ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

恐怖が妨げる新しい挑戦

   

Zemanta Related Posts Thumbnail

何をするにも体が恐怖を味わっていると、いくら頑張ったり、努力して勉強したりしても、なかなか身に付くことができなかったり、時間が掛かったり、また元通りに戻ってしまうということが起こります。

 

私たちの体はとても臆病で、長年培ってきた癖や思考パターン・行動パターンに縛られています。なので、新しい何かを身に着けたかったり、新しいことに挑戦しようとすると抵抗をしてきます。面倒くさくなったり、三日坊主で終わったり、いろんな言い訳をして後回しにしてしまったり。いろいろな抵抗が出てくるものです。

 

このアプローチを特に意識した新しいイベント「ドルフィンイングリッシュクラブ」を北欧雑貨カフェのhaccoさんにて22日(土)に開催しました。このクラブは英語を使えるようになりたいけど英語はアルファベット位しか分からない、英語を使うことに対して恐怖がある、という方を対象にした英語スイッチを押すためのクラブ。スキルアップや英語上達を目指すことを目的にはせず、間違ってもOK、日本語も使ってOK,文法も気にせずにとにかく英語を使い英語モードを体に教えるようなスタイルで行います。実際には、英語を使うための心理的な恐怖を取り除く心理的な手法やヨガなどで体をリラックスさせてから、実際に英語を使ってみるということを行いました。(今後も行っていきますので興味ある方は是非ご参加くださいね。)

 

やはり、心理的なブロック、抑圧している感情などをリリースしていくことが本当に大切だなと思います。ダイエットのインストラクターをしていたことのある友人の話でも、ダイエット成功の要因は90%が心理的要因が関係しているという話。慌ててダイエットをすると体は抵抗をして、例え体重が落ちても、まさにリバウンドで戻ってしまう傾向があるものです。もし、何か新しいことをチャレンジする場合、はじめからカンペキを求めず、焦らないこと。それと同時に運動や軽いエクササイズ、瞑想やリラクゼーションなど、体のケアも一緒に行う事をおすすめします。
本日4月のワーク情報を掲載しました。上部のワークショップ情報をご参照ください。次回のドルフィンイングリッシュクラブはワールドブルーにて4月2日(水)に陽気に開催します。ご参加お待ちしております。

 

4/2(水) イブニングワークショップ 「 ドルフィンイングリッシュクラブ 」
英語を使うキッカケを作るためのクラブ。英語の恐怖をリリースし、楽しく柔軟に英語を使うために。

日時:4/2(水) 19時~20時30分
料金:1,000 円(税込+お茶付き)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/DEC/index.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 健康・ヒーリング, 意識・心・気付き , ,

  関連記事

本当の自分のビジョンを知った後の罠

アウェイクニングプログラム第一期は折り返し地点になり、そしていよいよアウェイクニングプログラムの第二期も8月1日からスタートとなります。創造の源、それは私たちのインスピレーションやビジョンが存在してい …

アバターと繋がるために

天使等の著書で著名なドリーンバーチューさんの「願いを叶える77の扉―大天使とマスターを呼ぶ」をおすすめします。この本は、アバターと呼ばれる存在や天使達の種類や意図を明確に記載されています。どんな状況の …

オーロラの彼方へ(Frequency)

オーロラ。最近、僕の中でキーワードになっている言葉です。そして出会ったのが「オーロラの彼方へ(英題:Frequency【周波数】)」という映画。 この映画は30年振りに現れたオーロラが引き金となり、ハ …

五感・感情が導く多次元へのゲート

娘が生まれて100日。昨日はお食い初めの儀式を行ってきました。健やかに丈夫に、豊かに生きるための儀式でしたが、日本には様々な子供のための儀式があって、それぞれが家族との絆を強めるためのものなんだなぁっ …

no image
気持ちが沈んだ時こそ♪

 気持ちが沈んだ時って、なかなか体を動かしたり出来ず、いろいろと考えてしまい何をするにも億劫になりがちですよね。 体にはパターンがあります。それは、同じ事を繰り返すという癖ですね。どんな事があったにせ …

恐れはパワフルに私たちの想いを増幅させる

ビクビクすることや怖いと感じることに対して、過敏に反応したり戦ったりすることで、更に対象となるものに力を与えることになります。   例えば、寺院にある仁王像などちょっと怖い顔をしている仏像。 …

曼荼羅 for 東北の友人達、皆様へ

今回の地震・津波で他界された方々へご冥福を祈るとともに、被害を受けられた方々とそのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。 僕は大学時代を福島市で過ごしました。また、仙台のアクリスとの共同で様々なワ …

調和の音を知るためのコミュニケーション

音は本当にパワフルです。どんな音でも、その中には私たちの意識を何らかの形で揺さぶるエネルギーが含まれています。そして、私たちそのものが音の一部であるとも言えます。   一人ひとりが、この世界 …

no image
ロズリン礼拝堂の音の暗号

先日イギリスのトーマスミッチェル氏(Thomas Mitchell)とその息子で作曲家・ピアニストのトーマススチュアート氏(Thomas Stuart)がスコットランドにあるロズリン礼拝堂の壁面に隠さ …

誰しもが言語能力を持っている

最近、よく英語を話せたらいいなぁ、という声をよく聞きます。確かに英語が話せれば、世界の様々な人とのコミュニケーションができるようにもなりますし、どこに行っても何とかなるものです。(全く英語が通じないと …