ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

自然界のバランスと生きる

   

natural_love

自然の中にいくとリラックスできたり、気持ちがスッキリとしますよね。川のせせらぎ、高原の爽やかな風、静かな波音が響く海岸、イルカと一緒に泳いでいる瞬間。その光景を思い描くだけでも、リラックスできそうです。

 

自然の中に行くと気持ちがいいのは、シンプルに自然界には不安や心配、ブロック、葛藤等が一切ないからですね。自然界には人間のように偏見が無くて、いつでもバランスに保たれています。木は木で満足しているし、石は石としてただ存在して静寂さと共存しています。その自然との共鳴することで、私たちに本来ある純粋さが拡大するんですね。

 

しかし、私たち人間は自然界の存在とは異なる点があり、その一つは「過去」や「未来」、「私」と「他者」というように比較をすることです。それは外側に自分の正しさの証を求めている状態です。様々なブロックや抑圧などを外側へ投影して、生きてきた証を正当化していると、自己憐憫や自己重要性の罠にハマってしまいます。この状態のままでは、この状態がループして、欲しいものやなりたい自分になるのに時間が掛かります。

 

自然界の持つバランスは本来は私たちの中にもあるものです。その部分を知ることができたり、繋がることができていれば、例え人工的なものに囲まれていても、自然の中にいるときと同じ状態でいられるものです。個人的な想いやブロック等を外側の自然に投影していないか注意して投影をストップしていくことで、自然との繋がりや絆が深まっていきます。例えば、石の浄化。本来石はそれだけで満足しているのですが、石に個人的なブロックを投影することで、石が疲れて見えたり、くすんで見えたりし、石は浄化が必要だという概念が生まれます。でも、実際は私たち人間が浄化が必要なんです。自然界に個人的なブロックを投影することを止めていくと、本来の自然の姿が見え、つながりも深まりますし、私たちの本来の姿も自分の力で分かってきます。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き ,

  関連記事

リアリティーと夢

今住んでいる世界、今目の前に表れていて認識している世界はリアルです。目の前に机があれば、「机」として認識できるし、誰かがいれば「人」として認識ができ、テレビに映し出される映像もリアリティーとして認識し …

no image
人間を体験する

スピリチュアルや霊的なプロセスを探求している時、スピリチュアルな面を強調して見ようと努力してしまったり、全ての出来事をサインとして見ようとする傾向があります。もちろん探求することは悪いことではありませ …

時間の枠を超越している私たち

当たり前のように使っている時間とうものはとても柔軟です。どのように日常を味わうかによって、長く感じたり短く感じたりするものですね。   時間とは五感・感情と捉えることができます。日常で感覚意 …

no image
タイミング

様々な出来事や出会い等にはタイミングが必ず存在しています。時間軸に当てはめて考えれば、それは様々な要素が絡んでいて、時間と時間が交差している部分。例えば他人とのタイミングがありますね。あの人が、この道 …

no image
習慣から離れるコツ

人間には習慣というものがあって、例えば、ある原因があり体が緊張してしまう環境に長い間いるとします。そして、あるタイミングでその環境がガラリと変わって、緊張の原因となることが消えた状態になっても、習慣で …

コミュニケーションを通して自分を知る

私たちは日々他者との交流の中で生きています。他者との交流の中で、自分自身を知る旅をしているんですね。自分自身を知るためには、他者とのコミュニケーションが不可欠です。あの金八先生が言っているように「人間 …

no image
アウターチャイルド

インナーチャイルドという概念があります。これは小さな頃の体験が癒されていずに残っている概念になります。子供の頃の体験が今に影響を及ぼし、反応が出てくることがあります。その場合、子供の頃の体験をよく観察 …

ココロの翼を広げて

私たちの意識はとてもパワフルですし自由です。何の障害も無い空間を自由に飛びまわる鳥のように、私たちは翼を広げて様々な領域へと意識を拡大させることができ、その意識が味わう事を体を通して体感することができ …

no image
五感について

思い込みは人を困惑させてしまう、ということにハッとしました。ある仕事で打ち合わせにいきましたが、私は当然のように知っていることを相手に伝えましたが完璧に伝えることができませんでした。やはり相手の視点に …

恐れからの行動から喜びの行動へ

私たちは日々の日常の中で様々な恐れや罪悪感、義務感が原動力となった行動を取る傾向があります。 「病気にならないように食事制限をする」 「お金が無くならないように働く」 「苦労しないように勉強する」 「 …