ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

第3の眼だけではアンバランスになる

      2014/02/28

playfulness

スピリチュアルな世界や精神世界では霊性を高めたり、サイキック能力を活性化したり、明晰性を高めるために、第六チャクラの第3の眼を活性化することがポイントと言われています。僕自身もワークショップでは第3の眼を活性化するためのワーク等をお伝えさせていただいております。

 

しかし、ここには大きな罠が潜んでいます。もちろん、第3の眼は先ほども書いた通りの能力を高める、明晰性を活性化するためには重要ですし、第3の眼が活性化すると内なる教師と呼ばれる自分自身の中心との繋がりも強化され、今何をすべきかという情報やガイダンスを受け取る事もどんどんとできるようになります。ただ、それはバランスが取れていればの話です。

 

もし、第3の眼ばかりを活性化すると、自己重要性の罠にハマり、暴君的、凶暴、独裁的、調和を乱すようになってきたり、強引さやワガママになってきてしまいます。また、意志が弱くなったり, 他者が自分をどう思っているのかと気にし過ぎるようにもなる傾向がでますし、フワフワし過ぎて非現実的にもなってきます。昨日も書きましたが、他者に対するコントロールもこの部分も一つの原因です。能力が高まってくると、他の人がやっていることが気になり、ついつい手出しをしたくなるもの。これは誰もが陥る可能性があります。

 

ポイントは地に足をしっかりと付けるグラウンディングをして、自分の中心をしっかりと保持しておく事です。また、他のチャクラのバランスを取ることもとても大切です。何事もそうですが、偏ってしまうとアンバランスな人生となってしまうものです。バランスが取れると、明晰性が高まり、様々な眠っていた能力が活性化したり、明晰夢が見れるようになってきたり、体外離脱や幽体離脱もできるようになったり、情報に対してもオープンになり、日常が満足した状態へと適切な形でなってきます。

 

まもなく「アカシックレコードワークショップin新潟」が3/1(土)2(日)の2日間の日程で、新潟県上越市にて開催となります。お申込は前日まで受け付けております。ご参加お待ちしております。東京では4/5(土)6(日)に開催予定です。

 

3/1(土)3/2(日) 2DAYSワークショップ 「 はじめてのアカシックレコードin上越」
初めての新潟開催!アカシックの基礎から実際のアクセスを行う2日間。 イルカのようにチャンネルを開き、アカシックレコードからの情報を日常に活かしましょう。

日時:2014/3/1(土)3/2(日) 10時~17時
料金:49,000 円(税込)
会場:上越市民プラザ※詳細はお申込後にお伝えします。
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic_joetsu.php

4/5(土)6(日) 2DAYSワークショップ 「はじめてのアカシックレコードin東京 」
イルカのようにチャンネルを開き、アカシックレコードからの情報を日常に活かしましょう。

日時:2014/3/29(土)4/5(土) 11時~18時 ※日程変更となりました。
料金:48,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/akashic.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , , , , ,

  関連記事

全ては仮説

最近、有限会社B.E.の龍治さんに「99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方」という本を借りました。まさに、今の世の中の現象を説明しているとても面白い本です。今の「常識」や「説明」は科学とい …

能力を身に付けるために必要なこと

台風も過ぎ、今日の東京は真夏日でした。暑い一日。熱中症に気をつけないとですね。本日はこれから、「ハートのためのヨガ」を行います。僕が行うヨガは単なるポーズだけではなく、8つのヨガの概念に基づき呼吸法や …

no image
純粋なエネルギー

私達は日々エネルギーに囲まれて生きていて、様々なラベルを付けて認識しやすいようにエネルギーに名前を付けたりしていますね。 例えば、電気エネルギー、磁気的エネルギー、癒しエネルギー、天使のエネルギー、感 …

no image
前世と時空

前世と言った場合、この次元から見ると2通りの見方(方向)が。それは、魂意識の旅と、肉体意識の進化。更に時空間にフォーカスすると、複数のタイムラインが存在し同時に今の自分が無数に存在する。更に更に時間と …

no image
習慣から離れるコツ

人間には習慣というものがあって、例えば、ある原因があり体が緊張してしまう環境に長い間いるとします。そして、あるタイミングでその環境がガラリと変わって、緊張の原因となることが消えた状態になっても、習慣で …

火の鳥 太陽編

手塚治のライフワークとも呼べる大作「火の鳥」。火の鳥は、宇宙の私達を作った存在や、宇宙エネルギーを象徴する鳥として描かれており、火の鳥はヤマト編や宇宙・生命編など、様々なタイトルがあります。その中でも …

no image
体のケア

私たちは体を使って、この世界を体験しています。私たちの本質の部分、よく魂と呼ばれている意識は完璧で、全て知っています。普遍的な部分ですね。 スピリチュアリティ、つまり人間が本来から知っている本質的な部 …

no image
スカスカの世界と意識の力

私たちの生活の中には目に見えていないけど、その存在を認めているものがたくさんあります。その中でも分かりやすいのが電気の存在です。コンセントに電源を繋いで機械が動き出せば電気があるということが分かります …

no image
浄化のもう1つの見方

スピリチュアルな概念では様々な場面で「浄化」というキーワードが出てきます。一般的に浄化とは、「不要なエネルギーを純粋なエネルギーに変換する」「汚れたエネルギーを綺麗にする」といような意味合いで使われて …

no image
シンボリックな現実

私たちの周りには様々な事が起こっています。もちろんそれはある同意に基づいた情報であったり、結果であったり、プロセスの一つであるのですが、外側で起こる出来事に執着してしまう傾向があるように感じています。 …