認識している世界は一つの箱の中にいるようなもの

YHVH

 

今認識している世界は一つの箱の中にいるようなものです。ある種の境界線を作り、その先には行けずに、この箱の中で完結しているようなイメージです。

 

意識を拡大させる、もしくは拡大している意識に気付くと、境界線を越えていくことができます。すると、一つの箱の中にいたことに気付いて、他のたくさんの箱が層のように重なっていることに気付きます。

 

今まで、この箱の中だけで生きていたはずなのに、別の箱の中でも「私」という存在は、様々な体験を繰り返していて、それぞれの箱同士が密接にリンクしています。他の箱を認識すると、何が正しくて、何が間違っているというような「正しさ」や様々な概念に縛られている自分に気付いて、全てがシンプルになり、ある意味、「役者」になって、この箱の中で演じているんだなというようなことに気付きます。

 

他の箱の存在を夢の中や、デジャヴという体験で気付くこともあります。また瞑想やシャーマニズムのリチュアル、体外離脱・幽体離脱などを行っても確認することができます。私たちの意識は、本当に広大であり全ての創造・クリエイションを包んでいます。全てのリンクの接点はいつでも自分の意識の中にあります。

 

1/18(土) ワンデイワークショップ 「 体外離脱ワークショップ~体外離脱への旅 」】
意識的な体外離脱・幽体離脱を行うワークショップ。多次元的な自分に体外離脱を通して気付きます。東京開催。

日時:1/18(土) 11:00-18:30
料金:20,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/obe.php

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。