ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

動物達は時間の枠を超えている

      2014/01/16

mage

妹の家の猫マゲ君は、久々に妹の家に遊びに行っても、いつも自然と僕の膝の上に乗ってきます。マゲ君が小さい頃から度々遊びに行くと膝の上に乗ってきたので、それを覚えているんですね。

 

動物達、そして無邪気な子供達には時間の概念の外にいます。なので、しばらく離れていたとしても、動物達にとってはいつも「いる」という状態が続いているようなものでしょう。それを表している動画。瀕死の怪我をしたライオンの世話をした女性が数年ぶりにライオンに会ったら、ライオンは女性の事を覚えていて、ハグをするという感動的な動画です。

 

 

動物達や子供達と異なり、社会の中にいる私たちは、時間を使っているので、過去や未来、他者との比較や分析をして、物事を複雑にしたり傷付いたりしてしまう傾向がありますね。気を遣い過ぎて疲れてしまったり。

 

無邪気さの中に時間の枠を超えて、多次元的に制限無く生きるヒントがあるように感じています。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 映像・動画 , ,

  関連記事

時間旅行

私たちは時間を使って日常を生活しています。誰かと会うために、仕事を成し遂げるために、どこかに行くために、映画や音楽を楽しむために・・・私たちは時間を活用しています。寝ている時以外は、私たちは時間と常に …

no image
五感+感情がキーになる

私たちには五感、そして感情があります。どんな時でも五感や感情は活躍していますが、十分に味わい切れていないケースがよくあるものです。ある意味、この世界に存在している一つの理由は五感や感情を味わう事にある …

壁は必ず乗り越えられる

私たちは意識的であろうと無かろうと、どんな状況であろうと、自分自身らしい道を歩んでいます。個人的に臨死体験をしたとき、全ての過去も未来も今という瞬間に繋がっていて、実はシンプルな世界だということに気付 …

no image
体に安心感を

人間は完全な魂意識と進化する肉体意識で構成されています。魂は何も学ぶことも無いし存在しているだけで完全ですが、肉体は進化しています。 特にサイキックな能力、予知、アカシックレコード、OBE等の人間が本 …

不安があると時空が押し寄せてくる

先月、アウェイクニングプログラムのプレプログラムでオランダ&バルセロナへ行って来ましたが、シャーマニックリチュアルを体験されたお二人は見事、自己の本質に気付き、創造の源を体験することができました。本質 …

好きな事を輝かせられる無限の可能性

好きなことや気になる事の中にはあなたの本質・エッセンスが入っています。それは誰にもマネができない輝き、オリジナリティです。ちなみに、ここでいう「好き」とは「これが良いから好きで、悪いから嫌い」という分 …

no image
タワー

東京スカイツリーもいい感じで建設が進み完成予定の2012年はタワーブームになりそうですね。想えば古より人々は塔・タワーを建築したり、富士山やヒマラヤなどの高い山、そして現代では宇宙など、大地よりも高い …

ビジョンで生きる人生へ

日々の日常は意識していないとパターン化しやすいものです。昔からの慣れ親しんでいる思考パターンや行動パターンから日々の日常で起こる出来事に反応をしていると、自ずと結果もいつもと同じになるものです。 もし …

no image
いつもと違う事を

自分の中に眠っている力を目覚めさせたり、日常のマンネリ化した状態から脱したり、自分が目指している夢や現実を求めるのであれば、いつもとは違う事(反応)をする必要があります。今までなかなか上手く行かないこ …

no image
ONE

リチャードバック著の「ONE(ワン)」は、まさにパラレルワールド(平行次元)、そしてオーバーソウルについてうまく表現している作品です。 ストーリーとして描き、分かりやすく多次元的な「私」について説明し …