ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

情報に一喜一憂せず本質で生きるために

   

holograhpy

僕のブログでは毎度お馴染みになっているキーワード「現代は情報社会」。本当に日々情報は加速的に、そして倍々ゲーム的に増えています。TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアの影響もあり、私たちの生活にメディアからの情報もどんどんと入ってきています。これは、とてもすごい状態で、欲しい情報をいつでも入手可能であり、自分の可能性を拡大させていくチャンスがやってきているとも言えます。

 

しかし、その情報によって余計なエネルギーを使ってしまったり、一喜一憂してしまったり、不要な嫉妬や怒り、悲しみも味わう機会が増えているということです。昨日のブログとかぶりますが、様々な情報を鵜呑みにしたり参加してしまうと、その情報の渦の中に巻き込まれてしまい、本来の自分の姿から外れ、嫉妬や怒り、不安や恐怖などのループにはまってしまいます。

 

例えば、Facebookには様々な人からのリンクや情報のシェアが日々あります。その情報は実は捏造だったり嘘情報だったり、恐怖をあおるような情報もあります。集団心理も働き、そのような情報に多くの人が反応することで、その情報に真実味が高まり、「それはあぶない」「それは危険だ」「あの人が悪い」などの渦の中に参加をしてしまい、恐怖や不安のループの中に入ります。また、私たちは無意識でいると「悲しみ」で繋がる傾向があるので、メディアの中にある悲しみを強調する情報を他者に伝えたくなり、情報をシェアしたり、他者をコントロールして同じ悲しみで繋がろうとする事が起こります。まさに悲しみのループです。

 

この情報社会を生きるために、益々自分自身の価値・本質を自分で生きる事が大切になってきていると感じます。外側に自分を証明するのではなくて、自分自身の力で自分の価値を知るということや明晰性を持って生きることができれば、どんな情報があっても不要なものであれば通り過ぎていき、必要な情報のみが集まりますし、逆に一切不安や悲しみのループへの情報に偏らず、自分の本質をサポートしてくれるような情報のみに繋がるようになるでしょう。また、世の中に蔓延している操作的な情報も見抜く事もできるようになります。自分自身の創造力・クリエイティビティをどんどんと発揮していくことが一つの自分の価値・ビジョンに気付くためのキーです。やりたい事をできる範囲でいいので、日々行っていきましょう。

 

情報社会を明晰性を持って生きるコツを僕はリモートビューイングから気付かされました。様々な思い込みや固定概念、先入観が人生のブロックを作り、本質の情報から妨げています。リモートビューイングを行うことで、それらのブロックを外し、自分の本質へのゲートへと入っていきます。次回は5月10日11日の2日間で開催します。ご参加お待ちしております。

5/10(土)5/11(日) 2DAYSワークショップ 「 リモートビューイングワークショップin東京~イルカのようにクリアに生きるために 」
イルカのように明晰に、そしてクリアーに生きるためのワーク。思い込みや先入観を捨てて、別の時空を体感します。ゲリーボーネル氏との共同開発プログラム。

日時:5/10(土)5/11(日) 11時~18時
料金:49,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/remote_viewing.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

no image
意味の怖さ

全ての環境は自分に対する鏡でありメッセージだと気づきました。弊社の近所に住むお客さんが石を購入していただき、近所ということで実際に会って手渡しさせていただきました。その方も石に囲まれている方で様々な物 …

誰もが誰かに大切にされている

久しぶりの更新になってしまいました。お盆も終わり、まだ暑いですが季節的にはもう秋に入っていくんですね。娘っ子も3ヶ月を過ぎ、もうすぐ100日の「お食い初め」になります。一生食べ物に苦しまないようにとい …

一粒の水滴もたくさん集まると岩を砕く力に

たった一粒の水滴も、たくさん集まれば岩をも砕く程のパワーを持ちます。   これは、どんな事でも少しづつの力がいつの間にか大きなものになることの例えですね。塵も積もれば山となる。ということでも …

マントラの音で自分とつながる

マントラとは日本語にすると真言になり、「音」「言葉」を意味するサンスクリット語です。もう少し深い意味としては「本質を所持している音」ということになります。ちなみに、「本質を所持している色・形」になると …

no image
自信deハッピーライフ

アカシックレコードリーディングで「自信が無くてなかなか行動できない」というような質問があがります。 自信とは文字通り、「自分を信じること」「自分を信頼すること」になりますが、今までなかなかできなかった …

罠から目覚めてワクワクする秘訣

結局のところ、今この瞬間に目の前に表れている現象は、自分自身が体験したいという何らかの意図・意義があり、現実化しています。自分自身で描いた脚本通りに現実は展開しています。この意味で、今の自分を生きるこ …

自己表現vs自己証明

1000人いれば1000人とも違う視点をもっているのが私たち人間です。同じ映画を見て「面白い」と感じても、その見方は人それぞれ違うものです。そして、私たちはその中で生きて、自分自身を表現しています。 …

ホログラフィックな世界

今私たちが味わっているこの世界には、様々な人々が暮らしています。楽しい人生を味わっている人、辛い人生を体験している人、不安を味わっている人等。人間一人ひとりの体験はひとそれぞれであり、それぞれが貴重で …

no image
次のステップへ進むために。

私達は誰もが子供のときに親から認められたいという想いを持って育ちます。親がブロックやストレス、葛藤から完全に独立していれば話は別ですが、まさに親の背中を見て育つという言葉があるように、親からの愛や承認 …

no image
新・光の12日間

ゲリーの最新作『新・光の12日間―5次元へのシフト』が発売されました。以前発売された光の12日間を修正し、またゲリーのインタビューも追加されています。2011年~2012年のシフトと葛藤について、世界 …