ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

ビジョンが響き渡る日常

   

vision_expressions

 

どんな状況であっても、今の現実は感情と五感を通して味わっています。それをビジョンと呼ぶことができます。ビジョンと言うと、視覚的なイマジネーションを連想することが多いですが、ビジョンとは五感と感情の集合体です。完全に集合し統合するとき、五感を超えた感覚も活性化していきます。

 

今体験している世界もビジョンです。どんな五感や感情・フィーリングを味わいたいかという意識の衝動が表れて、一人ひとりの世界が展開しています。この世界は私たちのオリジナルの世界です。

 

シンプルに、悲しい気持ちで悲しい五感でいれば、悲しい世界がビジョンとして現れるし、楽しい気持ちでいれば楽しい世界がビジョンとして現れます。悲しいや楽しいも超えて、中立でバランスの取れた状態でいれば、その世界が展開していきます。この意味で、昨日と今日の世界は瞬間で奇跡的に変わることもあるでしょう。本当に昨日と同じ世界が続いているのでしょうか。記憶は継続しているように想いますが、私たちの意識は様々な方向を向いています。

 

いずれにせよ、自分のビジョンは誰の真似もできないオリジナルのものです。誰かの真似のみだと本来の自分のビジョンが展開しません。はじめは真似でも全く構いませんが、その中から自分の個性に気付き、その個性・オリジナリティの世界を現実のビジョンとして展開していくことで、私たちのビジョンは終わり存在へとなっていきます。

 

▼6月のワークショップに下記ワークショップを追加で企画しました。夏至へ向けて心身の準備はできていますか?

6/6(金) イブニングワークショップ 「 サウンドヨガ 」
特殊なサウンドやマントラを使ってヨガでリラックス&エナジャイズ♪

日時:6/6(金) 19時~21時
料金:3,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening289.html

6/12(木) イブニングワークショップ 「 マントラ・曼荼羅ナイト 」
マントラという本質の音と曼荼羅(マンダラ)という本質の色を使って自分と繋がるためのワークショップ。

日時:6/12(木) 19時~21時
料金:3,000 円(税込)
会場:ワールドブルー(東京都品川区)
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/evening/evening290.html

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き

  関連記事

言葉のキャンバス

この世界は全てに形があります。私たちが日々使っている「言葉」も形です。日々、些細な言葉であっても、何らかの形でこの世の中に姿を現します。この意味で、言葉はパワフルですね。 今この瞬間、目の前にある空間 …

no image
下手vs上手

日々私たちは誰かの創造力が現実化したモノと触れ合っています。パソコン、料理、ペン、映画、音楽、カメラ、机、靴・・・等など、認識しているモノは誰かの創造力から生まれたものです。日常の中で当たり前にあるも …

no image
ユニークネス

私たちの日常生活は人間関係で成り立っていますよね。学校、会社、仕事、遊び、家族、コンサート、買い物等・・どんな場面であっても、そこには他者が存在していて、他者がいるからこそ「私」が存在できて、体や五感 …

五感・感情が導く多次元へのゲート

娘が生まれて100日。昨日はお食い初めの儀式を行ってきました。健やかに丈夫に、豊かに生きるための儀式でしたが、日本には様々な子供のための儀式があって、それぞれが家族との絆を強めるためのものなんだなぁっ …

世界が見せている「私」の世界

今、目の前に表れている世界はリアルな世界として存在していますが、シャーマニズムの世界から見ると、例えるならば、バーチャルリアリティ的であり、ある種のプログラミングによって見せられている世界とも言えます …

no image
体のケア

私たちは体を使って、この世界を体験しています。私たちの本質の部分、よく魂と呼ばれている意識は完璧で、全て知っています。普遍的な部分ですね。 スピリチュアリティ、つまり人間が本来から知っている本質的な部 …

「分かる」感覚と繋がる

不安、悲しみ、心配、嫉妬、妬み、可哀想、恨み、傲慢さ・・・等々、日常には様々な感情的なストーリーがあります。このようなストーリーは、私たちの過去の体験や多次元的な記憶などによってリンクが作られた状態で …

ココロの翼を広げて

私たちの意識はとてもパワフルですし自由です。何の障害も無い空間を自由に飛びまわる鳥のように、私たちは翼を広げて様々な領域へと意識を拡大させることができ、その意識が味わう事を体を通して体感することができ …

no image
家族のダイナミクス

家族についての質問をコメントでいただいたので記事として書きますね。 なぜ人間には家族ということがあるのか。生物学や社会学等で様々な定義があると思いますが、神秘学的な視点では、大きく分けて2つの意義が考 …

通勤は運動にならない?

セッションやワークショップでお越しになる方に運動は最近されているかをお聞きすると「会社に行く際に歩いて行っています」という声をよく聞きます。   しかし、残念ながら通勤では運動にはならない事 …