ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

夢から覚めるためのサイン

   

holograhpy

日常には様々なサインが隠されています。それは、深い眠りから目覚めさせるようなサインで、映画マトリックスでも描かれているような世界。

 

この世界はあまりにもリアル。それでも、この世界は自分で設定してきたプログラムの世界です。あまりにもリアルなので、本来のプログラムソースには気付かずにハマってしまったりループしたり、そのままだとプログラム設定前の本質的な自分に戻るのが大変です。

 

なので、本質的な魂の故郷へ帰還できるようなサインを保険のように創ってあります。そのサインを体験したり通過していくことで、徐々に出口へと出て行き目覚めることができます。例えば、人との出会い、一見矛盾と感じるような体験、文字や印、日常的な会話の中等・・・どんな場面にもサインは存在しています。

 

ただ、面白いのが、サインを求めようとすればするほど、サインは見えなくなります。サインを探すことが本来の目的ではないからですね。サインを求めると期待や執着となり、結局目が覚めるまで時間が掛かります。一つ一つの出来事を十分に味わう事で、自然とサインに気付き、夢から覚めていくでしょう。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
現実を見詰める事

人間である私達は生まれたときから様々な能力を誰もが持っています。様々なメディアや書籍、ネット等の情報でスピリチュアリティ、神秘的な事、形至上学(メタフィジクス)等のいわゆる目に見えない世界への注目が集 …

時間の枠を超越している私たち

当たり前のように使っている時間とうものはとても柔軟です。どのように日常を味わうかによって、長く感じたり短く感じたりするものですね。   時間とは五感・感情と捉えることができます。日常で感覚意 …

伝染

伝染と聞くと病気等の感染が思い浮かぶかもしれませんが、 意識が伝染(感染)するということがあります。 それは日本映画の「感染」や、鈴木光司さんの「リング」や「らせん」等でも ちょっとホラーチックに表現 …

DreamScape

私たちの意識の中には様々な地球以外のシステムの情報も含まれています。夢のレベルでその感覚を味わっていたり、実際に「何か」が空間に見えたり、感じたり。 しかし、私たちの旅は、今この地球にいて、様々な体験 …

植え付けられた恐怖から自由になるためには?

この世界は私たちの意図やフィーリングが影響して「認識」されています。どのように世界を捉えているかで、状況はどんどんと変化してきます。全ては一人一人が創り出している世界です。   恐怖があると …

傲慢さから感謝へ

私たちのブロックの中でも砦的なものは傲慢さやコントロールの問題ですね。人生の展開が進み、欲しいものも手に入り、なりたい自分になって来た時が特に注意が必要です。   その状態で、外側の世界を見 …

no image
2010

2010年まで後2年ちょっとですね。その次の年は遂に2011年に・・・この世界では時間って本当に貴重だなと思います。時間があるからこそ、悲しみだけでなく、日々楽しさや喜びを感じられますし、展開していく …

no image
オランダのクロップサークル

オランダに現れたとても大きなクロップサークル(ミステリーサークル) http://img33.imageshack.us/img33/8141/stargateik.jpg 象徴的な一つのアートのよう …

no image
This is Life

私たちはこの世界に生きるために存在していると言っても過言ではありません。 どんな状況であっても、問題を抱えていようと、自分を知りたくても、どんなビジョンを持っていようと、ここで生きるからこそ「何か」の …

no image
コネクション

この世界では私たちは本当にユニーク。誰一人として同じ存在はいませんよね。それぞれが独自の世界を持っていて、どんな形であれこの世界で表現をしています。そして、合意されているシステムの中で、人と人が繋がっ …