世界は音と形で出来ている証

yantra

上記はヤントラと呼ばれるヴェーダの伝統的な銅版です。ヤントラとはこの世界のシステムを描いていたり宇宙の真理を描いている幾何学的な模様で、ヴェーダでは瞑想や儀式に活用されてきました。これだとよく意味が分からないので、民衆に伝わりやすいように、下記のシヴァ神だったり、ガネーシャやラクシュミ、クリシュナ等のインドの神々の姿に変換されてきました。なので、インドの神々の原型は上記のヤントラ的な幾何学なんですね。ヤントラはその後チベット密教・仏教へと伝わり曼荼羅(マンダラ)として普及します。マンダラは私たちの意識や仏陀の生涯などを描いている本質的な図柄です。ヤントラは様々な形がありますが、マンダラは基本的には統合や完全を象徴する円で描かれます。ヤントラもマンダラも、音になるとマントラ(真言)になります。

siva

この世界は上記のヤントラやマンダラのように形、そしてマントラのように音で出来上がっています。形があるということは、音と色があるということです。そしても元を正せば、実際は何も形は無く単なるエネルギーであるとも言えます。般若心経では、色即是空、空即是色、という世界感で唱えられていますね。

 

音と形が同じであることが分かる動画を下記でご紹介します。2007年にもご紹介させていただいていますが、スコットランドのロズリン大聖堂の壁面に施されているキューブが音になっていることを表す動画です。2007年にイギリスのトーマスミッチェル氏(Thomas Mitchell)とその息子で作曲家・ピアニストのトーマススチュアート氏(Thomas Stuart)がスコットランドにあるロズリン礼拝堂の壁面に隠されていた音の暗号を解読しました。ロズリン礼拝堂は「ダ・ヴィンチ・コード」でも最後の方で秘密が眠る場所として描かれていた礼拝堂であり、秘密結社のテンプル騎士団と関わりが深くある場所です。

 

薄い金属の板に細かい粉を均等に乗せ、その縁をバイオリンの弓でこすると粉は動いて一定のある形状・幾何学模様を示します。音の周波数、ピッチによ り形が形成されるんです。ミッチェル氏はその点に気付き、ロズリン礼拝堂の壁面にある幾何学模様のキューブと一致させることに気付き、そこから音を発見し たとのことです。

 

 

結局、私たちが日々使っている言葉も音であり、その言葉に従って世界が日々創造されています。純粋なエネルギーを言葉というフィルターでどのような形にするかは私たちの意識次第です。日々使う言葉は注意が必要です。矛盾の無い気持ちと言葉が本来の自分の道を歩むキーですね。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

メールマガジン

ENJOY NOWでは「ワクワクした人生をゲットするための情報」をテーマにしたメールマガジンを発行します。購読は無料。お気軽にご登録ください。