ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

複雑な世界からシンプルな世界を創造する

   

Zemanta Related Posts Thumbnail

この世界はまさに情報社会です。今から500年前に始まったルネサンスの時代から情報がどんどんと増えてきています。時代が進むに連れて、情報量が倍々ゲーム的に膨れ上がってきています。特にメディアの発展、インターネットの普及も手伝って、どんどんと世界は複雑になってきています。

 

でも、この世界は実際とてもシンプル。想った事、意識した事がが目の前に創造され、それを体感するというシンプルな仕組みです。しかし、情報の複雑化によって、何かを現実化させるのにもいろいろなアプローチが歴史とともに増えていて、すぐに現実化させればいいのに、様々なアプローチや概念を通すので一筋縄では行かないようになっています。

 

もちろん、情報が増えて、様々なテクノロジーが発展しているのは間違いありませんが、私たちの心は複雑になり、何かを手に入れるために「まずこれをしてから、これをして、それができたらこれをする」というように様々なややこしい手順の概念も増えてきていて、その方法にどっぷりとはまってしまうと他の簡単な方法やアプローチは蚊帳の外になりがちです。結果的に頑固になったり、ビジョンが狭くなり、「こうでなければならない」という正しさの必要性が強調されてしまいます。

 

今の時代、情報を減らすということは不可能で、これからもどんどんと情報量は増えていくでしょう。なので、もっと複雑な情報社会になり、それに伴う心の揺れも増えていくように感じます。だからこそ、今の時代「柔軟さ」「工夫さ」がとても大切で、様々な情報の中で混乱するのではなく、情報を活用しつつシンプルな道を生きるためには欠かせない要素だと感じます。「こうでなければならない」というアプローチから少し離れ、工夫をしてもっと楽でシンプルでオリジナルな方法を創造していくことが柔軟に生きるキーでしょう。今の時代、創造力を活用するチャンスも増えています。日々の日常の中で、自分の創造力を活用するチャンスがあります。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

no image
2012年へ向けて

2011年が終わり、2012年が始まります。昨年は世界的にも様々な出来事が起こりました。東北の震災の影響は今もなお多くの人に影響があります。被害に合われた皆様には本当に心からお見舞い申し上げます。 個 …

no image
Commitment

何かを成し遂げる、自分の夢を現実化させるためには一点の曇も無い意図が必要になります。英語ではコミットメント(Commitment)と言われますが、日本語で言うと「全力を注ぐこと」「献身」「約束」「覚悟 …

no image
古からの繋がり

横浜のパシフィカ横浜で開催されている「海のエジプト展」に行ってきました。カノープス、アレキサンドリアなど、海の下に沈んだ古代の町の遺跡を展示してあり、素晴らしいの一言。 特に小さな祠の遺物はアカシック …

フォトリーディング

フォトリーディングという本を写真のようにスキャンするユニークな速読を学び、日常で実践しています。一般的な速読として思い付くのが、本の一行一行を素早く目で追いつつ理解していくものですが、フォトリーディン …

劣等感をありのまま包み込み自尊心へと変換させる

他者との比較の中で私たちは様々な劣等感・コンプレックスを持つことがあります。羨ましさ、妬み・嫉妬を生み、更に罪悪感や自己否定感を保持してしまいます。学歴や容姿、能力、恋愛・・・様々な領域に劣等感は生ま …

五感・感情が導く多次元へのゲート

娘が生まれて100日。昨日はお食い初めの儀式を行ってきました。健やかに丈夫に、豊かに生きるための儀式でしたが、日本には様々な子供のための儀式があって、それぞれが家族との絆を強めるためのものなんだなぁっ …

no image
失敗や不安の壁を越える

昨日の夜の話になりますが、夜11時頃最後の出荷から返ってきた時、空が夕焼けのように空一面が赤く見えました。不思議に感じていましたが、昨日太陽の周りに虹が円のように現れ、太陽の中心に陰陽を表すかのような …

no image
言葉の乗り物

私達が普段使っている言葉は全て形を持っています。目には見え無いのだけども、全てに言葉の意図が入った形。例えるなら、「乗り物」ですね。 例えば、電車や飛行機。目的地が設定されていて、ちゃんと目的地まで運 …

複雑からシンプルへ

この世の中には複雑な事や困難で入り組んだ事などがあります。そこに私たちはどっぷり浸ると、心配や不安、嫉妬や傲慢、苦労など自分自身の可能性を抑圧してしまう要素が生まれてきます。 しかし、どんな物事もよく …

no image
シュールさの中に

僕はシュールな作品や映画、演劇が気に入ってほぼ毎日と言っていいほど見ているかもしれません。思いっきり笑えるものももちろんありますが、なんとなく心の中で残るものや何とも言えない驚きも与えられるようなそん …