ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

意識が見せてくれるリアルな世界

   

expands

私達の意識のパワーは本当にパワフルです。今、体験しているこの世界も私達の意識が作り出している一つの可能性の現実でもあります。

 

五感・感情で味わっているこの世界はリアルな体験です。全ては私達の意識の中にあるものが体験させている体験。そして、それは個人的な体験であって、一人一人のオリジナルの体験ですね。

 

例えば、天使や精霊、ガイドや小人のおじさん等の存在達の姿を見るとき。その姿は私達の意識の中にある存在達を象徴しているエッセンスが姿をこの世界に投影させます。なので、見える姿は個人個人で異なりますし、全ての人が全く同じように見えるとも限りません。ちなみに意識が共鳴・合意をすると同じように見えます。例えば、あるエネルギーを東洋的思想・文化と共鳴していると龍に見え、西洋的思想・文化と共鳴すると天使に見えます。

 

この意味で、「見える・見えない」「信じる・信じない」というような肯定派と否定派に分かれた水掛け論は意味がありません。一人一人がユニークな意識なので、同じように見る必要性もありません。大切なのは、体験したことを誰かに証明してもらうことではなく、私達が五感と感情を十分に味わいそれを純粋に表現していくことで、他者にとっても資源になり、お互いに自分を知るということに繋がっていくように感じています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
エゴを手放すこと

エゴを手放すこと。これは「今」を生きることに非常に大切なことです。手放すとは「捨てる」という意味ではなく、「ありのままを受け入れる」ということです。受け入れて観察するという感じでしょうか。エゴに振り回 …

分析思考から本質の輝きを知るための秘訣

自分らしく生きるために必要なのは、「どのようにうまくやったら他者から評価されるか?」とか、「どうしたらよい点が取れるか?」とか、「どのような能力があれば成功するか?」というような戦略やマニュアル、教科 …

no image
記憶喪失の約束

記憶喪失には様々なレベルがあるようですが、一般的には自分の記憶が無く誰だか分からないという症状です。自分も含めて自分の周りの人全員が記憶喪失状態としたらどうでしょう。全員が記憶喪失だったら、自分が記憶 …

no image
受け取ることの大切さ

スピリチュアルなアイデアとして「与えること」はとても大切であるとよく言われています。それは宇宙の法則で「与えたものは全て自分に返ってくる」という法則があるためです。 確かにこれは一理あります。この現実 …

no image
「見る」こと

私たちは日々、様々なものを見ています。しかし、「見る」とは文字通りでは視覚を使って物事を認識することですが、大きな範疇で捉えれば、五感や感情を使って物事を認識しているということになると僕は感じています …

Cycle

今まで様々な儀式を体験・体感してきましたが、いつも同じ領域に行き、日常的にいつも同じ領域にいることに気付かされます。それを例えると上記のイラストで示しているような領域です。 上記のイラストを全体的に見 …

no image
繰り返すこと

繰り返すことには大きなエネルギーを呼び起こす要素があるように感じます。小学生の頃にやった計算ドリルや漢字ドリルというのがありました。繰り返し書くことで、計算力や記憶力をアップさせる方法ですね。楽器の練 …

鏡の法則を止める時

鏡の法則とは、自分を相手を通して見るというものですね。小説にも同じタイトルの作品があるようですが、ここでの意味は、例えば、怒りを抑圧していると、相手の中に怒りを見たり、自分自身が抱えている葛藤等を相手 …

no image
時間を外した日

1ヶ月28日で28日周期という人間本来の生理的なサイクルに合っているマヤの暦があります。それに合わせると、本日は「時間を外した日」になります。この時間を外した日は、地球が完全に太陽を一回りをして、簡単 …

no image
世界の見方

私たちは私たちが「そうでありたい」「そうであろう」という世界を日々、今こうしている時も見ています。 「こういう状況になったら、必ずこうなる」「こうなったら、絶対に無理だ」というような想いが、まさにその …