ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

誰しもが言語能力を持っている

   

belief

最近、よく英語を話せたらいいなぁ、という声をよく聞きます。確かに英語が話せれば、世界の様々な人とのコミュニケーションができるようにもなりますし、どこに行っても何とかなるものです。(全く英語が通じないところもありますが)

 

ある研究によると、人類の脳の中にどんな言語でも理解できる機能がプログラムされているとのことです。赤ちゃんの実験でも、アメリカの家系に生まれて全く中国とは縁が無い赤ちゃんに、中国語で話しかけると、言葉を理解するというものがありました。生まれてから言語を理解するプログラムが誰にでもあるという証ですね。

 

この意味で、誰しもが多言語を活用することができるということです。もちろん、どの言語を話したいかというモチベーションや関心とトレーニングは必要ですが、興味・関心あればあるほど、その言語を話すことができるようになります。大学時代は英語教育を専攻していて、卒論のテーマが「英語学習に関する心理学的な研究」を行いましたが、その結果もやはり興味・関心が英語習得に影響することが分かりました。

 

しかし、日本人にとって英語がなかなか話せない理由で大きな要因の一つが「失敗に対する恐れ・恥ずかしさ」です。受験勉強や学校での影響で、そのパターンを身に着けるんですね。僕自身、英語に対する恐れがあり、中学の時は全くできませんでしたが、中学3年の時にアメリカ人の先生に英語を話して通じた時に何かが外れるような感覚があり、その後スムーズに英語に触れられる切欠になりました。もちろん、英語を完全にマスターしている訳ではなく、まだまだ日々精進ですが、英語を話すということ自体には抵抗がありません。これは個人的な意見ですが、世界を見たら完全な文法で話している人は一部で、多くは第二言語として学んできた人々です。もちろん、正しい文法で話せればベストですが、まずはカタゴトでもいいので、話す勇気がコミュニケーションの幅を広げてくれると感じています。今までの経験で、間違った文法で話したとしても、コミュニケーション上問題ありませんでしたし、そこから「こう言えばいいんだな」という事にも気付けるものです。例えば、聞き取れなかったら、なんと言ったか聞けばいいだけですしね。ボディランゲージも役立ちます。

 

誰しもが言語能力を持っています。英語に興味があれば、まずは過去の恐れをリリースしつつ、日々英語に少しでも触れるトレーニング(理解できなくても聞くだけでもOK)+勇気。今年はこの点にフォーカスしたワークショップを行いたいと考えています。

 

最近初詣で行った人形町で出会った陽気なアメリカ人兄弟と記念ショット。チャンスがあれば話しかけて異文化交流も楽しいものです。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

Natural

私たちは「自然に」生きていく事で、調和の取れた人生を歩んでいく事ができるものです。自然の中の音や色と、自分の音と色を共鳴させていくことができれば健やかで喜びに満ちた存在へとなっていきます。 しかし、様 …

すぐ近くにある世界

ほんのすぐ近くにある世界達が存在しています。ほとんどの人はその事を知っています。むしろあえて知らないようにしていたり、無意識に過ごしていたり。その事に気付いてしまうと、今の慣れ親しんでいる現実から離れ …

この世界を五感・感情を意識的に活用するだけで十分な価値がある

私たちの意識がフォーカスしているこの世界では意味・概念があり、成立しています。例えば、目の前に「机」があるとします。これはアカシャと呼ばれる人類の集合意識、ネットワークの中で机という意味・概念・機能を …

歴史の中の自分

13000年の周期で時間をさかのぼっていくと、アトランティスという時代やレムリアと呼ばれる時代等長きに渡って文明を作っていた時代があったりします。 文献として残っているのは紀元前数千年位からのもので、 …

no image
今この瞬間の反応へ

私たち、もっと言えば、この社会のシステムの一部は「過去」で出来ています。例えば、目の前にあるディスプレイや使っているパソコン。これは、過去に「パソコンだ」とか「ディスプレイだ」というように誰かやメディ …

「私が世界を創っている」と「世界が私を創っている」

  私たちの意識は全てを創造しています。この世界で言うとその源は想いの力が意図となり、現実に投影されて目の前に様々な形で表現されています。今こうしているときにも、ある瞬間に意図したことが現実 …

オススメ映画「キサラギ」から分かる人との繋がり

僕のオススメ映画の一つが日本映画の「キサラギ」です。もう30回以上は観ているんじゃないかなぁ、という程何度も観ています。 元々は舞台だったものを映画化した作品で、密室コメディドラマです。展開も早くて、 …

no image
ONE

リチャードバック著の「ONE(ワン)」は、まさにパラレルワールド(平行次元)、そしてオーバーソウルについてうまく表現している作品です。 ストーリーとして描き、分かりやすく多次元的な「私」について説明し …

誰も正しくないし、誰も間違っていない

この世界で私たちは日々生活を送っているわけですが、一人ひとりが自分のオリジナルの人生を過ごしています。自分の人生は誰か他の人と比較することはできませんし、比較することは意味がありません。あなたの人生は …

ココロの翼を広げて

私たちの意識はとてもパワフルですし自由です。何の障害も無い空間を自由に飛びまわる鳥のように、私たちは翼を広げて様々な領域へと意識を拡大させることができ、その意識が味わう事を体を通して体感することができ …