ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

情報を明晰に受け取る力の必要性

   

Zemanta Related Posts Thumbnail

ブログでよく書いておりますが、現代は情報社会ですね。インターネットはもちろん、スマホなど情報端末の普及もあり、日々情報量は増えてきています。様々な情報を活用できるので、いろいろなチャンスがあり自分の可能性やビジョンを現実化しやすい時代とも言えるように感じています。

 

しかし、自分のビジョンに活用できる情報もあれば、世知辛い情報というものも同時に増えています。情報が二極化しているようにも感じています。そして、世界は悲しみや切なさでつながりやすく、無意識に悲しみに参加してしまうと、極端になりがちにもなります。

 

例えば、「○○はいけない」「○○をしたらダメだ」というような情報があったとすれば、それがFacebookやTwitterなどのSNSを通じて拡散され、その情報が真実かどうかを考える暇がなく、「その情報は真実であり誰にでも当てはまる常識」として認識されてしまいます。すると、その情報に流されてしまい、本来の自分のビジョンを体験することができなくなってしまうということが起こり得ます。

 

これからの時代、大切なのは明晰性。本質を味わう力ですね。情報に対して一喜一憂するのではなく、ある情報が来た際にそれが自分の道に役立つことができるのかどうか、自分らしさなのかどうかを見極める力が大切になってくる時代だと感じています。他者からも「これをした方がよい」という話も増えてくるでしょうが、それが自分の道に相応しくないと感じたら、正直に断る勇気も必要です。

 

今週の金曜日は春分の日。体に感謝をして、これからのビジョン・明晰性を祈るためのイベント+薬膳鍋de春分の宴を開催します。残席2席となっております。ご興味ある方はお早めにお申込ください。

3/21(祝・金) ハーフデイワークショップ 「 春分の日の祈りの集い+春分の日の宴 」】
あちら側とこちら側が繋がる日に肉体へ感謝しビジョンを祈るイベント+薬膳鍋de春分の日の宴!

日時:3/21(祝・金) 10:00-12:00 宴:13:00-15:00
料金:3000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/syunbun2014.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

ゆーーっくりとマイペースで過去から「今」へ

私たちは過去の記憶で生きてしまう傾向があります。それが、思考パターン、行動パターンや無意識の癖や習慣を作り、日々同じような行動を取ります。そして、自ずと結果も同じになります。もし日常に不満があるとすれ …

ブロックをリリースした後に何を入れるか?

暖かい季節になってきましたね。ワールドブルーアウェイクングプログラムも4月末にスタートし、また音声(ポッドキャスト)を使ったワールドブルーラジオもスタートし、ワールドブルーは春から新しい挑戦が始まって …

無邪気な喜び

週末に妹夫婦の家に甥っ子の様子を見に行ってきました。 久しぶりに見ると本当に大きく、そしてプックリしていました。 笑顔も頻繁に見せるようになってきていて益々可愛くなってきました。 そして、首も据わった …

no image
自分が分からなくなった時

この世界の仕組みや、様々な出来事が展開していく事を冷静に観察することができてくる、つまりは自分の事に気付いてくると、今まで考えていた人生とは見方が変わってきます。この前書いた記事でもそうですが、それは …

no image
シンボリックな現実

私たちの周りには様々な事が起こっています。もちろんそれはある同意に基づいた情報であったり、結果であったり、プロセスの一つであるのですが、外側で起こる出来事に執着してしまう傾向があるように感じています。 …

すべてが繋がっている意識を日常に

この世界では私たち一人ひとりは分裂していて、個として一人ひとりが存在しています。「わたし」と「あなた」という主観と目的がある世界が私たちが生きている現実世界です。それと、同時に「全ては繋がっている」と …

no image
ジャッジを手放す

判断すること。英語だとジャッジすること。この「判断」することを手放すと本当に気持ちが楽になると感じています。判断とはこれが良いとか悪い、~により上だとか、~より良いなど全ての私達が個人個人受け取ること …

人類初の体験

私たちは誰しも様々な体験・体感をして、「知っている」状態へと近づいています。そして、人類の全てがこの地球での体験をし終えたとき、集合意識でもあるアカシックレコードのデータが一杯になり全ての観察体験が終 …

no image
一歩を踏み出す

何か新しいことや、今まで体験していないことを行なう時、ためらいがあります。もしかしたら人を傷つけてしまうんじゃないかとか、どうせ自分には無理だとか思い込んでしまって。様々な情報や他の人の経験を自分のも …

no image
流れ

流れに任せる、流れに乗る等「流れ」という言葉は日常よく使われる言葉ですよね。では流れとはどのような意図がある言葉でしょうか。場面によって日本語での使われ方はいろいろありますが、よく使われる意味としては …