ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

世界は音と形で出来ている証

   

yantra

上記はヤントラと呼ばれるヴェーダの伝統的な銅版です。ヤントラとはこの世界のシステムを描いていたり宇宙の真理を描いている幾何学的な模様で、ヴェーダでは瞑想や儀式に活用されてきました。これだとよく意味が分からないので、民衆に伝わりやすいように、下記のシヴァ神だったり、ガネーシャやラクシュミ、クリシュナ等のインドの神々の姿に変換されてきました。なので、インドの神々の原型は上記のヤントラ的な幾何学なんですね。ヤントラはその後チベット密教・仏教へと伝わり曼荼羅(マンダラ)として普及します。マンダラは私たちの意識や仏陀の生涯などを描いている本質的な図柄です。ヤントラは様々な形がありますが、マンダラは基本的には統合や完全を象徴する円で描かれます。ヤントラもマンダラも、音になるとマントラ(真言)になります。

siva

この世界は上記のヤントラやマンダラのように形、そしてマントラのように音で出来上がっています。形があるということは、音と色があるということです。そしても元を正せば、実際は何も形は無く単なるエネルギーであるとも言えます。般若心経では、色即是空、空即是色、という世界感で唱えられていますね。

 

音と形が同じであることが分かる動画を下記でご紹介します。2007年にもご紹介させていただいていますが、スコットランドのロズリン大聖堂の壁面に施されているキューブが音になっていることを表す動画です。2007年にイギリスのトーマスミッチェル氏(Thomas Mitchell)とその息子で作曲家・ピアニストのトーマススチュアート氏(Thomas Stuart)がスコットランドにあるロズリン礼拝堂の壁面に隠されていた音の暗号を解読しました。ロズリン礼拝堂は「ダ・ヴィンチ・コード」でも最後の方で秘密が眠る場所として描かれていた礼拝堂であり、秘密結社のテンプル騎士団と関わりが深くある場所です。

 

薄い金属の板に細かい粉を均等に乗せ、その縁をバイオリンの弓でこすると粉は動いて一定のある形状・幾何学模様を示します。音の周波数、ピッチによ り形が形成されるんです。ミッチェル氏はその点に気付き、ロズリン礼拝堂の壁面にある幾何学模様のキューブと一致させることに気付き、そこから音を発見し たとのことです。

 

 

結局、私たちが日々使っている言葉も音であり、その言葉に従って世界が日々創造されています。純粋なエネルギーを言葉というフィルターでどのような形にするかは私たちの意識次第です。日々使う言葉は注意が必要です。矛盾の無い気持ちと言葉が本来の自分の道を歩むキーですね。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) , , ,

  関連記事

本当の自分を生きるために必要な他者の存在

昨夜はいよいよ11/1にシャーマニックリチュアルの旅に出るアウェイクニングプログラム5期のための壮行会を開催しました。5期メンバーから今までの流れや意図を発表したり、他の期のメンバー達が集い、5期に向 …

忍耐は辛いものではない!忍耐は遊ぶこと♪

忍耐と聞くと、ほしいものをガマンしたり、一生懸命に努力を重ねていくようなことをイメージする方が多いかもしれません。しかし、結論から言うと、忍耐とはそういうことじゃないんですね。   忍耐とは …

大きなビジョンで in 2013

新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。これをもって年賀状の代わりとさせていただきます(^_^) 2013年になりましたね。2012年の冬至を過ぎて、いよいよユニティへの時代 …

no image
過去世・来世を知るメリット

過去世や来世等、今の現実とは別のタイムラインを知る事にはどんなメリットがあるか? 過去世は旅をしてきた記録です。つまりは、単なるデータに過ぎません。そのデータをどのように活用するかは、個人個人の信念や …

他者を通して知るこの世界のシステムの正体

私たちは、人と人との交流の中で生かされるシステムを持っています。そのシステム自体、実は私たちの意識が自ら創り出したバーチャルリアリティのようなもので、時空を持っているプログラムです。このプログラムの中 …

no image
宇宙のジョーク

この地球上では人間を含めて全てのモノには名前が付いていますね。 世界は言葉(音)で創られたという言葉は、それは今も続いていて、日々世界には言葉や音がこうしている時でも響いています。そして、私たちが言葉 …

no image
記憶喪失の約束

記憶喪失には様々なレベルがあるようですが、一般的には自分の記憶が無く誰だか分からないという症状です。自分も含めて自分の周りの人全員が記憶喪失状態としたらどうでしょう。全員が記憶喪失だったら、自分が記憶 …

no image
地震と葛藤の関係性

北海道で大きな地震が起こりました。地震に見舞われた皆様、心よりお見舞い申しげます。自然の力は本当に偉大でありますが、時にはその力により私達は試練を受けます。台風や地震などの自然災害は私達の恐れの部分に …

no image
類は友を呼ぶ

この世界の基本的な法則、宇宙の法則とも呼べるものがあります。それは「引力」。 お互いがお互いを引き合う力。他の言い方で言えば、共鳴、誘引、ハーモニクスですね。日本的な言葉を使えば、「類は友を呼ぶ」です …

no image
ジャイアンツコーズウェイ【帰国後の感想】

アイルランドの初めの目的地はジャイアントコーズウェイ。ここは世界七不思議の1つとも言われる場所で、火山噴火の溶岩の影響で出来たと言われる六角柱の石群が見られるパワースポットです。ジャイアントコーズウェ …