ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

世界は音と形で出来ている証

   

yantra

上記はヤントラと呼ばれるヴェーダの伝統的な銅版です。ヤントラとはこの世界のシステムを描いていたり宇宙の真理を描いている幾何学的な模様で、ヴェーダでは瞑想や儀式に活用されてきました。これだとよく意味が分からないので、民衆に伝わりやすいように、下記のシヴァ神だったり、ガネーシャやラクシュミ、クリシュナ等のインドの神々の姿に変換されてきました。なので、インドの神々の原型は上記のヤントラ的な幾何学なんですね。ヤントラはその後チベット密教・仏教へと伝わり曼荼羅(マンダラ)として普及します。マンダラは私たちの意識や仏陀の生涯などを描いている本質的な図柄です。ヤントラは様々な形がありますが、マンダラは基本的には統合や完全を象徴する円で描かれます。ヤントラもマンダラも、音になるとマントラ(真言)になります。

siva

この世界は上記のヤントラやマンダラのように形、そしてマントラのように音で出来上がっています。形があるということは、音と色があるということです。そしても元を正せば、実際は何も形は無く単なるエネルギーであるとも言えます。般若心経では、色即是空、空即是色、という世界感で唱えられていますね。

 

音と形が同じであることが分かる動画を下記でご紹介します。2007年にもご紹介させていただいていますが、スコットランドのロズリン大聖堂の壁面に施されているキューブが音になっていることを表す動画です。2007年にイギリスのトーマスミッチェル氏(Thomas Mitchell)とその息子で作曲家・ピアニストのトーマススチュアート氏(Thomas Stuart)がスコットランドにあるロズリン礼拝堂の壁面に隠されていた音の暗号を解読しました。ロズリン礼拝堂は「ダ・ヴィンチ・コード」でも最後の方で秘密が眠る場所として描かれていた礼拝堂であり、秘密結社のテンプル騎士団と関わりが深くある場所です。

 

薄い金属の板に細かい粉を均等に乗せ、その縁をバイオリンの弓でこすると粉は動いて一定のある形状・幾何学模様を示します。音の周波数、ピッチによ り形が形成されるんです。ミッチェル氏はその点に気付き、ロズリン礼拝堂の壁面にある幾何学模様のキューブと一致させることに気付き、そこから音を発見し たとのことです。

 

 

結局、私たちが日々使っている言葉も音であり、その言葉に従って世界が日々創造されています。純粋なエネルギーを言葉というフィルターでどのような形にするかは私たちの意識次第です。日々使う言葉は注意が必要です。矛盾の無い気持ちと言葉が本来の自分の道を歩むキーですね。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き, 現実化・シンクロ(共時性) , , ,

  関連記事

no image
臨界点を待つ

水が氷になる瞬間、突然氷になります。呼吸でも、吸う息が吐く息に変わるポイントも、突然吸うから吐くに変わります。そのような臨界点は様々な出来事にも当てはまると感じます。 一歩踏み出したことが、なかなか達 …

情報に振り回されず自由に生きる

この世界には様々な情報が存在しています。毎度お馴染みのフレーズですが、現代は情報社会。多種多様な情報が簡単に入手できるようになりました。そして、真実を表す情報だけではなく、嘘・偽りの情報も多く出回って …

体のケアで本来の生き方に繋がる

昨日のアウェイクニングプログラム5期のワークショップは大野百合子さんをゲスト講師に迎えて行う恒例のヒプノセラピーワークショップでした。 百合子さんの経験に基づく深いヒプノやボディーワークで11月に行う …

no image
合意された時空

昨日はあるイベントがあって蒲田から品川へタクシーを拾って帰りました。しかし、そこはあまり流しのタクシーが少ないところなんです。そしたら、ちょうど一台のタクシーが来ました。手を挙げたのですが、通り過ぎて …

no image
傷つかないための反応

私たちは体験したいことしか体験できません。言い換えれば、体験したい事は体験することができる、という事になります。しかし、抑圧した感情や葛藤があると、そのほとんどが「過去」からの比較で自動的に行われてし …

エンジョイ ミックス♪

僕は何を隠そうミックスマニア。いろいろなものを混ぜることが趣味。その威力はファミレスのドリンクバー(アイス)で主に発揮されています。 ドリンクバーって、いろいろな飲み物がありますが、単品で選べば数種類 …

no image
無意味な判断♪

この世に存在している僕たちは皆ユニークな魂を持っている存在です。魂は完全であり、何も学ぶ必要性は無いしそれだけで完璧。人それぞれはユニークな存在で、全く同じという人はいないのがこの世界。だから、自分を …

アトランティスと現代

アトランティスは哲学者のプラトンによって記述され、今までに様々な検証がされてきている文明です。スピリチュアル的な観点から見れば、アトランティスは実験の場であり、何度も何度も実験が繰り返された文明です。 …

火の鳥 太陽編

手塚治のライフワークとも呼べる大作「火の鳥」。火の鳥は、宇宙の私達を作った存在や、宇宙エネルギーを象徴する鳥として描かれており、火の鳥はヤマト編や宇宙・生命編など、様々なタイトルがあります。その中でも …

no image
GENESIS

今ここにいる感覚を持つこと。これが「今」を生きるということでしょう。しかしなかなか難しいものです。どうしても未来の不安や過去の失敗などが頭を過ぎる時があるものです。しかしやはりそれは幻想なんですよね。 …