ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

情報を明晰に受け取る力の必要性

   

Zemanta Related Posts Thumbnail

ブログでよく書いておりますが、現代は情報社会ですね。インターネットはもちろん、スマホなど情報端末の普及もあり、日々情報量は増えてきています。様々な情報を活用できるので、いろいろなチャンスがあり自分の可能性やビジョンを現実化しやすい時代とも言えるように感じています。

 

しかし、自分のビジョンに活用できる情報もあれば、世知辛い情報というものも同時に増えています。情報が二極化しているようにも感じています。そして、世界は悲しみや切なさでつながりやすく、無意識に悲しみに参加してしまうと、極端になりがちにもなります。

 

例えば、「○○はいけない」「○○をしたらダメだ」というような情報があったとすれば、それがFacebookやTwitterなどのSNSを通じて拡散され、その情報が真実かどうかを考える暇がなく、「その情報は真実であり誰にでも当てはまる常識」として認識されてしまいます。すると、その情報に流されてしまい、本来の自分のビジョンを体験することができなくなってしまうということが起こり得ます。

 

これからの時代、大切なのは明晰性。本質を味わう力ですね。情報に対して一喜一憂するのではなく、ある情報が来た際にそれが自分の道に役立つことができるのかどうか、自分らしさなのかどうかを見極める力が大切になってくる時代だと感じています。他者からも「これをした方がよい」という話も増えてくるでしょうが、それが自分の道に相応しくないと感じたら、正直に断る勇気も必要です。

 

今週の金曜日は春分の日。体に感謝をして、これからのビジョン・明晰性を祈るためのイベント+薬膳鍋de春分の宴を開催します。残席2席となっております。ご興味ある方はお早めにお申込ください。

3/21(祝・金) ハーフデイワークショップ 「 春分の日の祈りの集い+春分の日の宴 」】
あちら側とこちら側が繋がる日に肉体へ感謝しビジョンを祈るイベント+薬膳鍋de春分の日の宴!

日時:3/21(祝・金) 10:00-12:00 宴:13:00-15:00
料金:3000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/syunbun2014.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

no image
隠されていること

本当の出来事を知ることはとても難しいものです。特に歴史について。学校で日本史や世界史を学んだり、歴史に関するテレビを見たり、本を読んだりしても、それはあくまでも紙やメディアを通した記録に過ぎず、それが …

no image
Q&A 意図について

今回は意図に関してご質問を頂いたので、その回答を掲載したいと思います。参考にしてみてください。 Q. 意図を明確にするのが苦手で、自分の意図したことが本当に結果になっているのか自信がありません。どの瞬 …

新鮮な毎日へ

今日一日はいつでも新鮮で人生の中でも唯一無二の体験が用意されています。昨日と今日はユニークな一日ですし、明日もユニーク。そして、毎日、私達の本質の輝きは輝いています。 しかし、私達の体はなるべく安心し …

怒りの感情を創造力にするための方法

怒りの感情は創造力に変換することができます。怒りのエネルギーは使い方によっては、自分や他者を傷つけることにも使えるし、自分の創造力を引き出す原動力にも使えます。   そもそも、怒りだけではな …

「いけない」という恐れからの脱却

ついつい使う言葉「~しなきゃいけない」 日々の生活の中で私たちは様々な情報に触れています。日々、情報量は倍増していますね。その情報に飲み込まれてしまうと、様々な「いけない」という概念が付きまといます。 …

no image
光と影

この地球のシステムは光と影で構成されています。光が大きくなれば、影も必ず大きくなります。結局は、光=影という図式が成り立つことになるように感じます。メリットがあれば必ずデメリットも存在するし、正しいと …

罠から目覚めてワクワクする秘訣

結局のところ、今この瞬間に目の前に表れている現象は、自分自身が体験したいという何らかの意図・意義があり、現実化しています。自分自身で描いた脚本通りに現実は展開しています。この意味で、今の自分を生きるこ …

no image
既に存在している

例えば、目の前に一枚の白い紙があるとします。これから、その紙に絵を描こうとしているところをイメージしてみてください。 頭の中では、何を描こうかと考えたり、構図を考えたり、「あの時、こうしたから今日はこ …

One Vision

クィーンの代表曲に「One Vision」という曲があります。この歌詞は非常に的を得ていると感じています。 Visionという言葉には様々な意味があります。 「視力」「見通す力」「洞察力」「想像力」「 …

no image
信頼とビジョン

私達は、様々な場面で、傷ついてしまったり、将来に対して不安や心配で圧倒されてしまい、自信を無くしてしまうということがあります。 自信というのは考えているだけで身に付くものではなく、行動することによって …