ワールドブルートミーのシャーマニズム・臨死体験、アカシックレコード、イルカとの触れ合いから気付いたメッセージブログ

ENJOY NOW

もし言葉がたった一つしか無い世界だったら

   

sinmple_one

 

日曜日、月曜日と実家の松本から両親が上京し、孫の顔を見て本日帰っていきました。松本のジジババの孫を抱っこしている姿に血筋や家系の歴史の一場面を見た感じがして何か不思議な感じがしました。こうやって血は続いていくんだなぁって。日曜日は甥っ子も初めて一人で電車を使って家まで遊びに来てくれました。この前まで、娘っ子と同じ赤ちゃんだったのに、もうお兄さん。時はどんどんと過ぎていきますね。

 

さてさて、本日は言葉についてです。もし、言葉がたったの一文字や二文字しかない世界だったら、この世界はとてもシンプルでいつでも満足な世界になっています。その場合、もちろん文明は進化せずに、今のような情報社会にもならず、すべてはとてもシンプルで、他者との交流も意識上でのテレパシー的な伝達手段でコミュニケーションが行われるでしょう。全てが「知っている」「分かっている」という世界。

 

時間の経過、文化の発展とともに、言葉の数も増え、世界は文明社会で様々な便利な道具も発明されてきました。もちろん豊かで便利な部分もありますが、その反面、不安や心配、嫉妬や執着、妬み、怒り、悲しみ、情報、概念・・・等々も同時に複雑化されてきていて、ややこしい社会構造になってきました。もちろん、今から言葉が少ない世界にいきなり戻るということは非現実的でしょうが、今の時代も自然の流れで大きな視点で見ればプログラム通り。また、言葉は今の時代とても大切。人とのコミュニケーションで言葉での直接的なやりとりは今やとても重要な要素ですし、意図を現実化させるためにも必要です。

 

しかし、言葉が無いシンプルさの世界を体感することは今でも可能ですし、自分らしく生きる上では大切なエッセンスだと感じています。それは自分の内側での体験。瞑想的な状態、集中をしている状態、クリエイティブになっている状態を日常の中で意識的になることです。例え、世界に言葉がたくさんあったり、情報が複雑であっても、その状態を味わっておけば、シンプルさの意識で世界と触れ合うことができるでしょう。結果的に、スムーズな人生がシンプルに展開していくように感じています。

 

The following two tabs change content below.
大学時代に英語教育を学ぶ中で心理学の世界に出会い、社会心理学やカウンセリングについて学ぶ。 英語学校での勤務時代にふとした切欠でスピリチュアリティの探求が始まり、大野百合子さんとの出会いを切欠にゲリーボーネル氏と出会う。 2001年に有限会社ワールドブルーを設立し独立。様々な実践や数十回に渡るシャーマニックリチュアルを経て、この世界のシステムに気付き、2003年からアカシックレコードリーディングやイルカ達と触れ合うワークをスタート。 2007年にはゲリーボーネル氏が創立したノウイングスクールの第一期がスタートし、そこでアシスタントを2年務める。その間、クリスリアグノ氏のワークショップ、ノウイングスクール基礎講座、 アカシックレコード専課等のワークサポート等を行う。2008年からはそこでの体験を活かし、各種イブニングワークショップ、マントラ・曼荼羅や明晰夢のワークショップ、 そしてゲリーボーネル氏との共同開発プログラムであるリモートビューイングワークショップがスタート。その他、アカシックレコード、体外離脱、明晰夢など各種ワークショップを定期的に開催。 オリジナルのサウンドや曼荼羅制作も行う。

 - 意識・心・気付き , ,

  関連記事

1+1=1

1+1=2 これは算数で習う正しい計算方法ですよね。 しかし、この計算方法は分離を前提にした計算方法になります。 分離とは、全てを孤立させて分けて考えることですが、 これはオールドパラダイム的な概念で …

極端からバランスへ

今の大きなエネルギーの中、私たちの内面に存在している想いというものが浮上し、そして具現化・現実化しやすくなってきています。 それは、ずーっと望んできた事、やりたかった事でもあると同時に、ずっと抑圧して …

あの人の考え方が気になる!他者の考え方に巻き込まれない秘訣

この世界にいる一人ひとりはみんな異なる存在で、考え方も千差万別です。似たような考えを持っている人が現れたとしても、完全に同じではありません。人間関係では、「あの人の考え方が分からない」「どうしてあんな …

グラウンディング

グラウンディングとは「地に足をしっかりと着ける」という意味があります。グラウンディングが出来ていないと、フワフワしてしまったり、ぼーっとしてしまったり、現実的に様々な問題やブロックを味わうことが起こり …

no image
パラレルワールド

あるポイントからこの3次元的を見ると、とても面白いことが分かります。私たちの住む地球には生死の概念が存在し、ある転生から転生へ輪廻しています。そして、今「自分」に意識をフォーカスしてエンジョイしていま …

時間旅行

私たちは時間を使って日常を生活しています。誰かと会うために、仕事を成し遂げるために、どこかに行くために、映画や音楽を楽しむために・・・私たちは時間を活用しています。寝ている時以外は、私たちは時間と常に …

カラフルな再会♪

カラフルフードセラピストである成瀬さんのお宅にご招待いただき、スタッフ一同でご馳走になってきました。成瀬さんは食と色との関係性を探求していて、何よりも食の楽しみを心から表現されています。そんな成瀬さん …

Human Network

私たち一人ひとりは、まさにインターネットのように、ネットワークに繋がっています。 遠く離れている友人や家族、昔に別れた人々、未来に出会う人達、前世や来世・別のタイムラインで出会った人とも今この瞬間も繋 …

簡単な自分のパワーの使い方

私たちは一人ひとりがパワーを持っています。そのパワーは偏見が無くて、そして無限であり、どのようにも使うことができます。そのパワーが、創造力や直感、健やかさなどに活用できると人生がイキイキとワクワクとし …

夢から覚めるためのサイン

日常には様々なサインが隠されています。それは、深い眠りから目覚めさせるようなサインで、映画マトリックスでも描かれているような世界。   この世界はあまりにもリアル。それでも、この世界は自分で …