ている時に見ている夢。夢については様々な解釈があり研究がされていますが、僕は夢では一つの自分自身の可能性のあるタイムラインとの繋がりを象徴しているように受け取っています。 アカシックレコードと …

no image
ビジョンを今この瞬間に

私たちは誰しもがビジョンというものを持っています。ビジョンとは認識しているもの全てを指す言葉だと僕は感じています。つまり、五感、感情、フィーリングの全て。この現実もそうだし夢の領域もそうです。そして、 …

認識している世界は一つの箱の中にいるようなもの

  今認識している世界は一つの箱の中にいるようなものです。ある種の境界線を作り、その先には行けずに、この箱の中で完結しているようなイメージです。   意識を拡大させる、もしくは拡大 …