ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いた「本当の自分を知る」ためのメッセージブログ

ENJOY NOW

恐れや嫉妬のループから出るために

   

creative_source

外側に対して不満や恐れなどがある場合、大抵それは自分の中にある抑圧やブロック、葛藤や固定概念や思考・行動パターンなどが潜んでいることがよくあります。その部分が外側の刺激によって活性化され、対象に対して怖くなったり、怒りを感じたり、悲しくなったり。

 

外側の不満や恐れに対して戦うと、結果的にその対象にエネルギーを注ぐことになりかえって対象物が大きくなります。そして、自分の中の恐れも大きくなり、また戦う・・・というループが起こります。

 

他者との比較もそうですね。「あの人に負けたくない」「なんで私だけがこんなこと言われなきゃならないんだ」という想いや嫉妬も同じで、どんどんと恐れの源が増幅します。許す、許さない、という概念も同様です。

 

このループにはまらないためには、外側に見返りや証明を求めることをストップして、自分自身で自分の価値を認める必要があります。自分を認めることが自分の力でできれば、外側で何が起こっていても参加する気持ちも無く、ただ自然の一部として通り過ぎていきます。自分を認めるというのはとても難しいイメージがあるかもしれませんが、まずは自分の価値や個性を発揮することです。その際、相手にどう思われるか等の評価を一切気にせずに、例えば、絵を描くことに興味があれば、自分の好きな絵をただ描くだけです。

 

自分の価値を自分で認めるとは、自分の個性に気付き、それをオリジナルなやり方で行っていくことですね。そうすれば、それは唯一無二のものなので、外側の反応や他者との比較は無意味になります。

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

何かを新たに始めるときのポイント&LINEアカウントスタート

何かを始めるとき、それが三日坊主になってしまったり、面倒臭くなったり、億劫になったり、言い訳をしたりして、途中で止めてしまうことがあると思います。すぐに結果を求めようとしてしまうとき、そのような想いが …

no image
今にするか後にするか

受け入れられない事を受け入れる事が、次のステップへと進むキーになっているように感じています。 でも、次のステップに進む前の出来事は今までの自分にとって解決できないんじゃないかと思うような「プラスアルフ …

DreamScape

私たちの意識の中には様々な地球以外のシステムの情報も含まれています。夢のレベルでその感覚を味わっていたり、実際に「何か」が空間に見えたり、感じたり。 しかし、私たちの旅は、今この地球にいて、様々な体験 …

15000年の彼方へ

その時、光が差してきた。僕は青空を見上げている。寝ているのかまどろんでいるのか?それとも気を失っているだろうか?いずれにしても、ここは青い空と白い雲が浮かんでいる空間。   遠くから僕を呼ぶ …

まずは自分の気持ちを大切にするコミュニケーション

どんな問題でも突き詰めれば人間関係が関係しているものです。この世界の真理の一つ、それは言葉を使ったコミュニケーションです。コミュニケーションが希薄になると、人間関係上、期待のズレというものが起こりやす …

予知は体から

予知という能力についてですが、これは誰しもが持っている力です。 人間には魂意識と肉体意識が存在していますが、予知は肉体意識が行います。 そして90日前のことであれば肉体で知覚できると言われています。 …

no image
“I see you” from Avatar

昨日、川崎のIMAXに二度目のアバターを観てきました。前回は、その映像で圧倒されてしまった面が大きかったので、今回はストーリーに注意を払って観てきました。 アバターには、現代の物質社会に対するメッセー …

いつだって世界はあなたのために周っている

人はそれぞれ様々な悩みや不安を抱えていたり、または逆に全く悩みを持っていずに自由に生きているという方もいます。人は皆違います。どんな状況であろうと、それはあなたの人生です。   「あの人は悩 …

no image
喧嘩の中にいる自分

私たち人間は、あの金八先生も言っているように、文字通り「人と人との間」で生きています。自分という存在は、他者がいなければ、感じることができないのは確かです。 アカシックリーディングでも多いご相談の一つ …

no image
This is Life

私たちはこの世界に生きるために存在していると言っても過言ではありません。 どんな状況であっても、問題を抱えていようと、自分を知りたくても、どんなビジョンを持っていようと、ここで生きるからこそ「何か」の …