ゆだねるだけでは人生のビジョンは展開しない

Zemanta Related Posts Thumbnail

自然にゆだねることが大切だという考え方があります。考えすぎるよりもゆだねることが大切だということは確かに一理ありますが、ゆだねるだけでは人生のビジョンは展開していきません。

 

ポイントは、ゆだねるの中に意図があるかということです。つまりは「意図にゆだねる」という言い方になると思います。意図とは、暗闇の中を航海する時に照らす灯台の灯です。この灯台の灯さえあれば、簡単でただそこに行けばいいだけです。これが意図です。

 

もし意図が無く自然にゆだねると、過去の思考パターンや行動パターンに従って行動し、結局また同じ場所に到着したり、様々な自然の現象や外側の影響を受けて、結局違った場所に到着してしまうということが起こります。

 

意図を持って、自然にゆだねることで、本来の私たちのビジョンの道へと入っていきます。ゆだねたら、体をしっかりケアしつつリラックス+軽い気持ちで日常をエンジョイしていくことでがポイントです。

Follow me!

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。