ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

眠れないときは死の体験と似ている

   

eyes

眠れない時ってありますよね?明日早く起きなきゃならないのに寝つけなくて、ますます眠れないということにハマってしまうという体験や、日中昼寝をしてしまってなかなか寝付けない。

 

眠れない時って、実は寝てたりするんです。確かに「眠れない」と認識した時は、まだ体は眠っていないのですが、徐々に体自体は睡眠モードに入ります。でも、意識の上では「眠れない」という現象を考え続けているので、「眠れない」という現象を夢や明晰夢として体験しています。言わば、「眠れない夢を見ている」状態ということですね。もう「眠れない」という事しか頭の中にはなく、ループしてしまうんです。そして、気付くと朝になっていたり。

実は、死の体験もこれと似ています。死の瞬間に「あの時こうすればよかった」とか「こうしてたらどうなってたかな」とか生前の後悔を強く思っていると、眠れない時と全く同じ現象が展開されます。体は眠り、意識が目覚めている状態です。意識の世界の中で、自由に体験できるチャンスがあるのに、不安や心配にフォーカスをしてしまっている状態。

 

眠れない時は思い切って起きてヨガや瞑想をしたり楽しい事や趣味をするか、もしグルグルと頭の中を「眠れない」という事を考え始めたら、それ以上追いかけずに「行ってみたい場所」や「体験してみたい事」等をイメージすることをおすすめします。すると、そこから明晰夢や体外離脱・幽体離脱へと進むことも可能です。眠れない時は、多次元的な世界を体験するチャンスです♪

1/18(土) ワンデイワークショップ 「 体外離脱ワークショップ~体外離脱への旅 」】
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。福岡開催。

日時:1/18(土) 11:00-18:30
料金:20,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/obe.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 夢・OBE, 意識・心・気付き ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

運がいいとか悪いとか

  運がいいとか悪いとかって話がよくありますね。ラッキー、アンラッキーの概念。   考えてみれば、運がいいとは、欲しいものが手に入ったり、やりたいことができたり、なりたい自分の姿に …

no image
現実のサイン

もし自分が見えない存在であって、姿を見せずに自分の存在を気付かせるにはどうするだろうか。人それぞれ方法があると思いますが、この方法にこの世の中の不思議な出来事や時間軸を理解するヒントがあるように感じて …

no image
人間を体験する

スピリチュアルや霊的なプロセスを探求している時、スピリチュアルな面を強調して見ようと努力してしまったり、全ての出来事をサインとして見ようとする傾向があります。もちろん探求することは悪いことではありませ …

誰もが特別な存在だから大丈夫

本来、どんな人もこの世界では特別な存在で、素晴らしくて、すごい輝きを放っています。それに気付いていくのが、この人生ですね。   しかし、幼少期の頃の体験や、様々な制約や抑圧を感じた体験の中で …

no image
ゲートを通る

誰しもがゲートを通り抜ける時が来るように思います。そのゲートはまさに己を知る瞬間、この世界の仕組みを知る瞬間、ゲームのルールに気付く瞬間、全ての出来事が多次元的に時間と空間を越えたところから時間と空間 …

クリエイティブなやり方を見付ける

14世紀に始まったルネサンス頃から人間が持つ様々なクリエイティブ・創造力が高まってきています。これも時代の流れで、権力や戦い等に重きを置いていた時代から、人間が本来持っている可能性を追求していくという …

no image
情報のある不安な生き方

世の中の情報が日々増えてきています。情報が社会の意識に影響を与えているとも言えるでしょう。情報は情報であって、「正しい」か「間違っている」かは関係なく、いかに活用するかがキーだと感じています。 世界を …

no image
「知る」ということ♪

ある事柄について知識としては理論的に頭(知性)で分かることがあります。 また体験を通して「こうなんじゃないかなぁ」って分かる事もあります。 そして、さらにその体験を通して「こうなんじゃないかなぁ」って …

「私」の源

全ての表現の中には、私たちのビジョンが入っています。それが歪んでいようとダイレクトであろうと、私たちの本質の輝きのエッセンスが入っています。何をしていても、何を見ていても、そこには私たちらしさ・ビジョ …

no image
ワールドブルーチャンネル Vol.4「リモートビューイングの可能性」

2010年9月25日26日に行ったゲリーボーネル氏との共同開発プログラム「リモートビューイングワークショップ」に参加いただいた方々のご感想を元にRVの可能性や意図をご説明。そして、毎度お馴染みのお葉書 …