ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

夏至から冬至へ 2014

   

gradation

ワールドカップサッカーinブラジル開催していますね。キャプテン翼の影響もあって、サッカー少年だったので様々な国の個性溢れるチームを見るのは楽しいです。日本の決勝トーナメント進出は厳しくなりましたが、世界中の選手達のプレイスタイルは国によっても違うので面白いですね。ちょうど娘っこが起きるタイミングが夜中の試合と重なったりもして、ある意味ナイスタイミングで観戦できています。

 

さてさて、夏至も終わりましたね。21日はワールドブルーでも夏至のイベントを開催し、これからのビジョンを現実化するためのワークを開催しました。特にこれから大切なのは「個性」「パーソナルリアリティ」だと感じています。夏至のイベントでもこの点をお話させていただき、一人ひとりが自分の名前とこれからのビジョンを一つの音にして声に出して宣言。正直、ちょっと恥ずかしさも感じるワークかもしれませんが、これって現実化を祈るのにとてもパワフルな実践なんです。育児中のエリーは参加できませんでしたが、自宅でも二人で行いました。皆さんのビジョンもどんどんと現実化していくことを祈っています。

 

夏至も終わり、今度は秋分~冬至へとエネルギーはシフトしていきます。今度のサイクルは、「先祖の門」です。私たちの先祖代々から伝わる肉体、遺伝情報が活性化しやすくなる時期ということです。つまり、体のパターンが活性化するので、安全な生き方という方向へと向かいやすいというわけです。そうなると、自分のビジョンを活性化させるより、むしろ体の安全性を活性化なので、昔からの思考・行動パターンで生きようとしたり、過去の記憶で行動したり、心身の弱い部分が活性化したりということが起こり得ます。季節的にも、日本は、暑くジメジメした季節から寒くなってくる時期でもあるので、体を壊しやすくなる時期でもありますね。

 

大切なのは、体のケアをしっかりと意識的にしながら、自分のビジョンそして個性を無視せずに、こちらも意識的に日常の中で輝かせていくことですね。個の輝きが、結果的に全体の輝きにもなります。個は全であり、全は個でもあり。自分の気持ちを大切に、遊び心を忘れずにすごしていきましょう。

 

ワールドブルーでは、今年も野生のイルカと泳ぐリトリートを御蔵島で開催します。近くて遠い神秘の自然溢れる島。ただ純粋にイルカや自然と触れ合うことで、自分の中にある純粋さが溢れる体験を是非していただきたいなと思います。テーマはドルフィンマインド。イルカのような遊び心を日常に♪ とても小さな島ですので、少人数で行きます。近くて遠いと呼ばれる島にはその理由があります。下記のページでその点を詳細に記載しています。定員5名様となるので、ご興味ある方はお早めにお申込ください。

8/29(金)~8/31(日) 「 イルカと泳ぐ♪ネイチャー&ミスティックリトリートin御蔵島 」

日時:8/29(金)夜東京出発~8/31(日)夜東京着(予備日:10/3(金)夜出発~10/4(日)夜東京着
料金等:参加費は今月末から7月上旬に決定します。
定員:5名様
詳細とお申し込み:http://www.w-blue.com/workshop/retreat/mikura.php

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - ワークショップ・イベント, 意識・心・気付き , , ,

  関連記事

no image
夢とリアルの境界線

夢の世界とリアルの世界。私たちは意識的にも無意識的にも両方の世界を日々体験しています。 夢の中でも視覚、触覚、味覚、嗅覚、聴覚の五感を使うし、いろいろな思考や感情も体験しています。この点においては、現 …

no image
人との出会いに感謝

人の出会いとは本当に感謝すべき出来事だなぁとつくづく感じています。全ては人から始まると言っても過言では無いでしょう。あの時あの人に出会っていなければ、というタイミングって誰しもがあるでしょう。そのタイ …

人生がガタガタしてきたら・・・

最近僕の周りでは人生の転機とも言えるような一見ガタガタとしてきている友人がとても多いです。病気、事故、金銭的な問題、落ち込み、身内問題などなど・・・このような出来事は必ず人生でどのような形であれ起こる …

初のカフェヨガ@hacco

本日は雪のバレンタインデーでしたね。本日は10時30分から羽田にある北欧雑貨カフェのhaccoさんにて初のまったり&リラックスのヨガ「ココロとカラダをキレイにするヨガ」を開催しました。 ヨガって一般的 …

アトランティスの叡智

2/27にアイユニティ主催のワークショップに参加してきました。 大野百合子さんの誘導瞑想に従ってアトランティスの過去世やテクノロジーにアクセスしたり、クリスタルの中に保存されているメッセージや叡智にア …

no image
現実のサイン

もし自分が見えない存在であって、姿を見せずに自分の存在を気付かせるにはどうするだろうか。人それぞれ方法があると思いますが、この方法にこの世の中の不思議な出来事や時間軸を理解するヒントがあるように感じて …

奇跡であって奇跡じゃない

奇跡、この言葉は予想を超えて起こった素晴らしい出来事、神様が起こした超自然な出来事、あり得ないことが起こった時などに使われますよね。「これは奇跡的なことだ」というように。科学や一般常識では考えられない …

コントロールで再び眠りに落ちることも

最近の時代傾向として、自分自身の本質に目覚め始めやすい反面、元の眠った状態へと戻ろうとする傾向も同時に強くなってきているように感じています。相反する力が働くというようなイメージですね。   …

グラウンディング

グラウンディングとは「地に足をしっかりと着ける」という意味があります。グラウンディングが出来ていないと、フワフワしてしまったり、ぼーっとしてしまったり、現実的に様々な問題やブロックを味わうことが起こり …

忍耐は辛いものではない!忍耐は遊ぶこと♪

忍耐と聞くと、ほしいものをガマンしたり、一生懸命に努力を重ねていくようなことをイメージする方が多いかもしれません。しかし、結論から言うと、忍耐とはそういうことじゃないんですね。   忍耐とは …